第3回公式大会レポート

2016.07.26 Tuesday

0

    はじめに

     

     7月24日、イエローサブマリン秋葉原RPGショップ様にて、第3回となる公式大会が開催されました。26名の方にご参加いただき、無事に成功に終わりました。ありがとうございます!

     

    決闘開始

     

     バランス調整後の初の大会ということもあり、様々な戦略が乱立していました。特に目立ったのは付与カードの活躍と、遠距離型の隆盛です。

     どちらも「どろりうら」の調整によるものでしょう。「スモーク」、「気炎万丈」、「天地反駁」、「森羅判証」などを活かした戦い方が見られました。また、遠距離を選んだプレイヤーが増えたため、ゲーム中盤以降でも間合が5以上である卓も見られるようになりました。

     

    今大会で多く見られた遠距離対決。決着時点で間合は7

     

    「気炎万丈」からの怒涛の攻撃を、多彩な対応で捌く鉄壁の守り。そして最後は焦燥で静かな決着。

     

     前大会の決勝で競った2人が2回戦でまさかの激突。totさんの「天地反駁」からの「圧気」即発動を、ぬるーさんは「虚魚」と「浮舟宿」のコンボで妨害。ギリギリを読み合う闘いの結果、わずか1点差を制したのはtotさん。

     

    大会遠景。熱い激闘が所々で繰り広げられています。

     

    4回戦、超遠隔の決闘

     

     第3回戦までを終え、全勝のプレイヤーは3人。全勝同士のマッチングはメイベルさんとしーはるさん。宿したメガミはどちらもヒミカとシンラ。遠距離VS遠距離の戦いです。

     序盤の打ち合いを優位に運んだのはしーはるさん。一方のメイベルさんは機を見て距離を一気に詰め、間合にある桜花結晶を確保します。間合6前後を推移する戦いの中、先に手を揃えたしーはるさんがメイベルさんのライフを1まで削ります。メイベルさんも負けじと打ち返すも「バックステップ」から《攻撃》が引けず苦しいターンエンド。しーはるさんが「フルバースト」でフィニッシュ。と思いきや、メイベルさんは手札に残していた「反論」で対応。そのままターンを奪い、「マグナムカノン」を一撃。しーはるさんのライフが0となったため、その【攻撃後】効果を踏み倒し、メイベルさんの勝利となりました。

     

    しーはるさんの猛攻の前に、メイベルさんのライフは風前の灯火。

     

    決勝戦、因縁の対決は続く

     

     そう簡単に闘いは終わりません。隣の卓での階段当たりを制したのはtotさん。5回戦が確定し、決勝はメイベルさんとtotさんとなりました。第1回大会から続く、因縁の戦いがみたび行われます。お互いメガミが変わり、メイベルさんはヒミカとシンラ、totさんはユリナとシンラです。メガミを見る限りでは遠隔と近接の戦い。メイベルさんが逃げ切るか、totさんが詰め切るかが争点に見えますが……?

     序盤からメイベルさんが攻め立てます。第2ターンの時点で再構成からフレアを確保し、「スカーレットイマジン」と「バックステップ」で山札を引き切り連射。totさんのライフを5まで削ります。

     totさんは距離を詰めて攻撃を狙う、かと思いきや、ここで「壮語」から「立論」。中遠距離から攻撃を仕掛けます。伏せられたカードを見てメイベルさんは苦い表情。再構成を宣言しました。

     それでも間合は依然としてメイベルさん優位。攻撃ひとつひとつに、激しい読み合いの応酬が挟まります。メイベルさんはみたび山札が残ったまま再構成して攻撃、さらに「ヴァーミリオンフィールド」で間合も離し、totさんを追い詰めます。

     ここでtotさんが「森羅判証」でライフを回復。何とtotさんはユリナの《攻撃》カードを全てきり捨て、森羅を中心としたコントロールデッキを構築していました。これは強引に攻めきろうとしていたメイベルさんにとっては苦しい。さらに「論破」でメイベルさんの攻撃カードを封じ、ダメージソースを減らします。そのまま精密に詰めきり、最後は焦燥で静かに、決着……!

     

    第2ターンで早くも再構成。山札全てを叩き付ける!

     

    「森羅判証」でライフを回復し、リーサルから一気に離脱!

     

    二連覇、彼を止めるのは誰なのか。

     

     こうしてtotさんが見事、二連覇を成し遂げました。インタビューではユリナ、シンラという組み合わせの強みを語って頂きました。それは「天地反駁」コンボ、ユリナの攻撃、シンラによるコントロールという3つのデッキタイプを保有していること。まさしく、正統派の眼前構築と言えます。

     それだけでなく、totさんはマッチアップごとにどの構成が有利なのか、そして3種のデッキ全てを回す練習までも重ねてきたとのこと。戦略だけでなく、努力も見事の一言。果たして、彼を止めるものは現れるのでしょうか。

     

    二連覇を祝したVサインのtotさん

     

    体験卓も大好評

     

     前回同様、初心者体験卓も併設いたしました。前回より多くの方にご参加いただき、楽しんで頂けました。個人的に嬉しかったのは海外の方がお越し下さったことです。さらに一通り遊んだ後、本作をお買い上げいただけました(しかも2つも。ありがとうございます!)。海外の方にも楽しさを感じ取って頂けたことに、大きな喜びを感じます。

     

    メガミ使用率

     

     今大会のメガミ使用率は以下の通りとなります。

     

    ユリナ ヒミカ トコヨ オボロ ユキヒ シンラ 合計
    ユリナ × 2 2 2 3 2 11

    ヒミカ

    2 × 2 1 7 12
    トコヨ 2 2 × 1 3

    8

    オボロ 2 × 2
    ユキヒ 3 1 1 × 1 6
    シンラ 2 7 3 1 × 13


    上位入賞者の使用メガミは以下の通りです。

     

    優勝 totさん ユリナ/シンラ
    準優勝 メイベルさん ヒミカ/シンラ
    3位 離狐@シャドバ勢さん ユリナ/ユキヒ
    4位 閃光成人さん ユリナ/シンラ
    5位 カリンさん ユリナ/ヒミカ
    6位 しーはるさん ヒミカ/シンラ

     

     シンラが使用率1位に躍り出ました。とくにヒミカとシンラの組み合わせは今大会で最大勢力です。ツボにはまれば一気に勝ちきれるパワーと、「スモーク」と「皆式理解」のコンボによる遠距離の継続力が理由でしょうか。これを受け、次回大会ではどの戦略が隆盛するのか。期待が高まります。

     

    むすびに

     

     これにて第3回公式大会は終了となります。次回はいよいよ大乱闘の時です! 8月20日(土)をお楽しみに! そして第4回の公式大会は8月27日(土)となります。

     また、私事ではありますがBakaFireは来週、アメリカのGENCON2016に参加し、『桜降る代に決闘を』の英語版『SAKURA ARMS』を頒布いたします。世界でも決闘の風を吹かせられるよう、全力を尽くしてまいります!