カードゲーマー様のvol.53に寄稿します!

2020.07.27 Monday

0

     

     こんにちは、BakaFireです。先々週の末から先週にかけて小説『八葉鏡の徒桜』の短期集中連載が始まり、それに伴って第伍拡張のプレビューも開始しました。それでは今週はどうでしょうか。大きめの計画をひとつお伝えいたします。

     

     株式会社ホビージャパン様より2020年7月31日に発売するカードゲーム専門誌、カードゲーマーのvol.53に本作『桜降る代に決闘を』の広告が再び掲載されます。さらにカードゲーマーの記者の皆様にご執筆頂いた本作の紹介記事と、なぜか私が登場している漫画も掲載されております。

     

     そしてそれだけではございません。公式小説の6−7で初登場した新たなメガミ・メグミに関する最速での情報と、2枚の新たなカードプレビューがございます。メグミの情報をいち早く手に入れたい方は必見です。

     

     この試みはかつての挑戦をさらに掘り下げるものです。本年1月にはボードゲームを扱う媒介だけでなく、TCGを中心に扱う場へと初めて広告を出稿しました。基本セットの再版とその成功のためにもボードゲームとTCG両方の気質を併せ持つという特性を生かし、新しい宣伝戦略を打ち出すべきだと判断したためです。

     

     その折には今後もカードゲーマー様に広告を寄稿する見込みであるともお伝えしました。3月は1月当時から計画しておらず、5月は新型コロナウイルスの影響で立ち消えましたが、今月7月こそは寄稿を行うべきと判断しました。

     

     未だあらゆるアナログゲームにとって厳しい情勢の中ですが、どうにかありがたいことにカードゲーム雑誌という場に再び機会が得られました。これも苦しい中応援してくださった皆様のおかげです。今回の試みも楽しみ、可能であれば手に取っていただければ嬉しい限りです。

     

     そしてそちらでの情報公開に合わせ、7月31日にはこちらのブログでも様々な告知を行います。この記事への追記と、新しい記事1本が公開される見込みです。ぜひともご期待いただければ嬉しい限りです。

     

     

    (追記)

    記事内の「森羅判証」の画像が誤ってシーズン5開発中の没案となってしまっております。誠に申し訳ございません。シーズン6において「森羅判証」へのカード更新は予定されておりません。こちらにて訂正し、お詫び申し上げます。