新たなメガミと海原へ出航

2019.11.08 Friday

0

     こんにちは、BakaFireです。
     
     ゲームマーケット2019秋、ひいては『第四拡張』の先行発売も近づいてきました。今週もまたプレリリース期間であり、特に本日からは一気に情報が増えていくことでしょう。本日はこれから他にも2つの更新がございます。ぜひともご注目くださいませ。

     

     そしてこの記事では『第四拡張』で新たに登場するメガミ1柱の紹介を行わせていただきます。

     


    海を統べる威光に感服せよ!!!

     

     いつものことですが、本作を丁寧に追ってくださっている皆様にとっては、彼女はもはやおなじみの存在でしょう。
     
     彼女が初めてきちんと描かれたのは実に4か月も前、2019年7月のことです。現在連載中の公式小説『八葉鏡の徒桜』のエピソード1において、彼女はまあ、いろいろな意味で活躍しました。お時間が許すならばご一読いただけると嬉しい限りです。
     
     次の出番はシーズン4を締めくくる大規模イベントです。その開会式で彼女の存在は明かされ、何枚かのカードがプレビューされました
     
     しかしながら、今回はここで注釈を挟む必要があります。このタイミングでのプレビューは公開しやすい完成度のものが選ばれ、これまでは結果として(小さなテキスト修正を除き)公開されたそのままのものが出版されてきました。
     
     ですがハツミは違いました。後にプレビューから大きく完成度を上げる方法が発見され、結果として変化したのです。私どもは最終的な完成度を優先するためにも「画像は開発中のものです」と明記していましたが、実際に適用したのは初めてなのでここで前置きいたします。ご理解いただければ幸いです。
     
     さてさて、これ以上お待たせするのは無粋でしょう。お進みください!
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     そしてハツミ様を讃え、出迎えるのです。フンッ、ハアッ、ソイヤ!
     


     ハツミを宿した戦いは自然に抗う航海のようなものです。自然とはゲームのルールから生まれる法則です。前進は後退より強いゆえに間合は段々と2へと近づいていきます。そして間合を合わせて攻撃するゲームだからこそ、攻撃を継続的に行えば自然なアドバンテージが得られます。
     
     彼女はそれらに全霊をもって抗い、中距離に留まります。自然は強靭であるため、過酷な旅になるでしょう。ですが彼女の航海術は風の流れを鋭く読み解きます。計画が安全に進んでいる順風の中にいるのか、それとも嵐の渦中、逆風の中にいるのか。

     

     それは直前のターン(多くの場合は相手のターンでしょう)に攻撃されたかどうかで判定されます。攻撃されなければ安全な「順風」、攻撃されたならば危険な間合にいる「逆風」というわけです。
     
     彼女のカードはこれらの風向きに応じて変化します。逆風であれば最高峰の移動能力と、適度なリソース破壊能力が得られます。これらは間合を外し、移動や切札の使用を難しくし、結果として以降のターンにおける相手の攻撃を妨害することで風向きを変えられます。
     
     では順風ならばどうなるか。調子に乗るのです。彼女の攻撃カードは順風に限って高めのダメージを獲得します。嵐の狭間に光明を見出し、その間隙を貫いて勝利をつかみましょう。
     
     さあ、説明は十分でしょう。あとは論より証拠。ふさわしい1枚をご覧ください。
     
     
     

     

     

     目ざとい方はカード番号に注目したかもしれません。過去のプレビューではN1は「強酸」でした。ご安心を。「水雷球」がハツミの在り方を大いに体現しているがために番号が変わりましたが、「強酸」は健在です。しかし、少しばかり条件は変わりました。

     

     

     「強酸」の追加効果の本質はフレア破壊であるため、これは逆風であるべきだと分かったのです。そして逆風の中でも相手をいやらしく小突く手段があることで、ゲームはより奥深くなりました。
     
    ※ そして彼女の表情も逆風らしくなりました。以前の表情は順風の中で見せてくれることでしょう。
     
     そしてこの一枚も健在でございます。
     

     

     最後にもう1枚だけ切札をお見せしましょう。中距離を漂う支障となるのはどちらかというと《攻撃》ではありません。本当の障壁は3つ。間合を動かす《行動》と、オーラの桜花結晶を取り除ける《付与》、そしてもちろん基本動作《前進》です。
     
     彼女にはこの3つの障壁を睨む巧妙な望楼が備わっています。「カラハリ灯台」をご覧ください!


     
     


     本日は新たなメガミ・ハツミと彼女のカード4枚を紹介しました。風向きに合わせて帆を張り、彼女と共に過酷な自然へと臨みましょう。挑戦をお楽しみいただければ幸いです。
     

    第四拡張プレリリースが11月に開催されるぞ!

     

     ハツミをいち早く使ってみたいならば、すばらしいニュースがございます。本作では恒例のプレリリースが11月10日、16日、17日の3日間に東京、大阪、福岡、札幌、愛媛、岡山、神奈川、京都、静岡、愛知、新潟の11か所で開催されます。
     
     詳細はプレリリースに関する記事をご覧ください。あなたのご参加、心よりお待ちしております!
     
     
     本日はここまでとなります。来週は今後の展望にてお話しした、バランス調整理念2.0をお送りいたします。