お気楽交流祭でイベントの再開を楽しもう!

2020.06.20 Saturday

0

     

     こんにちは、BakaFireです。本日は2020年7月以降における本作のイベントについてのお知らせのために筆を執らせていただきました。ご一読いただければ嬉しい限りです。語るべきことは多いですので、さっそくはじめましょう。

     

     

    7月11日からオフラインイベントが再開!

     

     私どもは新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言を受け、2020年4月から6月の間にかけて本作のオフラインにおける公式、準公式、公認イベント全てを自粛してまいりました。そしてその代わりとして5月から6月にかけてオンライン上で公式大会を開催いたしました。

     

     その上で私どもはオフラインにおけるイベントの再開に向け、慎重に考慮を続けてまいりました。そして2020年6月20日での現状を踏まえ、適切な段階を踏みながらであればイベントを再開できると判断いたしました。

     

     まず第一に、オフラインにおける公認大会の受付を再開いたします。主催される皆様は空間における配慮など、可能な範囲での感染防止を行ったうえでイベントを開いていただければありがたい限りです。

     

     イベント申請の受付は本日より開始します。その上で承認や賞品郵送のスケジュールの都合より開催できるのは7月11日(土)からとなります。

     


    お気楽交流祭でまさしく気楽に決闘だ!

     

     公式、準公式イベントにおける交流祭はどうなるのでしょうか。私どもは7月と8月に限っては従来の交流祭は減らし(※)、新しい形式のイベントを開くことにいたしました。理由は2つあります。

     

     それは新規プレイヤーの気楽な参戦と、既存プレイヤーの気楽な復帰です。それぞれ説明しましょう。

     

     新規プレイヤーはコンテンツにとって最も貴重な存在です。新しいプレイヤーの参戦しない作品に未来はありません。そして7月には本作としても3か月もの自粛期間が明けたばかりですが、世間の全体を見ても様々な物事が一新された状況にあります。

     

     これは見方によってはチャンスでもあります。ゆえにこの2か月間のイベントは特に気楽なものにして、イベントに参加したことのないプレイヤーが参戦しやすい環境を整えます。

     

     既存プレイヤーに対しても自粛期間の影響は大きいと言えます。多くのプレイヤーはこの期間は本作を遊ぶ機会が減っています。そのような中でいきなり大会に参加するのはハードルが高いと私は考えます。それよりは気楽に集まり、本作を気楽に楽しんで思い出す方が楽しいのではないでしょうか。

     

     そしてゲームを楽しんだうえで、様々なプレゼントまで手に入れられればそれこそ最高でしょう。以下で本イベントの要点を説明いたします。

     

    ※ これまで地方で交流祭をご開催頂いていた地方主催の方々に限り、理由があれば交流祭を開催したり、お気楽交流祭の中での大会併催を可能としております。それは地方の状況や会場をお貸しいただいている場所の都合などに由来するものです。

     

    大会なし

     

     大会はありません。7月と8月は気楽に楽しむことがコンセプトなのですから!

     

    過去の物語テーブルが遊べる!

     

     展望でお伝えした通り、7月と8月の更新内容として過去の物語テーブルの公開を計画しています。お気楽交流祭はそれを遊ぶ絶好の機会です。

     

    初心者体験会としてのサポートもあり!

     

     初心者体験会も併催されます。初めて遊ぶ方やルールに自信がない方も大歓迎。手ぶらでのご参加もOKです。ルール解説用のカードセット「はじまりの決闘」や、次の一歩に最適な物語第0話「神語りのはじまり」を体験していただけます。

     

    プレゼントが盛りだくさん!

     

     参加したら様々なプレゼントを受け取れますよ! まずお気楽交流祭は初心者体験会でもあります。ゆえに(初心者として体験したかどうかによらず)参加した店舗に応じてプロモーション集中力「ヒミカ」プロモーション集中力「ユキヒA」を受け取れます(※2)。

     

     さらにお気楽交流祭は交流祭でもあります。ゆえに5点(勝利で2点、敗北で1点)分のゲームを楽しめば、プロモーション集中力「コルヌ」も入手できます。

     

     そしてお気楽交流祭限定のプレゼントもございます。『異絵巻』作成の際にこっそり印刷しておいた新たなキラカードである、ホワイトキラカード「沐浴」を全ての参加者にプレゼントするのです!(※3)

     

    ※1 まず大丈夫だとは思いますが、一応枚数には限りがございます。予めご了承ください。

    ※2 プロモーション集中力「ユキヒA」は会場がイエローサブマリン様である場合でのみお贈りします。

    ※3 画像はこの記事の最後辺りにありますのでそちらをご覧ください。

     

     

    誰でもお気楽交流祭を開催できるんだ!

     

     それではお気楽交流祭はどこで開かれるのでしょうか。もちろん公式として東京は秋葉原で開催いたしますし、これまで準公式イベントとして全国の交流祭をご開催頂いた方々にもお声掛けしております。

     

     しかしお気楽交流祭は交流祭と違い、より気楽に開けるようにいたしました。そうです。今これを読んでいる全ての方が開催できるのです。つまり一般的な公認イベントと同様の形で、交流会を開く時と同じように開催できます。

     

     ただし、いくつかの条件はございます。それらについてお伝えいたしましょう。

     

    イベント名

     

     「お気楽交流祭:〇〇の部」に限定します。〇〇には都道府県名か、伝わりやすい市町村などの地名を入れてください。例「お気楽交流祭:秋葉原の部」

     

    開催可能期間

     

     お気楽交流祭は2020年7月11日から8月30日に開催できます。

     

    申請日

     

     後述する送付物が少し複雑であるため、安全のため申請は開催日の3週間前厳守とさせていただきます。

     

    会場

     

     定員4名以上の公的な場所でなくてはなりません。公式サイトで公的に参加者を募集する必要がございますので、私的な空間では開催できません。

     

    内容

     

     大会を開くことはできません。

     

     初心者体験会としての対応が必要です。ルールに不安がある方にご参加いただいた場合、「はじまりの決闘」や「神語りのはじまり」を用いてルールの解説などのサポートを行ってください(※)。

     

    ※ 補助のための紙芝居やカードは初心者体験会のページからダウンロードできますルール解説ガイドの活用もおすすめいたします。

     

     

     そしてご開催頂いた場合、以下のものをお送りいたします。

     

    体験会&交流会案内ポスター

     

     日付と時間を描き込み、掲示できるポスターです。店舗で開催される方や、店舗と連絡が取れる個人主催の方はぜひともご活用ください。

     

     活用が難しい個人主催の方は、開催のお礼として素朴に受け取ってください。

     

    各種参加賞

     

    定員人数に1を足した枚数の

    • プロモーション集中力「ヒミカ」またはプロモーション集中力「ユキヒA」
    • プロモーション集中力「コルヌ」
    • ホワイトキラカード「沐浴」

    をお贈りします。定員は会場の規模に応じて、感染防止のためにゆとりのある人数を設定してください。

     


    季節戦の賞品が追加!

     

     新しいプレイヤーでも気質は人それぞれです。中には大会のような競技的な舞台を好む方もいらっしゃるでしょう。そしてそのような方に最適なのが季節戦です。

     

     季節戦はオリジン版のメガミ7柱のみが使用できるフォーマットであり、3か月単位でメガミが切り替わります。最近に公式攻略ページで記事も公開されましたので、興味がありましたらそちらもご覧ください。

     

     しかし5月と6月のオンライン大会を見る限り、やや季節戦の人気は不足してしまっています。オンラインに参加する熱意ある方と季節戦の参加層にずれがある点も理由だと考えますが、それ以外にも私に失敗がありました。賞品です。

     

     現在は完全戦だけの賞品としてブラックキラカード「ゆらりび」が、季節戦だけの賞品としてプロモーション集中力「ユリナ」をお贈りしておりましたが、さすがにこの2枚を比較するとブラックキラカードのほうが希少価値も魅力もあります。完全戦に人気が集まるのも当然でしょう。

     

     しかし新規プレイヤーの中で大会を好む層の方々のためにも、私は季節戦を盛り上げたいのです。そうなるとやるべきことは明白です。6/27開催のオンライン大会ならびに7月以降開催のあらゆる大会では季節戦に新たな賞品として、ホワイトキラカード「桜降る代に幕開けを -神語り-」を追加いたします。

     

     こちらで本日に始めてお伝えした参加賞や優勝賞品をお見せいたしましょう。これらは過去に参加賞や小説挿絵として用いられたイラストをキラカード仕様に調整したものであり、ゲームでは使用できません。

     

     

     この変更は7月と8月に限られたものではなく、今後に長期にわたって季節戦を楽しみやすくするためのものです。気楽な期間に大会にも出てみたり、気楽な期間が終わったら季節戦にも挑戦してみたりと、自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。

     

     7月、8月のその他の賞品に変更はありません。即ち、大会形式のイベントにおいては以下の賞品が贈られます。

     

    季節戦

    • プロモーションタロット「チカゲ」
    • プロモーション集中力「ユリナ」
    • ホワイトキラカード「桜降る代に幕開けを -神語り-」

     

    完全戦

    • プロモーションタロット「チカゲ」
    • ブラックキラカード「ゆらりび」

     

    そして9月からは……?

     

     以上の通り、7月と8月は気楽に楽しむためのカジュアルイベントに重きを置いた運営を行います。さて、それでは大会は重視されないのでしょうか。

     

     ご安心ください。9月にはシーズン6や季節戦秋ノ陣が始まり、まさしく大会を重視すべき時期がやってきます。特に9月と10月の2か月間は大会を盛り上げるため、優勝賞品が豪華になります。これは4月から6月の自粛期間のために優勝賞品の流通量が減ってしまったことへの埋め合わせという意図もございます。

     

     9月からは賞品そのものの切り替わりも計画しています。9月以降の具体的な賞品に関しては8月上旬の記事でお伝えしますので、ご期待くださいませ。

     


     本日はここまでとなります。明日21日にはシーズン5を改めて締めくくるための大規模なオンラインイベント、オンライン大決戦をお伝えいたします。ご期待くださいませ!

    今後の展望、2020夏

    2020.06.16 Tuesday

    0

       

       こんにちは、BakaFireです。本日はおおよそ3か月に1回、本作の向こう数か月間の計画をお話しする今後の展望シリーズとなります。

       

       前回に引き続き、今回もやや例外的な進行となります。新型コロナウイルスに関する情勢により、4月に私どもは大幅な計画の変更を余儀なくされました。本日はそれらの計画変更を踏まえ、6月時点における向こう3か月を計画をお話しします。

       

       これまで通り、さっそく前回展望の見直しから入りたいところですが、本日はその前にひとつ急ぎお伝えすべきことがございますので、まずそちらを書かせていただきます。

       


      第伍拡張スケジュール調整のお知らせ

       

       現在開発中の『第伍拡張』のスケジュールに関して、申し訳ないながらお伝えすべきことがございます。本作のメインイラストを手掛けているTOKIAME先生のご病気により、計画が変更となりました。

       

       本年春の展望では8月7日発売として進めておりましたが、打ち合わせと調整の結果『第伍拡張』に関するスケジュールは3週間程度後ろに倒れます。これは発売日だけでなく、広告、プレビュー、プレリリースなど『第伍拡張』にまつわる全ての内容が含まれます。

       

       この度はお待たせすることとなってしまい誠に申し訳ございません。『第伍拡張』を魅力的な形で出版できるよう全力を尽くしておりますので、なにとぞ温かく見守って頂ければありがたい限りです。

       


      前回展望の見直しとご報告

       

       取り急ぎお伝えすべき内容はここまでです。それではこれまで同様、まずは前回の展望の見直しを行いましょう。

       

      製品計画の全面的な見直し

       

       2020年4月にお伝えした内容を踏まえ、現在ではどうなっているかをご報告差し上げます。

       

      惨劇RoopeR 脚本集

       

       概ね計画通り、6月12日に発売しました。さらに『脚本集機戮虜独任簓饌翦任亮臑蟆里離ンライン販売も行われております。詳しくは『惨劇RoopeR』公式サイトをご覧ください。

       

      ゲームマーケット2020春の新作

       

       『鉄人重工』『この天才科学者が首席になれないとでもいうんですか?』に関する計画は変更されておらず、ゲームマーケット2020秋の発売を予定しております。

       

      桜降る代に決闘を『第伍拡張』

       

       上述の通り、スケジュールに調整が行われました。とはいえ8月発売であることは変わらず、今回の展望に含まれております。

       

      イベント計画の見直し

       

       2020年4月時点での新型コロナウイルスに関する情勢を踏まえて見直しを行いました。そして2020年6月の状況を踏まえ、今回の展望でも見直しを行います。

       

      オンラインで楽しめる活動の拡充

       

       多数の試みを行い、すべて成功と言えます。分類ごとに整理してご紹介しましょう。

       

      キャラクターコンテンツの拡充

       

       ボイス入り1コマ漫画『桜降る代のゆるい午後 ひとコマ』、あなたとあなたの宿す二柱を紹介する画像を生成しTwitterで共有できる『私の宿す二柱』FAQアカウントからお届けするポストカード配布、そして本作の壁紙を3週間にわたって日刊でお届けする『日刊カベガミ』を行いました。

       

      オンラインイベントの拡充

       

       準公式シミュレーターを用いた月6回のオンライン大会と、電子版を用いた招待選手大会にして攻略動画である『電子版リーグ戦』を行いました。イベントをより楽しむために公式攻略ページの充足も進めております。

       

      自宅で遊べるコンテンツの拡充

       

       『祭札二〇一九』でのふるよにTRPGを用いて一人で遊べるゲームブック風の『一人用TRPG』の連載を開始しました。

       

       前回の見直しはここまでです。それでは、今回の展望をお伝えしましょう。

       

       

      7月以降の本作について

       

       3月から6月までを経て、新型コロナウイルスに関する情勢は変化しました。私どもの総合的な見解としては、7月からはオフラインでのイベントを再開できる一方で、全てを元の形まで戻すことはできないというものです。

       

       それゆえに本作を盛り立てるためにも、オンラインでの試みは必要不可欠です。7月から8月にかけての本作は、オフラインとオンラインの連携を通してお楽しみいただけるよう尽力いたします。

       

       このまま順当に6月20日まで推移したならば、20日に私はイベント自粛期間の解除を宣言し、併せて20日と21日にイベントに関する記事を公開するつもりです。本日の展望における内容のいくつかはそちらで詳しくお話しするため、本日時点では詳細まではお伝えしないものもございます。ご了承ください。

       

      ※ 当然ですが、新型コロナウイルスに関する情勢が急速に悪化した場合は予定が変更されます。

       

       

      オフラインでの試みについて

       

      公認イベントの自粛解除

       

       全国各地における公認イベントの自粛を7月11日(土)より解除する見込みです。イベントの開催をご一考いただければ嬉しい限りです。

       

      春風の大交流祭の中止と新イベントの決定

       

       2020年3月に開催を予定し、当時は延期として発表を行いました春風の大交流祭を正式に中止いたします。

       

       少数の人々が集まり、気軽に遊ぶという水準のイベントであれば7月から開催できると私どもは考えています。しかし一方で、日本全国から100名以上もの人々が集まる形式でのイベントを開催できる情勢には至っていないと評価しています。それゆえにオフラインでの大規模イベントは中止の判断を下します。

       

       しかし中止にするならば、その代わりに楽しめるものを用意したほうが望ましいでしょう。そちらはオンラインでの試みとなりますので、後程紹介いたします。

       

      ※ 新潟での大規模イベントにご協力いただいた方とは別途お話ししております。その上でこの情勢が落ち着きましたら、新潟において本作を盛り上げられるよう約束しております。

       

      お気楽交流祭を開催するぞ!

       

       全国での公式、準公式イベントはどうなるでしょうか。私どもは2つの理由により、大会に重きを置きがちな従来の交流祭よりも優先すべきものがあると判断しました。そこで気軽に本作を楽しむ新しいイベント「お気楽交流祭」を開催いたします。内容の詳細は20日にお伝えします。

       

       理由の1つ目は新型コロナウイルスに伴うものです。参加者の密度や管理の難しさから、オフラインにおける人数が多めの大会の開催はまだ慎重に捉えるべきと考えています。

       

       2つ目は7月と8月の指針によるものです。私どもはこれら2か月は特に新規プレイヤーに親切であろうとしています。ゆえにいくらかの心理的な障壁のある大会よりも、カジュアルなフリープレイや初心者向けの体験会に重きを置くべきなのです。所々の記事で申し上げている通り、新しいプレイヤーの参入しないゲームに未来はありません。

       

       加えてこの話は従来のプレイヤーにも当てはまります。本作は4月から6月にかけてオフラインでのイベントが行われず、遊ぶ機会が少ない状況でした。この状況からいきなり大会に出るというのは、多くの方にとってハードルが高いと考えております。


      賞品がさらに豪華に!

       

       4月から6月はイベントを自粛していたため、プロモーションタロット「チカゲ」やブラックキラカード「ゆらりび」の入手手段は公式によるオンライン大会しかありませんでした。ゆえに自粛の記事で申し上げた通り、賞品を豪華にする方向で調整を予定しております。

       

       7月と8月、9月と10月、7月以降、9月以降でそれぞれ別の計画がございます。まずは7月と8月ならびに7月以降の計画について、20日の記事にてお伝えいたします。

       


      オンラインでの試みについて

       

      オンライン大決戦が開催だ!

       

       5月の試みを経て、私どもはオンライン大会の運営手順を学びました。その結果として、十分な準備を整えれば64人までならイベントを運営できると評価しました。

       

       そこで春風の大交流に代わってシーズン5の頂点を決めるための手段として、64人規模でのオンライン大会を8月に開催いたします。こちらは詳細は6月21日の記事でお伝えし、そちらにて参加の受付も開始します。

       

      7月以降もオンライン大会を継続するぞ!

       

       オンライン大会の成功を受け、7月以降もオンライン大会を継続開催いたします。但し、大会の回数は減らし、月あたり2回から3回の開催となる見込みです。

       

      電子版リーグ戦を見届けよう

       

       現在連載中の電子版リーグ戦は6月20日まで続きます。ぜひとも最後までお楽しみくださいませ! そして電子版で新しい展開が見られた暁には、また近しい試みを行うことでしょう。ご期待ください。

       

      キャラクターコンテンツも続けていきます

       

       4月から6月に実施されたキャラクターを活かす試みは成功しています。これらの試みは今後も引き続いて連載していく方針です。

       

       『桜降る代のゆるい午後 ひとコマ』は月1回程度の連載となっています。『日刊カベガミ』も『週間カベガミ』に変化し、毎週水曜日に新しい壁紙をお届けしております。

       

      一人用TRPGも連載中

       

       新しい形での物語テーブルと呼べる『一人用TRPG』は全4話での連載を予定しております。こちらも6月から8月にかけて更新してまいりますので、ご期待くださいませ。

       

      過去の物語テーブルを公開していくぞ!

       

       そして物語テーブルという面ではそれだけではありません。前回の展望で書いた「大人数で集まるイベントはともかく、個人宅やゲームスペースで数人で集まる分には問題はない」という時期は、まさしく近いうちに訪れると推測しています。

       

       そこで7月と8月の更新において、過去の交流祭で遊べた物語テーブルを公式サイト上で公開してまいります。ダウンロード、印刷のうえで、ご自宅あるいはお近くのプレイスペースにてご友人と共にお楽しみいただければ幸いです。

       

       

      『第伍拡張』発売とシーズン6開始!

       

       冒頭でスケジュールの調整をお伝えいたしましたが、それでも『第伍拡張』とシーズン6が向こう3か月間の計画に含まれている点は変わりません。

       

       私どもが開発に全力を尽くしているのは当然ですが、それだけではありません。プレビュー、プレリリースイベントの準備も進めております。そしてそれらの発売前の試みにおいても、新しいやり方での計画を進めております。

       

       7月と8月、発売までの2か月間の試みもお楽しみくださいませ!

       


       本日はここまでとなります。さらに7月にはまだお伝え出来ない素敵な出来事も起こる見込みです。本作のオフライン、オンライン双方での試みや『第伍拡張』をお楽しみいただければ嬉しい限りです。

       

       次回の展望は2020年9月、『第伍拡張』発売後にお送りいたします。

      電子版リーグ戦を観戦しよう!

      2020.06.05 Friday

      0

         こんにちは、BakaFireです。本日はもうひとつのオンラインイベントについてお話しできればと思い、筆を執らせていただきました。すでに実施されているオンライン大会と同様に、こちらも初めての試みでございますので、お楽しみいただければ幸いです。

         

         私どもは新型コロナウイルスの感染を憂慮して公式、準公式、公認イベントの受付を自粛しており、その代わりにオンライン上で本作を楽しむための試みの拡大を展望にて定めています

         

         本日までで公式攻略ページの補強ゆるい午後ひとコマポストカード配布ユリナ特集記事#自宅で楽しむ桜降る代シリーズオンライン大会などの試みが実現しました。よろしければこれらもご覧くださいませ!

         


        電子版でも本作を楽しもう!

         

         オンライン大会の記事でも触れた通り、本作は幸いなことにオンラインで対戦する手段が、準公式以上のもので2つございます。電子版準公式シミュレーターです。そして公式のオンライン大会では準公式シミュレーターを用いています。

        一方で電子版も別の魅力を持つ対戦手段です。しかし使用できるメガミの少なさやトラブル対応の労力ゆえに不特定多数が参加するイベントにはまだ向きません。他方で電子画面ゆえの映像における見やすさや、ボイスによる華やかさなどは間違いのない強みです。

         

         それらの強みと弱みを踏まえ、私どもは新たな企画を立ち上げました。第1回電子版リーグ戦です。
         

         

         説明いたします。これは動画によるコンテンツです。私どもはアナログ版のイベントで戦績を残し、加えて過去にオンラインにおける活動に特に魅力があった4名を招待いたしました。そして彼ら4名が電子版で総当たりの対戦を行い、そちらを対戦動画として公開いたします。つまりこれは新しい形での招待選手大会というわけです。

        それだけではありません。彼ら4名はそれぞれの視点で自分の行った対戦について、いわゆるゲーム実況のように解説も行います。解説は対戦を理解しやすくし、動画を魅力的にし、そしてあなたの実力向上にも役立つことでしょう。これは観戦を前提としたエンターテインメントであり、初級者から中級者に向けた攻略動画でもあります。

        これらから分かる通り、シビアに頂点を決める企画ではありません。昨年の招待選手大会と同様に賞品は全員に出ます。ゆえに彼らが競うものは名誉だけです。しかし気の抜けた試合になることもまたありえません。彼らならば名誉のために素晴らしい試合を見せて頂けると信頼しているからです。

        説明は十分でしょう。4名の選手を紹介し、そして本日の動画を公開いたしましょう。
         

         

        あかさき
        シーズン1大規模優勝、シーズン2大規模ベスト4。第二幕から関東をはじめとした様々な地域で活躍しているふるよに全国勢。

         

        ますたー
        シーズン2大規模優勝、招待選手大会準優勝。関東地方の強豪。ハガネとクルルを用いた独創的なデッキ構築には高い定評がある。

         

        のんのんびより
        シーズン2大規模大会準優勝。関西地方の強豪にして、その奇才ゆえにその逸話は事欠かない。特にハガネを得意とする。

         

        きくしょー
        シーズン1大規模大会ベスト4。ユリナ、そしてパワフルなビートダウンを得意とする関西地方の強豪。

         

         

         

        第1試合 あかさき選手 対 のんのんびより選手

        あかさき選手視点

         

        第1試合 あかさき選手 対 のんのんびより選手

        のんのんびより選手視点

         

        第2試合 ますたー選手 対 きくしょー選手

        ますたー選手視点

         

        第2試合 ますたー選手 対 きくしょー選手

        きくしょー選手視点

         

        第3試合 あかさき選手 対 ますたー選手

        あかさき選手視点

         

        第3試合 あかさき選手 対 ますたー選手

        ますたー選手視点

         

        第4試合 のんのんびより選手 対 きくしょー選手

        のんのんびより選手視点

         

        第4試合 のんのんびより選手 対 きくしょー選手

        きくしょー選手視点

         

        第5試合 あかさき選手 対 きくしょー選手

        あかさき選手視点

         

        第5試合 あかさき選手 対 きくしょー選手

        きくしょー選手視点

         

        第6試合 ますたー選手 対 のんのんびより選手

        ますたー選手視点

         

        第6試合 ますたー選手 対 のんのんびより選手

        のんのんびより選手視点


         

        ※ 私どもは感染防止のために全ての動画作成工程をオンラインで行い、収録は各自の自宅で行っております。それゆえ音質などにおいて不十分なところもございますが、ご容赦頂ければ幸いです。


        本日はここまでです。このシリーズは毎週金曜日と土曜日に動画を公開し、合計3週間にわたる連載となります。

         

        (2020/06/20追記)

         全6試合を掲載し終え、このシリーズならびに当イベントは完結となります。お疲れさまでした。ご参加いただき、魅力的な試合や動画にご協力いただいた4名の選手の皆様、ありがとうございました!

         

         (ネタバレ防止のために白文字で書きます)そしてますたー選手、見事に全勝による優勝、おめでとうございます!

         

         この試みは本作を見て楽しむためのひとつの実験として上手くいったと考えております。今後に電子版が更新され、この試みがまた求められたころには再び開催していくつもりです。ご期待いただければ嬉しい限りです。

         

         それでは皆様、最後までご視聴いただきありがとうございました。またお会いできるのを楽しみにしております。

         

        2020年6月禁止改定

        2020.05.31 Sunday

        0

           私どもはバランス調整の宣言と、それに基づく理念に従い毎月第一月曜日にカードの禁止改訂を行います。この記事はその2020年6月のものです。禁止カードを出すことそのものについて疑問や不安を感じる方は、宣言あるいはそれを要約した理念をご一読いただければ幸いです。

           

          2020年6月禁止カード

           

          『祈祷師』ライラで禁止

          暴風

          流転爪

           

          追加札から除外

          Form:ASURA

           

          ※ これらの全体禁止はシーズン5の間、即ち2020年8月上旬まで継続し、『第伍拡張』でのカード更新を通して解除されます。

          ※ 禁止は『祈祷師』ライラ固有のものです。オリジン版のライラでは「流転爪」は使用できます。

          ※ 「Form:ASURA」はゲーム開始時に追加札に置かれなくなる形で禁止が行われます。

           

          2020夏ノ陣、季節戦参戦メガミ

           

          ユリナ、サイネ、ヒミカ、トコヨ、シンラ、チカゲ、ウツロ

           

           

          禁止改定につきまして

           

           BakaFireです。今月の禁止改定では変更はございません。今月に6回にわたって開催したオンライン公式大会で得られたデータのみに由来した見解ではございますが、先月に行った変更は意図に即した効果を出しており、さらなる変更は必要ないと判断いたしました。アナザー版サリヤとアナザー版ライラが使用される頻度は有意に減少し、極端な偏りが保たれているとは感じられません。

           

           私どもは先月に方針を切り替えました。それは4月までにおいて偏っていたゲーム体験を楽しめていない方を優先するというものです。この方針は先月5月から始まり来月の7月まで続く見込みです。そして8月の『第伍拡張』発売とシーズン6の開始に伴い、指針を標準的なシーズン初期のものへと戻します。

           

           

          季節戦につきまして

           

           以前の展望で示していた通り、6月から8月における2020夏ノ陣では2020春ノ陣と同様の7柱を使用します。新型コロナウイルスの感染拡大が主な理由ですが、もう少し理由を掘り下げましょう。主に2つあります。

           

           1つ目は、この7柱での環境に魅力があるにも関わらず十分に遊ばれていない点です。3月に大規模イベントに注目が集まるのは意図した通りですが、4月と5月が新型コロナウイルスにより潰されてしまったためにこの環境を遊ぶ機会は極端に目減りしてしまいました。

           

           2つ目は、この7柱が特に新規のプレイヤーに向けたものである点です。『基本セット』のメガミが4柱全て含まれ、『達人セット』と『第壱拡張』のどちらを購入しても使えるメガミの幅が広がります。加えてゲーム展開はいくらか王道の方向に偏り、処理の複雑性も適度な水準で抑えられています(※)。

           

           私どもは元来の計画では4月頭から5月にかけて、新規プレイヤーに重きを置いた方針での運営を計画していました。様々な記事でお伝えしている通り、新しいプレイヤーが参入しないゲームに未来はありません。もちろん、2020春ノ陣における季節戦もまた計画の一環でした。

           

           しかし新型コロナウイルスの影響でこの計画は破綻しました。ゆえに私どもはその方針を取る期間を2020年7月から8月へと変更することにしたのです。そうなると2020夏ノ陣も同じ環境で進め、再び計画へと組み込むべきでしょう。

           

          ※ 季節戦が新規プレイヤーだけを対象にしたルールであるわけではありません。季節戦は熟練したプレイヤーも歓迎しています。季節戦が新規プレイヤーに向けている箇所はただ一点、現行のカードをすべて把握することが難しい点から生じる大会参加への障壁を取り除くことのみです。今回の7柱は例外的に、より新規プレイヤー向けに選ばれていると考えてください。

           

           

           次回の禁止改定は7月6日となります。シーズン5において、これ以上の禁止カードを出す予定は今のところはありません。

          6月もオンライン大会がやって来る!

          2020.05.29 Friday

          0

             こんにちは、BakaFireです。本日は再びオンライン大会をお伝えするために筆を執らせていただきました。私どもは新型コロナウイルスの感染を憂慮して公式、準公式、公認イベントの受付を自粛しており、その代わりにオンライン上で本作を楽しむための試みの拡大を展望にて定めています

             

             本日までで公式攻略ページの補強ゆるい午後ひとコマポストカード配布ユリナ特集記事#自宅で楽しむ桜降る代シリーズなどの試みが実現しました。これらもお楽しみいただければ幸いです。

             

             そして安全のために6月までは自粛期間を継続すると決めた以上は、6月もオンライン大会があるべきでしょう。本日時点で私どもはオンライン大会を5月に4回開催し、そのいずれも成功に終わっております。本作の新しい楽しみ方としてうまく機能するやり方が生まれたことを私は嬉しく思います。

             

             オンライン大会は想像よりも好評であるため、7月以降も数を減らして開催する可能性があります。その折にはまたお知らせさせていただきます。

             

             

            もっとオンラインで決闘しよう!

             

             本作は幸いなことにオンラインで対戦する手段が、準公式以上のもので2つございます。電子版準公式シミュレーターです。オンライン大会では準公式シミュレーターを用います。もちろん優勝者には従来通りの賞品を郵送いたしますとも!

             

             管理しやすいように人数は8名に制限し、シングル・エリミネーションによるトーナメント形式で行います。その代わりに開催する回数を増やしますのでご安心ください。さらに大会進行の管理はdiscordで行います。参加にはdiscordが必要ですので、discordの公式ページよりダウンロードしてください。

             

             今月のスケジュールは以下の通りです。

             

            日程とレギュレーション

            6月13日(土):完全戦/通常選択

            6月14日(日):季節戦/通常選択

            6月20日(土):完全戦/三拾一捨

            6月21日(日):完全戦/通常選択

            6月27日(土):季節戦/通常選択

            6月28日(日):完全戦/三拾一捨

             

            定員:各8名(多くの方にご参加いただくために、6月の複数の日程への参加は禁止させていただきます。但し、人数が足りない際の補充を開催当日にツィッターで行う場合に限って可能とします)

             

            形式:シングル・エリミネーションによる3回戦トーナメント

             

            タイムテーブル:

            13:30-14:20:受付ならびに使用するメガミの提出

            14:20-14:30:トーナメント表、全参加者が使用するメガミの公開

            14:30-15:40:1回戦

            16:00-17:10:準決勝

            17:30-18:40:決勝

            眼前構築5分間、桜花決闘60分、予備時間15分で進行します。

            三拾一捨の場合はそのための時間も各3分取ります。

            時間までに着席が確認できない場合は審判がどちらかの勝利または両者の敗北として裁定を行います。

             

            必要な環境:

            ・discordを閲覧できる

            ・discord上でマイクにて対戦相手と通話できる

            ・準公式シミュレーターを操作できる(シミュレーターはこちらです。事前に自分で卓を作り、操作法を理解しておくことをお勧めします)

             

            審判の業務:

            審判はタイムテーブルに応じて試合の進行を管理します。

            審判はdiscordにログインしています。試合中にトラブルが生じたら審判をお呼びください。ログを参照しつつ事情を伺い、裁定を行います。

             

             参加する方法は簡単です。これまでの公式イベントと同様にこちらのページから参加申請を行ってください。自動返信でメールが届き、そちらにdiscordチャンネルへ招待するアドレスが記載されております。受け取りましたらチャンネルにご参加いただき、それにて受付完了となります(※)。

             

            ※ 参加申請の翌日の24:00までにdiscordにご参加いただけない場合はキャンセルとなります。ご注意ください。

             

             

             本日はここまでです。私の記事はまだお休みを頂いておりますが、#自宅で楽しむ桜降る代シリーズの第三弾の公開やストーリーの再開はもう目の前です。ご期待くださいませ!