9月以降もイベントを楽しんでいこう!

2020.08.23 Sunday

0

     こんにちは、BakaFireです。本日は9月以降の本作のイベントについてお話しするために筆を執らせていただきました。というのも以前の記事でお伝えしたお気楽交流祭に関する期間は8月までのものであり、9月以降の指針が定まらなければイベントの申請なども難しいからです。

     

     6月にお伝えした時と比べて世間の情勢も変化しています。そして本作としても『第伍拡張』の発売とシーズン6の到来が近づいています。改めて今の状況を踏まえ、指針をお伝えしましょう。

     

     

    9月以降もお気楽交流祭は継続だ!

     

     6月時点での情勢はこれからどう変化するか判断が難しく、楽観的な予測も悲観的な予測もありえるものでした。その上で3か月弱を経て、少なくとも楽観的な状況ではないと私は考えています。

     

     ゆえに当時に考えた水準よりも緩やかに物事を変化させていくべきだと判断し、本年一杯はお気楽交流祭を通した『まずはゲームを気楽に遊ぶ場を提供する』指針を押し出してまいります。その上で大規模イベントや全国大会を実現するための新しいやり方を模索していきます。

     

     加えてお伝えするならば、お気楽交流祭という試みそのものが成功でした。気楽な参加や離脱が可能で人口密度への配慮が行いやすい点は時流に合っており、(本作に競技的に取り組み続けている方だけでない)既存プレイヤーや新規プレイヤーの姿も見られました(※)。総じて望ましい結果だと言えるでしょう。

     

     懸念点も問題ありませんでした。お気楽交流祭では初心者体験会を必須としていましたが、誰もが開けるイベントとすると初心者への配慮が不十分なイベントが混ざり、初心者が過度に楽しめないものを公式と認めてしまうリスクがあったのです。しかし主催の皆様の丁寧なご配慮によりそのような問題も起きませんでした。心よりお礼申し上げます。

     

     そこで私どもは主催の皆様をこれまでより信頼し、交流祭や初心者体験会をより公に開いていく指針を取ろうと考えています。お気楽交流祭の継続はその第一歩となります。

     

    ※ 競技的プレイヤーはもちろん貴重な存在ですが、そうでないプレイヤー達や新規プレイヤーがいなくなればゲームは維持できず、終了を余儀なくされます。ゆえに母数として大きい非競技的プレイヤーには重く目を向ける必要があるのです。

     

     

    9月以降は条件付きで大会の併催も可能!

     

     お気楽交流祭は自粛期間明けに気楽に本作へと復帰できるようにするためのカジュアルなイベントでした。それゆえに大会の併催を禁止しておりました。

     

     しかし9月以降では逆の事情もございます。新たなシーズンが始まるため、可能な限り大会に出たいという需要も大きくなるからです。そこで後述する条件通りにお申込みいただいた場合に限り、大会の併催を可能とします。

     

     この条件はカジュアルな対戦や初心者体験会を目当てにしたプレイヤーが(他の全員が大会に出てしまうなどして)途方に暮れ、楽しめないリスクを取り除くためのものです。普段は勝負を第一に考える皆様も、お気楽交流祭の場においては全ての参加者がまず楽しめるようご配慮を頂ければありがたい限りです。

     

     

    お気楽交流祭はこんなイベントだ!

     

     お気楽交流祭そのものの説明も簡単に行いましょう。より詳しくは6月の記事も併せてご覧ください。

     

    カジュアルに楽しもう!

     

     大会はないか、併催イベントとして切り分けられます。気軽に楽しむことが第一のイベントです。

     

    物語テーブルが遊べる!

     

     本作は物語を模した特殊ルールとして、多数の物語テーブルが公開されています。お気楽交流祭はそれらを遊ぶ絶好の機会です。

     

    初心者体験会としてのサポートもあり!

     

     初心者体験会も併催されます。初めて遊ぶ方やルールに自信がない方も大歓迎。手ぶらでのご参加もOKです。ルール解説用のカードセット「はじまりの決闘」や、次の一歩に最適な物語第0話「神語りのはじまり」を体験していただけます。

     

    プレゼントが盛りだくさん!

     

     参加したら様々なプレゼントを受け取れますよ! まずお気楽交流祭は初心者体験会でもあります。ゆえに(初心者として体験したかどうかによらず)参加した店舗に応じてプロモーション集中力「チカゲ」(「ヒミカ」(※)プロモーション集中力「ユキヒA」を受け取れます。

     

     さらにお気楽交流祭は交流祭でもあります。ゆえに5点(勝利で2点、敗北で1点)分のゲームを楽しめば、プロモーション集中力「コルヌ」も入手できます。

     

    ※ プロモーション集中力「ヒミカ」がほぼ切れてしまいましたため、完全に切れしだい初心者体験会としてのプロモーション集中力はチカゲに切り替わります(切れるまではヒミカのままです)。過去にチカゲは全国大会本戦の参加賞としての位置づけとして扱っていましたが、私どもは大半のプロモーション集中力については位置づけを切り替え、積極的に復刻していく指針としています。現在の例外は全国大会の上位賞として勝敗の関わる位置づけに置かれているシンラのみです。

    ※ 「沐浴」は切れてしまいましたため、9月以降は配布されません。長期的にはこの類のイベントをサポートする試みをまた行う可能性は高いでしょう。

     

     

    9月以降の開催概要はこちら!

     

     9月以降もあらゆる方がお気楽交流祭を開催できます。開催のための注意事項は以下の通りです。

     

    イベント名

     

     「お気楽交流祭:〇〇の部」に限定します。〇〇には都道府県名か、伝わりやすい市町村などの地名を入れてください。例「お気楽交流祭:秋葉原の部」

     

     この際、必要と判断した場合は括弧書きで会場名を加えても構いません。文字数が多くなりすぎないようご配慮いただけると助かります。例「お気楽交流祭:秋葉原の部(YS秋葉原RPGショップ)」

     

    開催可能期間

     

     お気楽交流祭は2020年9月1日から12月31日に開催できます。

     

    申請日

     

     後述する送付物が少し複雑であるため、安全のため申請は開催日の3週間前厳守とさせていただきます。

     

    会場

     

     定員4名以上の公的な場所でなくてはなりません。公式サイトで公的に参加者を募集する必要がございますので、個人宅などの私的な空間では開催できません。また、特定の大学の学生であるといったような参加条件のあるイベントにすることもできません。

     

    大会について

     

     お気楽交流祭そのもので大会を開くことはできません。

     大会を併催する場合は「交流祭併催大会:〇〇の部」という名前で別途申し込んでください。この際、お気楽交流祭の定員より4名以上少ない定員でなくてはなりません。

     

    例:お気楽交流祭が20人規模である場合は、大会の定員は最大でも16人となります。これにより満席ならば大会に参加せず、気楽に遊ぶためのプレイヤーが4名残ることになります。

    補足:この目的はあらゆる気質のプレイヤーが気楽に楽しめるようにするためのものです。参加者、主催共に趣旨を理解し、柔軟にルールを運用していただければ幸いです。

     

    初心者体験会について

     

     初心者体験会としての対応が必要です。ルールに不安がある方にご参加いただいた場合、「はじまりの決闘」や「神語りのはじまり」を用いてルールの解説などのサポートを行ってください(※)。

     

    ※ 補助のための紙芝居やカードは初心者体験会のページからダウンロードできます。ルール解説ガイドの活用もおすすめいたします。

     

     そしてご開催頂いた場合、以下のものをお送りいたします。

     

    体験会&交流会案内ポスター

     日付と時間を描き込み、掲示できるポスターです。店舗で開催される方や、店舗と連絡が取れる個人主催の方はぜひともご活用ください。

     活用が難しい個人主催の方は、開催のお礼として素朴に受け取ってください。

     

    各種参加賞

    定員人数に1を足した枚数の

    • プロモーション集中力「チカゲ」(「ヒミカ」)またはプロモーション集中力「ユキヒA」
    • プロモーション集中力「コルヌ」

    をお贈りします。定員は会場の規模に応じて、感染防止のためにゆとりのある人数を設定してください。

     

     

    賞品も次の時代へと進む時だ!

     

     そしてもうひとつ大きなニュースがございます。以前の記事で大会賞品の切り替わりに触れました。『第伍拡張』のスケジュールの影響で時期は少しだけ遅れましたが、10月から新たな賞品がやってきます。プロモーションタロット「クルル」をご覧ください!

     

     

     それだけではございません。完全戦における賞品はもうひとつ切り替わります。これまでのブラックキラカード「ゆらりび」12月からブラックキラカード「炎天・紅緋弥香」へと変更されます。

     

     さらに素晴らしいお知らせもございます。6月の記事で、9月と10月は大会の賞品が豪華になるとお伝えしておりました。『第伍拡張』のスケジュール変更に伴いこちらも10月と11月に変更されますが、これらの2か月はプロモーションタロット「ヒミカ」の再復刻期間となり、本来の賞品に加えてプロモーションタロット「ヒミカ」を獲得できます(※)。

     

     

     もともとチカゲとクルルの間にヒミカの復刻期間は計画しておりました。4月から6月のイベント自粛における埋め合わせも含め、計画を圧縮したと捉えて頂ければと思います。

     

    ※ 『まずはゲームを気楽に遊ぶ場を提供する』指針とは少しずれがありますが、何もかもを自粛しているとこのようなファンサービスも行えません。また、最近新たに本作に触れた方々のためにも過去のタロットを入手するチャンスを用意するのは重要と考えております。

     

     賞品をまとめると以下の通りとなります。

     

    2020年9月

    季節戦

    ・プロモーションタロット「チカゲ」

    ・ホワイトキラカード「桜降る代に幕開けを -神語り-」

    ・プロモーション集中力「ユリナ」

     

    完全戦

    ・プロモーションタロット「チカゲ」

    ・ブラックキラカード「ゆらりび」

     

    2020年10月、 11月

    季節戦

    ・プロモーションタロット「クルル」

    ・プロモーションタロット「ヒミカ」(再復刻)

    ・ホワイトキラカード「桜降る代に幕開けを -神語り-」

    ・プロモーション集中力「ユリナ」

     

    完全戦

    ・プロモーションタロット「クルル」

    ・プロモーションタロット「ヒミカ」(再復刻)

    ・ブラックキラカード「ゆらりび」

     

    2020年12月〜2021年5月予定

    季節戦

    ・プロモーションタロット「クルル」

    ・ホワイトキラカード「桜降る代に幕開けを -神語り-」

    ・プロモーション集中力「ユリナ」

     

    完全戦

    ・プロモーションタロット「クルル」

    ・ブラックキラカード「炎天・紅緋弥香」

     

     

     本日はここまで! 本作の次なるイベントをお楽しみいただければと思います。次は『達人セット』の再版についての話にてお会いすることになるでしょう。ご期待くださいませ!