新たなメガミと狂気を組立

2017.07.07 Friday

0

     こんにちは、BakaFireです!

     

     いつものことですが、月日が流れるのは早いものです。ついに先日の7月2日『桜降る代に決闘を』全国大会が開催され、大盛況のうちに幕を下ろしました。予選へのご参加、地方での主催や運営、そして当日の本戦や併催イベントへのご参加、このイベントに関わって頂いた全ての方に深く感謝いたします。ありがとうございました!

     

     とはいえ、本日の話題はそれではありません。ええ、ついに来たのです。以前の展望では軽く触れただけだった『第弐拡張』の話をする時が!

     

    着想のメガミは狂気を描く

     

     拡張でもっともホットな話題は何か? それは勿論、新たなメガミの紹介でしょう。この記事ではもちろん一柱を紹介いたしますよ! しかししかし、例の如くお待ちあれ。いつも通り、彼女の活躍はストーリーですでに描かれています。もちろん、他のプレビューカードもありますよ!

     

     公式ストーリー『桜降る代の神語り』は第二章も半ばを超え、さらに盛り上がってきたところです。お時間が許すのであれば、是非ともご一読いただけると嬉しいです。最初から読むのであればこちらを、第二章の最初から読むならばこちらをクリックしてください。

     

     すでにお読みになったか、残念ながら時間がないならばこのままお進みください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     気は整えましたね? ではご覧あれ。着想を象徴するメガミ・クルル、その狂気を!

     

     

     これだけだと、どういうことかは理解しづらいですね。まずは語るよりも、歯車枠のあるカードを1枚お見せしましょう。「えれきてる」をご覧ください!

     

     

     

     

     クルルはカラクリを用いて戦います。しかしカラクリはすぐに使えるわけではありません。組み立てて、動かせる形にしなくてはいけないのです。そのためにはアイデアやパーツを揃える必要があります。

     

     それは盤面にカードタイプを揃えるという形で表現されます。タロットでは表向きとやわらかく説明していますが、厳格には「捨て札」「付与札」「使用済の切札」のいずれかである必要があります。

     

     「えれきてる」が恐ろしいのは明白です。何せオーラを構えようとも、間合を外そうとも無意味な、絶対的な1ダメージなのですから。しかし効果を得るには少なくとも3枚のカードを表向きにしなくてはなりません。いえいえ、3枚で済ませるには《行動》かつ《対応》のカードが2枚必要なので、より多くが必要であることの方が多いでしょう。これは中々に難しいものです。

     

     そこで助けになるのは「使用済の切札」です。ご存知の通り、山札を再構成すると捨て札は消えてしまいます。しかし切札は違います。一度使用済にしてしまえば、ずっとパーツ1つ分として数えられるのです。彼女を宿すのであれば、切札のカードタイプやサブタイプにも注目するべきかもしれませんね。

     

     こんなところでしょうか? おや、物足りないご様子で。それではもうひとつ、奇怪なカラクリをお見せしましょう。彼女の狂気に飲まれないようにご注意くださいね。「ぱらどくす」をご覧あれ!

     

     

     

     

     本日は新たに2枚のカードを紹介しました。計画と即興、その両方が求められるカラクリ開発をお楽しみいただければ幸いです。

     

     

    第弐拡張プレリリースは3地方同時開催だ!

     

     新たなメガミの紹介をしたのならば、プレリリースの紹介をしないのはありえません。そう、今回も新たなメガミが先行体験できるプレリリース大会8/5(土)に開催いたします。

     

     さらに素晴らしいニュースもあります。これまでのプレリリースは東京だけで開催していましたが、今回は東京、大阪、北海道といった3地方での同時開催となります。東京は秋葉原の「季夏の交流祭」、そして大阪の「プレリリース大会@DDT」と北海道の「プレリリース大会@札幌YS」をぜひともチェックして下さい。

     

     ただし、先にお伝えしておくと、今回のプレリリースで使用できるメガミはクルルではありません。まだ姿すら見えぬ、もう一柱のメガミとなります。今回のプレビューからも分かる通り、クルルを使いこなすには事前の考察が重要です。ゆえにプレリリースのように即興で用いるのは、多くのプレイヤーにとって厳しいと判断したのです(メガミの発表順を逆にした方が理想的でしたが、ストーリー展開の都合からそれはできませんでした。ご容赦ください)。

     

     

     来週のゲーム関連記事はお休みとなり、次は再来週となります。ですがご安心を。来週は代わりに全国大会のレポートが掲載されます。達人たちの熱き戦いにご期待ください!