新たなメガミと怒涛の疾走

2017.08.04 Friday

0

     こんにちは、BakaFireです!

     

     さて、いよいよコミックマーケット92や東京ボードゲームフェスティバルも近づき、第弐拡張の頒布まで残りわずかとなりました。イベントでの出展内容や、第弐拡張全体については先週のニュースでお届けしたばかりです。もしまだお読みでないならば、ぜひご一読ください。

     

     

    イレギュラーは乗騎と共にあり

     

     先週のニュースではパッケージを通して、新たなメガミの姿が発表されました。では本日は? 当然ですが、そのメガミについてをお伝えしますよ! しかし慌ててはいけません。いつものことですが、彼女の活躍はストーリーですでに描かれています。もちろん、そちらには別のプレビューカードがありますよ!

     

     公式ストーリー『桜降る代の神語り』は第二章も終わりが見えてきました。お時間が許すのであれば、是非ともご一読いただけると嬉しいです。最初から読むのであればこちらを、第二章の最初から読むならばこちらをクリックしてください。

     

     すでにお読みになったか、残念ながら時間がないならばこのままお進みください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     さあご覧あれ、海の向こうより来たれしイレギュラーなるメガミ、サリヤを!

     そして彼女と共にある乗騎ヴィーナの中核、蒸気機関を!

     

     

     サリヤは海外の技術である蒸気機関と、それにより動く乗騎を用いることで、かつてない機動戦闘を実現します。しかし蒸気機関を動かすには、当然ですが燃料が必要です。

     

     それを表すのが特殊なトークンである造花結晶です。ゲーム開始時、マシンには6つの造花結晶が置かれています。使い方は騎動と燃焼の2種類があり、どちらも彼女のカードにより実現されます。まずは「Burning Steam」をご覧ください!

     

     

     

     騎動を一言で説明するなら、高速移動で一時的に間合を変化させるというものです。騎動を行うならば、騎動前進か騎動後退のどちらかを選びます。そして前進ならば造花結晶を「間合−1トークン」として、後退ならば「間合+1トークン」として間合に置くのです。

     

    ※ 正確な置き方としては、間合−1トークンは桜花結晶に重ねるように置き、その桜花結晶を無効化します。間合+1トークンは桜花結晶と同じように置き、現在の間合の計算で数えられます。

     

     これらのトークンはあなたの開始フェイズに取り除かれ、燃焼済になります。つまり、間合を変化させていられるのは今の自分のターンと次の相手のターンの間だけなのです。しかしそれをネガティブに捉える必要はないでしょう。要は間合が変化し、その変化分は必ず戻るのです。その特性を戦略に応用できてこそ、真に乗騎を乗りこなしたと言えるのではないでしょうか。

     

     もうひとつの使い方、燃焼は実にシンプルです。燃焼を持つカードは造花結晶を1つ燃焼済にしなければ使えません。もちろんその分、ちょいとばかし強力になっていますよ。「Scheld Charge」をご覧いただきましょう!

     

     

     

     騎動も燃焼も造花結晶を消費する代わりに、強力なカードになっています。お分かりですね。彼女を使いこなすならば、燃料管理が重要なのです。

     

     しかし、燃料を失うことが悪いとは限りません。折角なので「Form:GARUDA」もお見せしておきましょうか。意味不明なカードですが、意味不明な物どうしが揃えば、見えてくるものもあるでしょう?

     

     

     

     本日は新たに3枚のカードを紹介いたしました。間合を目まぐるしく変化させるスピード感と、燃料を制御する管理の楽しさ。それぞれお楽しみいただければ幸いです。

     

     

     

    第弐拡張プレリリースが4地方で開催されるぞ!

     

     本日紹介したサリヤをいち早くお楽しみいただく方法がありますよ! それも素晴らしいことに明日に! 8/5(土)にプレリリース大会が東京、大阪、北海道、愛知の4か所で開催されるのです!

     

     東京は秋葉原の「季夏の交流祭」、大阪の「プレリリース大会@DDT」、北海道の「プレリリース大会@札幌YS」、愛知の「プレリリース大会@愛知地区」をぜひともチェックして下さい。

     

     さらに大阪の方には素晴らしいニュース! 翌日の8/6(日)の「プレリリース大会Ex@ひがっち」でもサリヤを用いたゲームをお楽しみいただけます。

     

     ただ、申し訳ないことにいくつかの地方ではすでに満員となってしまっております。少なくとも私どもが開催する東京の会場は満員で、大会はキャンセルの方が出た場合のみご参加いただける形となっております。申し訳ありませんが、ご容赦ください。

     

     

     来週はコミックマーケット当日となりますので、本ブログの更新もお休みとなります。次の更新は再来週、今後の公式イベントをさらにエキサイティングにするための話と、先日の見解報告への補完を行わせて頂きます。