今後の展望、2016夏

2016.06.29 Wednesday

0

     お待たせしました! 先月にもお伝えしたさまざまな展望が形になりつつあります。この記事ではそれらをまとめ、お伝えいたします。第2回公式大会のレポートやデータは別の記事にまとめられています。こちらをご覧ください。

     

    ランキングシステム

     

     大会を競技としてより魅力的にするため、ランキングを実施します。勝敗に応じて点数が加算され、通算点数で競い合います。7月から8月の間にはデータベースを完成させ、自分の戦績と順位を閲覧できるようにします。また、上位数名の点数と順位は常に閲覧できるようになります。

     現時点ではデータベースが完成していませんので、こちらにて現時点の5位までを発表いたします。猛者たちをご覧ください!

     

    第1位

    totさん 28点
    第1位 メイベルさん 28点
    第3位 はかいしさん 20点
    第4位 閃光成人さん 19点
    第5位 グリバーさん 17点
    第5位 龍道さん 17点

    点数は大会の勝利点と、各種イベントへの参加点(2点)の合計となります。

     

    大会の賞品について

     

     大会には魅力的な賞品も重要です。そこでTOKIAME先生描き下ろしのイラストを用いた、メガミタロットを作成することが決定しました! 通常のメガミタロットがメガミの立ち絵を描いているのに対し、これらはイベントCGのようなイラストで、タロット全面がアートとなっています。

     賞品は2種類あります。片方は大会の優勝賞品です。もう片方はランキング上位への賞品です。2016年終了の時点で、ランキング上位の方に贈られます。

     しかし申し訳ないながら、まだ作成が決定したという段階です。なので優勝賞品につきましては、いずれかの公式大会、公認大会で優勝した経験のある方に、本年12月に郵送または手渡しでお贈りいたします。これについてはデータベースを通して管理しますので、ご安心ください。

     賞品となるメガミタロットは定期的に変化します。2016年のランキング賞品はユリナ、大会優勝賞品はヒミカとなります。特別なタロットを手にし、メガミと新たな絆を刻みましょう!

     

    バランスの調整

     

     今大会の結果を受け、いくつかのカードへと調整を行うことが確定しました。草案はすでにありますが、確定させる前に私たちの認識と、大会へとご参加下さっている方の認識を一度すり合わせてから、最終的な内容を決められればと考えております。今週末にそのためのゲーム会を行います(大会上位の数名を招待しています)ので、調整内容は7/5(火)に発表する予定です。

     

    拡張につきまして

     

     拡張についての最初の情報です! 12月のゲームマーケット秋にて、何かしらの拡張を出します。詳しくは今後の続報をお待ちください。

     

    地方大会

     

     地方で遊んで頂いている方がより楽しめるように、地方大会の活性化にも取り組みます。現在では、大変ありがたいことに京都公認大会と大阪公認大会を開いていただいております。今後はより多くの公認大会を開いていけるようシステムを明確化し、全国のショップ様に案内を行ってまいります。

     さらに、上記のランキングは公式大会だけでなく、地方で開催される公認大会も計算に入れられます。もちろん、公認大会の優勝でも優勝賞品は得られます。

     

    大乱闘

     

     東京でも新しい試みを始めます。新しい楽しさを提供できるよう特別な大会「大乱闘」を月一で開催します。

     「大乱闘」では毎回特別なルールが適用されます。そしてそのルールは大会当日、現地にて発表されるのです! 参加者はその後に自分の宿すメガミを提出します。つまり、特殊ルールを考慮し、その環境で強力な組み合わせをその場で考えなくてはならないのです!

     このような狂ったクソゲーは1日やりこめば容易に崩壊し、解析されてしまいます。しかし、一回限りの大会で、一瞬の理解を求めるのならば、それは立派なゲームとなるでしょう!

     どこかで見たことがある? もちろん私はそのゲームを愛しておりますとも! 「大乱闘」の開催は8月からとなります。クレイジーな戦いをご期待ください!

     

    大会申込システムの改良

     

     現状のWebサイト(特にパソコンのもの)には多くの改善すべき点があります。なかでも大会参加フォームは問題が大きいものです。今回の大会でも、参加をキャンセルされる方がいらっしゃる一方で、参加したいのに満員で参加できない方が生まれてしまいました。誠に申し訳ございません。

     予定されている大会がスムーズに一覧できること。予定されているどの大会にも参加申請ができること。満員の大会にも申請し、リザーバーとなれること。この3点を意識し、7月中には改良いたします。