『想い一枚ここにあり』第28回:Julia's BlackBox

2020.02.21 Friday

0

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》

     こんにちは、BakaFireです。この攻略記事シリーズでは様々な大会で実績を残した名プレイヤーたちが思い入れのあるカード1枚を語ります。対象は初級者から中級者であり、カードのもう一歩先の使い方を身につけるにはうってつけと言えるでしょう。分量も少なめなので気楽に読めます。
     
     著者の決め方はこれまで同様、大規模イベントで4勝1敗を達成した方々に無作為な順で依頼を進めます。それでは、今回の著者を紹介いたしましょう!

     


     著者紹介:岡たらこ
     シーズン4大規模4勝1敗。名古屋の強豪。サリヤを中心としたビートダウンを得意とする。


     

    想い一枚ここにあり
    第28回:Julia's BlackBox

    著:岡たらこ

     

     

    はじめまして、岡たらこと申します。今回Julia’s BlackBoxを紹介させていただくのですが、サリヤアナザーの研究が十分にできていないため、オリジンについてのみ紹介させていただきます。

     


    Julia’s BlackBoxの性質について

     

    まず初めに知って欲しいことは、Julia’s BlackBoxはリスクがあるということです。全力札にリスクがあることは言うまでもありませんが、ポイントは造花結晶を使い切る必要があるということです。造花結晶がないとTurbo Switchが使えず、Omega Burstを使うとJulia’s BlackBoxが使えなるため、Julia’s BlackBoxを使用する前のターンはサリヤの優秀な対応札が使えません。

     

    Julia’s BlackBoxを安全に使用するためには序盤か中盤、つまり1巡目か2巡目に造花結晶を使い切り、その次のターンに使用することになります。1巡目に造花結晶を使い切る場合、RoaringとTurbo Switchが必須です。残りの1つはSteam CanonかBurning Steamで消費すると良いでしょう。2巡目に燃料を使い切る場合、1巡目にBurning Steamを使い、2巡目に4つの造花結晶を攻撃札で消費するのが基本です。

     

    全力札と造花結晶の制約を乗り越えれば大きな恩恵を受けられます。3種類のTransFormについて見ていきましょう。

     


    YAKSHA


    変形時の効果で相手のリソースを減らすことで相手の攻撃力か防御力を下げ、自分の攻撃力を上げます。ゲーム中に相手の自由に使える集中力が少なく、変形時効果が有効な時、または攻撃力が少し足りないと思った時にYAKSHAにTransFormしましょう。

     

    YAKSHAにTransFormする時に一番気をつけないといけないことは、造花結晶管理です。YAKSHAには造花結晶を使い切ると基本動作ができなくなるデメリットがあります。TransFormする前に造花結晶を攻撃札に使うことでライフを削り、造花結晶がなくなる前に倒し切るか、Roaringで造花結晶を回復させる必要があります。ただし、ガソタムさんの記事で述べられている通り、Roaringでの造花結晶回復は弱いため、明確な意図がない限りしない方が良いです。

     


    NAGA


    変形時に相手のフレアを2にします。相手のフレアが溜まっているほど効果は大きくなります。しかし、NAGAは他のTransFormと違い攻撃に繋がらないため、相手のフレアを減らしただけでは勝利できません。では、NAGAにTransFormするのが有効なのはどのような状況でしょうか?それは、NAGAにTransFormしたら負けなくなる状況、つまり相手のライフが少なく、ライフ差が開いている時です。

     

    この状況でフレアを減らしてしまえば、切札による逆転が封じられ、サリヤが持つ優秀な対応札を越えてライフ差を覆すことは難しくなります。

     


    GARUDA


    デッキの中の攻撃札を1ターンに全て使うことでまとまったダメージを与えることができます。しかし、ダメージを与えるということは相手にフレアを与えるということであり危険です。TransFormする前に造花結晶を攻撃札に使うことでライフを削り、TransFormした次のターンにそのまま倒し切るか、Delta-Wingでレンジロックして逃げ切れる状況を作りましょう。


    3つのTransFormが作るゲームプランの違いから、眼前構築の時点で何にTransFormするか考えなければいけないことがわかります。しかし、TransFormを有効に働かせる条件として「ライフを削る」ということが一致しているため、予定とは違うものにTransFormすることは可能です。ゲームが予想とは違う展開になった時は何にTransFormすべきかもう一度考えてみてください。

     


    最後に


    Julia’s BlackBoxは1枚でできることが多く面白いカードです。その面白さを伝えられ、使ってみたいと思っていただけたのなら嬉しいです。
     

     

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》