2020年3月禁止改定

2020.03.02 Monday

0

     私どもはバランス調整の宣言と、それに基づく理念に従い毎月第一月曜日にカードの禁止改訂を行います。この記事はその2020年3月のものです。禁止カードを出すことそのものについて疑問や不安を感じる方は、宣言あるいはそれを要約した理念をご一読いただければ幸いです。

     

    2020年3月禁止カード

     

    『祈祷師』ライラで禁止

    流転爪

     

    ※ これらの全体禁止はシーズン5の間、即ち2020年5月まで継続し、『第伍拡張』でのカード更新を通して解除されます。

     

    ※ この禁止は『祈祷師』ライラ固有のものです。オリジン版のライラでは「流転爪」は使用できます。

     

    2020春ノ陣、季節戦参戦メガミ

     

    ユリナ、サイネ、ヒミカ、トコヨ、シンラ、チカゲ、ウツロ

     

     

     こんにちは、BakaFireです。今月の内容は1月2月の内容を下敷きにした見解が多く含まれております。お手数おかけしますが、必要であればそれらの記事もご覧いただければ幸いです。

     


    禁止改定につきまして

     

     先月の記事でお話しした通り、私どもは禁止カードを通して直接的に全てのメガミが輝ける環境を作ろうとはしません。禁止カードの狙いは問題を取り除き、プレイヤーの皆様が楽しめるようにするところにあります。
     
     ここに先月と比べて付け足す要素があるとすれば、私どもは偏りとそれに伴う倦怠感には目を向けているという点でしょう。
     
     ここ2か月でお伝えした通り、今の環境には一定の偏りがあります。私どもは偏りそのものを悪と断じようとは考えていません。しかし偏った環境が長期間に及ぶと体験の方向性も一定の方向に偏りやすくなり、ゲームを継続して楽しむ支障になると懸念しています。
     
     しかし懸念があるとしても、今月に行動に移すことだけはあり得ません。今月末、3月28日にシーズン5を締めくくる大規模イベントが開催されるためです。
     
     (先月の分類によるところの)勝利への挑戦に楽しさを見出すプレイヤーはこのイベントに向けて、各個人ごとの結論を出すべく環境への研究を積み重ねています。
     
     このタイミングでの禁止はこれらの努力を無に帰してしまい、彼らにとっての楽しさを奪い去ってしまう行為と言えます。私どもはゲームに体験を求めるプレイヤーも勝利への挑戦を求めるプレイヤーも等しく尊重したいと考えています。その上で今月末に大舞台があるという一点から、今月だけは勝利への挑戦を求めるプレイヤーを手厚く扱うべきだと考えているのです。

     

     ゆえに今月に禁止を出すとすれば、一定の手順を踏めば自動的に勝利が決まるような明白な問題を持つデッキが生じた場合に限られます。そしてそのような問題は発見されておりません。先月に書いた通り私どもは胸を張り、今の環境をシーズン5の大規模という目標を見据えた競技的な環境として提供いたします。
     
     
    季節戦につきまして

     

     2回の季節戦テスト大会を経て、テスト環境には解決しなければならない水準の問題はなく、十分に良好な環境だと結論付けました。
     
     私どもは特にヒミカとウツロの組み合わせが環境を歪めすぎていないかどうかを重く観察しました。結論として、この組み合わせは確かに強力ではあるものの絶対的ではなく、あくまでメタゲームの一角で有力視されるに過ぎないと判断いたしました。
     
     他方で一線級の速攻デッキということで、環境に一定の影響力を及ぼしているのは確かです。具体的な変更案としてウツロをハガネに変更する選択肢も検討しました。しかしヒミカとハガネの組み合わせも強力なワンショットデッキであり、近い水準で環境への影響が予測され、明白な改善とはとても言えないと結論付けられました。
     
     さらに今の環境はヒミカとの組み合わせに限らずウツロが楽しい環境であるというフィードバックも受け取っており、ウツロを失うことで失われる楽しさも間違いなく存在します。
     
     ウツロを入れる理由としては新規プレイヤーが『基本セット』の次に『達人セット』か『第壱拡張』のどちらを購入するかを選べるようにしたいという狙いもあります。これらを総合的に判断し、下手に弄らずに今のままで進めたほうが魅力的であると考えて、テスト環境をそのまま2020春ノ陣として用いることにいたしました。

    関連する記事