今後の展望、2020夏

2020.06.16 Tuesday

0

     

     こんにちは、BakaFireです。本日はおおよそ3か月に1回、本作の向こう数か月間の計画をお話しする今後の展望シリーズとなります。

     

     前回に引き続き、今回もやや例外的な進行となります。新型コロナウイルスに関する情勢により、4月に私どもは大幅な計画の変更を余儀なくされました。本日はそれらの計画変更を踏まえ、6月時点における向こう3か月を計画をお話しします。

     

     これまで通り、さっそく前回展望の見直しから入りたいところですが、本日はその前にひとつ急ぎお伝えすべきことがございますので、まずそちらを書かせていただきます。

     


    第伍拡張スケジュール調整のお知らせ

     

     現在開発中の『第伍拡張』のスケジュールに関して、申し訳ないながらお伝えすべきことがございます。本作のメインイラストを手掛けているTOKIAME先生のご病気により、計画が変更となりました。

     

     本年春の展望では8月7日発売として進めておりましたが、打ち合わせと調整の結果『第伍拡張』に関するスケジュールは3週間程度後ろに倒れます。これは発売日だけでなく、広告、プレビュー、プレリリースなど『第伍拡張』にまつわる全ての内容が含まれます。

     

     この度はお待たせすることとなってしまい誠に申し訳ございません。『第伍拡張』を魅力的な形で出版できるよう全力を尽くしておりますので、なにとぞ温かく見守って頂ければありがたい限りです。

     


    前回展望の見直しとご報告

     

     取り急ぎお伝えすべき内容はここまでです。それではこれまで同様、まずは前回の展望の見直しを行いましょう。

     

    製品計画の全面的な見直し

     

     2020年4月にお伝えした内容を踏まえ、現在ではどうなっているかをご報告差し上げます。

     

    惨劇RoopeR 脚本集

     

     概ね計画通り、6月12日に発売しました。さらに『脚本集機戮虜独任簓饌翦任亮臑蟆里離ンライン販売も行われております。詳しくは『惨劇RoopeR』公式サイトをご覧ください。

     

    ゲームマーケット2020春の新作

     

     『鉄人重工』『この天才科学者が首席になれないとでもいうんですか?』に関する計画は変更されておらず、ゲームマーケット2020秋の発売を予定しております。

     

    桜降る代に決闘を『第伍拡張』

     

     上述の通り、スケジュールに調整が行われました。とはいえ8月発売であることは変わらず、今回の展望に含まれております。

     

    イベント計画の見直し

     

     2020年4月時点での新型コロナウイルスに関する情勢を踏まえて見直しを行いました。そして2020年6月の状況を踏まえ、今回の展望でも見直しを行います。

     

    オンラインで楽しめる活動の拡充

     

     多数の試みを行い、すべて成功と言えます。分類ごとに整理してご紹介しましょう。

     

    キャラクターコンテンツの拡充

     

     ボイス入り1コマ漫画『桜降る代のゆるい午後 ひとコマ』、あなたとあなたの宿す二柱を紹介する画像を生成しTwitterで共有できる『私の宿す二柱』FAQアカウントからお届けするポストカード配布、そして本作の壁紙を3週間にわたって日刊でお届けする『日刊カベガミ』を行いました。

     

    オンラインイベントの拡充

     

     準公式シミュレーターを用いた月6回のオンライン大会と、電子版を用いた招待選手大会にして攻略動画である『電子版リーグ戦』を行いました。イベントをより楽しむために公式攻略ページの充足も進めております。

     

    自宅で遊べるコンテンツの拡充

     

     『祭札二〇一九』でのふるよにTRPGを用いて一人で遊べるゲームブック風の『一人用TRPG』の連載を開始しました。

     

     前回の見直しはここまでです。それでは、今回の展望をお伝えしましょう。

     

     

    7月以降の本作について

     

     3月から6月までを経て、新型コロナウイルスに関する情勢は変化しました。私どもの総合的な見解としては、7月からはオフラインでのイベントを再開できる一方で、全てを元の形まで戻すことはできないというものです。

     

     それゆえに本作を盛り立てるためにも、オンラインでの試みは必要不可欠です。7月から8月にかけての本作は、オフラインとオンラインの連携を通してお楽しみいただけるよう尽力いたします。

     

     このまま順当に6月20日まで推移したならば、20日に私はイベント自粛期間の解除を宣言し、併せて20日と21日にイベントに関する記事を公開するつもりです。本日の展望における内容のいくつかはそちらで詳しくお話しするため、本日時点では詳細まではお伝えしないものもございます。ご了承ください。

     

    ※ 当然ですが、新型コロナウイルスに関する情勢が急速に悪化した場合は予定が変更されます。

     

     

    オフラインでの試みについて

     

    公認イベントの自粛解除

     

     全国各地における公認イベントの自粛を7月11日(土)より解除する見込みです。イベントの開催をご一考いただければ嬉しい限りです。

     

    春風の大交流祭の中止と新イベントの決定

     

     2020年3月に開催を予定し、当時は延期として発表を行いました春風の大交流祭を正式に中止いたします。

     

     少数の人々が集まり、気軽に遊ぶという水準のイベントであれば7月から開催できると私どもは考えています。しかし一方で、日本全国から100名以上もの人々が集まる形式でのイベントを開催できる情勢には至っていないと評価しています。それゆえにオフラインでの大規模イベントは中止の判断を下します。

     

     しかし中止にするならば、その代わりに楽しめるものを用意したほうが望ましいでしょう。そちらはオンラインでの試みとなりますので、後程紹介いたします。

     

    ※ 新潟での大規模イベントにご協力いただいた方とは別途お話ししております。その上でこの情勢が落ち着きましたら、新潟において本作を盛り上げられるよう約束しております。

     

    お気楽交流祭を開催するぞ!

     

     全国での公式、準公式イベントはどうなるでしょうか。私どもは2つの理由により、大会に重きを置きがちな従来の交流祭よりも優先すべきものがあると判断しました。そこで気軽に本作を楽しむ新しいイベント「お気楽交流祭」を開催いたします。内容の詳細は20日にお伝えします。

     

     理由の1つ目は新型コロナウイルスに伴うものです。参加者の密度や管理の難しさから、オフラインにおける人数が多めの大会の開催はまだ慎重に捉えるべきと考えています。

     

     2つ目は7月と8月の指針によるものです。私どもはこれら2か月は特に新規プレイヤーに親切であろうとしています。ゆえにいくらかの心理的な障壁のある大会よりも、カジュアルなフリープレイや初心者向けの体験会に重きを置くべきなのです。所々の記事で申し上げている通り、新しいプレイヤーの参入しないゲームに未来はありません。

     

     加えてこの話は従来のプレイヤーにも当てはまります。本作は4月から6月にかけてオフラインでのイベントが行われず、遊ぶ機会が少ない状況でした。この状況からいきなり大会に出るというのは、多くの方にとってハードルが高いと考えております。


    賞品がさらに豪華に!

     

     4月から6月はイベントを自粛していたため、プロモーションタロット「チカゲ」やブラックキラカード「ゆらりび」の入手手段は公式によるオンライン大会しかありませんでした。ゆえに自粛の記事で申し上げた通り、賞品を豪華にする方向で調整を予定しております。

     

     7月と8月、9月と10月、7月以降、9月以降でそれぞれ別の計画がございます。まずは7月と8月ならびに7月以降の計画について、20日の記事にてお伝えいたします。

     


    オンラインでの試みについて

     

    オンライン大決戦が開催だ!

     

     5月の試みを経て、私どもはオンライン大会の運営手順を学びました。その結果として、十分な準備を整えれば64人までならイベントを運営できると評価しました。

     

     そこで春風の大交流に代わってシーズン5の頂点を決めるための手段として、64人規模でのオンライン大会を8月に開催いたします。こちらは詳細は6月21日の記事でお伝えし、そちらにて参加の受付も開始します。

     

    7月以降もオンライン大会を継続するぞ!

     

     オンライン大会の成功を受け、7月以降もオンライン大会を継続開催いたします。但し、大会の回数は減らし、月あたり2回から3回の開催となる見込みです。

     

    電子版リーグ戦を見届けよう

     

     現在連載中の電子版リーグ戦は6月20日まで続きます。ぜひとも最後までお楽しみくださいませ! そして電子版で新しい展開が見られた暁には、また近しい試みを行うことでしょう。ご期待ください。

     

    キャラクターコンテンツも続けていきます

     

     4月から6月に実施されたキャラクターを活かす試みは成功しています。これらの試みは今後も引き続いて連載していく方針です。

     

     『桜降る代のゆるい午後 ひとコマ』は月1回程度の連載となっています。『日刊カベガミ』も『週間カベガミ』に変化し、毎週水曜日に新しい壁紙をお届けしております。

     

    一人用TRPGも連載中

     

     新しい形での物語テーブルと呼べる『一人用TRPG』は全4話での連載を予定しております。こちらも6月から8月にかけて更新してまいりますので、ご期待くださいませ。

     

    過去の物語テーブルを公開していくぞ!

     

     そして物語テーブルという面ではそれだけではありません。前回の展望で書いた「大人数で集まるイベントはともかく、個人宅やゲームスペースで数人で集まる分には問題はない」という時期は、まさしく近いうちに訪れると推測しています。

     

     そこで7月と8月の更新において、過去の交流祭で遊べた物語テーブルを公式サイト上で公開してまいります。ダウンロード、印刷のうえで、ご自宅あるいはお近くのプレイスペースにてご友人と共にお楽しみいただければ幸いです。

     

     

    『第伍拡張』発売とシーズン6開始!

     

     冒頭でスケジュールの調整をお伝えいたしましたが、それでも『第伍拡張』とシーズン6が向こう3か月間の計画に含まれている点は変わりません。

     

     私どもが開発に全力を尽くしているのは当然ですが、それだけではありません。プレビュー、プレリリースイベントの準備も進めております。そしてそれらの発売前の試みにおいても、新しいやり方での計画を進めております。

     

     7月と8月、発売までの2か月間の試みもお楽しみくださいませ!

     


     本日はここまでとなります。さらに7月にはまだお伝え出来ない素敵な出来事も起こる見込みです。本作のオフライン、オンライン双方での試みや『第伍拡張』をお楽しみいただければ嬉しい限りです。

     

     次回の展望は2020年9月、『第伍拡張』発売後にお送りいたします。