ゲームマーケット2019秋のすべてをお知らせ

2019.11.18 Monday

0

     こんにちは、BakaFireです。いよいよゲームマーケット2019秋も今週末に迫り、公式小説『八葉鏡の徒桜』の短期集中連載もひと段落しました。

     

     東の海を越え、異国の地へと足を踏み入れたメガミたちの活躍を描くエピソード2、そして西の海を越えて迫りくる未知の脅威に抗い、奮戦するメガミたちを描くエピソード3。どちらも力作でございますので、お時間があればご一読いただけると嬉しい限りです。
     
     そしてそれらを通し、いよいよ『第四拡張』の全貌も見えてまいりました。新たな2柱のメガミと、3柱のアナザー版メガミが物語で活躍したというわけです。ここまで来たら次は拡張全体、そしてそれが先行頒布されるゲームマーケットのお話しをするのは当然でしょう。
     
     本日は2019年11月23日(土)と24日(日)に開催されるゲームマーケット2019秋における、エリア8「BakaFire Party」ならびにBakaFire個人の活動をすべてお知らせいたします。ご覧の上、私どものブースやイベントまでお越しいただければ嬉しい限りです。
     
     
    『第四拡張:大洋航路』ここにあり!

     

     今回の新作は『桜降る代に決闘を』シリーズの最新作である『第四拡張:大洋航路』です。新たなメガミ・ハツミとミズキが参戦し、アナザー版メガミも3柱封入されております。初出となるパッケージもご覧いただきましょう。

     


     それだけではございません。有限会社センキ様による最新グッズとして、新たなメガミたちのアクリル集中力プレート、さらに『第参拡張』以降の新メガミたちをあしらったストレージボックスもございます。

     

     

    イベント特典のPR集中力もございますよ!

     

     今回もゲームマーケットまでお越しいただいた皆様へのお礼を用意しております。私どものブースで製品をお求め頂いた全ての方々にプロモーション集中力カード「ヤツハ」をお贈りいたします。


    ※ このようなイベント限定の集中力カードは地方などへの配慮のため、配布から充分な期間を置いたうえで全国の交流祭にて復刻いたします。

     


    『惨劇RoopeR』舞台版のチケットも販売だ!

     

     本作に関する製品はここまでですが、お知らせもうひとつございます。私どものもうひとつの看板作品である『惨劇RoopeR』の舞台版が、ついに2020年2月に公開されます。そして、そちらのチケットが販売されるのです。
     
     時間を遡り、惨劇へと挑む主人公たちの物語、ぜひともご覧くださいませ! ちなみにボードゲーム『惨劇RoopeR』の公式サイトはこちらです。

     

    ※:同日に一般販売も行われますので、先行販売ではございませんでした。表現を修正のうえ、お詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

     

     


    BakaFire Party大発表祭2019秋を
    アークライト特設ステージでお届け!

     

     様々な動きが結実する今、再びステージイベントとして大発表祭を行い、私どもの今後の活動をお知らせいたします。

     

     大発表祭が行われるのは23日(土)の13時から14時。場所はアークライト特設ステージとなります。
     
     そう、今回の場所は私どものブースではございません。今回のゲームマーケットでは主催である株式会社アークライト様が特設ステージを作成しており、そちらでの発表を行えることになりました。
     
     まずは本作『桜降る代に決闘を』のアナログ版、デジタル版それぞれにおける次の動きをお話いたします。
     
     その上で本作のお知らせは大発表祭の半分にすぎません。『惨劇RoopeR』舞台版はいよいよ2020年2月に迫り、今回はその前に行われる最後のゲームマーケットとなります。そこで舞台、そして『惨劇RoopeR』関する様々な大発表をお届けします。豪華ゲストとして舞台にご出演いただく演者の方々もお越しいただけます。出演者などの情報はこちらです。

     

     私どもの次なる第一歩を最前線でご覧いただければうれしい限りです。皆様のお越しを心よりお待ちしております! よろしくお願いします!

     


    BakaFire Partyイラスト展開催。
    作品を彩るイラストを楽しもう!

     

     ゲームマーケットにおいては新たな試みとなります。2019年3月、第三回全国大会「天音杯」でこの類の試みは初めて行われ、好評を頂けました。そこで今回のゲームマーケットでも改めて行い、さらにより多様な作品に範囲を広げてイラストの展示を行います。
     
     展示されるイラストは『桜降る代に決闘を』シリーズよりTOKIAME先生あまからするめ先生『Psylent Phantom』より六羽田トモエ先生威未図先生T-TRACK先生水島空彦先生『惨劇RoopeR』シリーズより紺ノ玲先生のものがございます。ぜひともお楽しみくださいませ!

     

     


    サイン会やカンバッチガチャもございますとも!

     

     本当にありがたいことに、TOKIAME先生が今回もお越し頂けます。今回もサイン会を開催し、24日(日)の14時より約1時間程度行います。ぜひともこのチャンスに本作の製品をお持ちいただければと思います。

     おおっと、忘れてはいけません。大好評のカンバッチガチャにつきましても新作がございますよ!

     


    ブース内ステージでもイベントを開催するぞ!

     

     今回はブース内にもやや小型のステージを用意いたしました。こちらでもいくつかのイベントを開催いたしますので、紹介しましょう。
     
    23日(土)15:00〜16:00
    惨劇RoopeRエキシビジョン

     

     『惨劇RoopeR』舞台版にご出演いただく演者の方々がゲストとしてお越しになり、BakaFireを相手に「はじまりの脚本」へと挑むエキシビジョンを行います。
     
     ルールの解説を含むため、『惨劇RoopeR』を遊んだことのない方にもお楽しみいただけ、本作の魅力を追体験していただける内容となっております。本シリーズに興味がございましたら、ぜひともご覧になってみてください。


     
    24日(日)13:00〜14:00
    ふるよに第四拡張エキシビジョン

     

     本イベントで先行販売が行われる『第四拡張:大洋航路』を用いたエキシビジョンマッチを上映します。マッチに挑むのは実に豪華なプレイヤー2名。シーズン3に行われた第三回全国大会「天音杯」の優勝者、舞茸選手と、シーズン4大規模イベント「白露の大交流祭」の優勝者、かよーだ選手です。
     
     両者ともに1柱は『第四拡張:大洋航路』に封入されたメガミを用いるという制限の下で、真剣勝負を行っていただきます。最高峰の戦いをお楽しみください!

     


    24日(日)14:00〜
    ふるよに電子版エキシビジョン

     

     2019年10月末よりサービスを開始した本作のデジタル版『桜降る代に決闘を 電子版』のエキシビジョンマッチを、観客参加型イベントとして行います。電子版プロデューサーの角田氏(まれにBakaFire)との対戦を行い、勝利したらささやかな景品もございます。あなたの挑戦をお待ちしておりますよ!

     

     エキシビジョン以外にもデジタル版『桜降る代に決闘を 電子版』の体験スペースもございます。対戦をお楽しみくださいませ!

     


    ディライトワークス様でトークセッションも!

     

     私どものブースに関する出展内容はここまでですが、私個人となるともうひとつお知らせがございます。
     
     大変光栄なことに、ディライトワークス株式会社様より本年に出版された『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game』のゲームデザインを担当させていただきました。

     

     

     その際のご縁もあり、今回もディライトワークス様にてトークセッションに参加させていただきます。こちらの詳細はディライトワークス様よりお知らせがある見込みですので、そちらをチェックしていただければ幸いです。

     


     本日はここまでとなります。今回も様々な催しと共に、あなたのご来場を心よりお待ちしております。エリア8「BakaFire Party」をよろしくお願いします!
      
     明日は新たな、もう一柱のメガミについてお話しいたします。ご期待くださいませ!