今後の展望、2019秋

2019.10.25 Friday

0

     こんにちは、BakaFireです。本日はだいたい3か月に1回、本作の向こう数か月間の計画をまとめてお伝えする今後の展望シリーズをお送りいたします。
     
     とはいえ、今回の展望は小規模なものです。前回の展望が9月までの内容を含んでおり、他方で12月以降に本作は大きな動きを計画しているので、今回の内容は10月と11月だけとなるためです。いつもより気楽にお読みいただければ幸いです。

     


     
    前回展望のおさらいとご報告

     

     展望シリーズでは毎回、前回の展望を見直し、それらがどうなったかを確認していました。今回もそれに従いましょう。
     

     

    新製品と新たな挑戦がたくさん!

     

     大変ありがたいことに、挑戦のすべてが成功でした。これもひとえに応援してくださっている皆様のおかげです。改めてお礼申し上げます。他方で製品計画への変更もあったため、それについては次の項目で述べます。
     
     第参拡張:零限突破は拡張としては大成功でした。唯一、カード更新だけは『第弐拡張』の失敗に引っ張られる形で十全には行えませんでした。この点は今拡張が成功したことにより改善がやりやすくなり、また本日の展望でも少しだけ触れます。
     
     『Psylent Phantom』『Dominate Grail War Fate/stay night on Board Game』もまた大成功でした。私どもBakaFire Partyは本作の展開のために相当の注力が求められています。その上でより多くのゲーム体験を皆様にお届けするにあたり、外部のデザイナーのゲームを出版するやり方も、ゲームデザイナーとしてのBakaFireとしてのみ外部の企画に参加するやり方も理にかなったものでした。
     
     この方法は今後も継続していきます。すでに動き始めている企画もあり、遠くないうち魅力的な新展開をお伝えできることでしょう。
     
     書籍版『桜降る代の神語り』も成功であり、第一関門は文句なしでクリアしたと言えます。他方で大成功と呼ぶには一歩及んでおらず、より幅広い展開を実現するには、皆様のさらなる応援が必要です。
     

     

    原初札コレクションについて

     

     前回の展望で計画をお話しした原初札コレクションは、再び計画を見直すことにいたしました。
     
     理由はTOKIAME先生のイラストのスケジュールがデジタル版の都合などもあり、計画よりも厳しいものとなったためです。ご期待いただいた皆様に改めて深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。
     
     代わりの計画は進んでおりますが、少なくとも10月から11月の内容ではありませんので本日は割愛します。

     


    デジタル版について

     

     さらなる延期が必要とはなりましたが、オープンベータは開催され、その上で10月のリリースという計画は変わっていません。
     
     
    シーズン4では大きな祭りが2つ待っているぞ!

     

     どちらも無事に成功したと言えます。招待選手大会は新たな試みとして魅力的でした。すぐにとは言えませんが、今後も近しい計画を立てるつもりです。大交流祭は今シーズンも楽しいイベントとして幕を下ろしました。詳しくはレポートをご覧ください。
     

     

    来月と再来月の交流祭は
    プロモーション集中力「ウツロ」入手のチャンス!

     

     無事に行えました。今回も近しい宣伝がございます。

     


    賞品スケジュールの計画につきまして

     

     計画通り進んでおります。現在の賞品スケジュールは以下の通りです。
     
    2019年10月 プロモーションタロット「トコヨ」
    2019年11月 プロモーションタロット「ユキヒ」
    2019年12月 プロモーションタロット「ユキヒ」
    2020年1月 プロモーションタロット「チカゲ」
    2020年2月 プロモーションタロット「チカゲ」
    2020年3月 プロモーションタロット「チカゲ」
    2020年4月 プロモーションタロット「チカゲ」
    2020年5月 プロモーションタロット「チカゲ」


     前回の報告はここまでです。それでは続けて、次に向けた展望をお届けいたしましょう。
     
     
    ゲームマーケット2019秋で『第四拡張』登場!

     

     2019年11月23日(土)と24日(日)に開催されるゲームマーケット2019秋にて本作の『第四拡張』を先行販売し、同年12月6日(金)に全国ゲームショップ、ネットショップにて発売します。
     
     まだ『第四拡張』の情報はほとんど出ておりませんが、まさに来週よりプレビュー期間が始まります。ご期待くださいませ!

     


    デジタルゲーム版がサービス開始!

     

     今月、2019年10月末に本作のデジタルゲームについてAndroid版のサービスが開始いたします。お楽しみいただければ嬉しい限りです。さらにiOS版につきましても11月にはリリース予定とのことです。それぞれ予約トップ10様(Android版iOS版)にて予約も行われており、予約特典もございますよ!
     
     とはいえ以前のデジタルゲーム版に関する展望でお伝えした通り、10月と11月は本作の既存のファンに向けた側面が強く、サービスの維持と安定化に重きを置いて活動していく指針です。これについては私と有限会社センキ様の間で合意されております。

     より先の展開は12月、次の展望でお話しすることになるでしょう。

     


    公式wikiが11月にオープン予定!

     

     こちらも以前のデジタルゲーム版に関する展望でお伝えした内容です。本作の情報へとより円滑にアクセスし、ユーザー間の活動をより活発にするため、公式wikiの開発を進めております。
     
     公式wikiは11月にオープン予定です。ご期待くださいませ。

     


    バランス調整理念の見直しを実施します。

     

     先日に今後のカード更新に関する記事をお届けしましたが、それに連なる内容です。
     
     ゲームバランスを魅力的な形で維持し、私どもの理想を体現するために、本作にはバランス調整理念が存在しています。これは『新幕』シリーズの開始時点で作成され、これまで『新幕』はこの理念に基づいて運営されてきました。
     
     その大半は今日においても適切なものです。しかしおおよそ1年半の運営の結果、現状にそぐわない点もまた含まれていると分かってきました。ゆえに本作を魅力的なゲームとして継続させるためにはバランス調整理念そのものへの調整を行い、改めて皆様に宣言するべきだと判断しました。
     
     こちらは11月の記事にてお届けいたします。これまでのバランス調整理念とは別の記事となります。対照のためにも過去の理念は残し、冒頭に新しい理念へのリンクを張ります。

     


    12月と1月の交流祭で
    ホノカ集中力が手に入るぞ!

     

     最後は宣伝となります。全国各地における月1回の公式イベント「交流祭」のうち、2019年12月と2020年1月には新たなチャンスがやってまいります。本来の参加賞や賞品に加え、プロモーション集中力カード「ホノカ」を1枚お贈りいたします。
     


     こちらは第三回全国大会「天音杯」に来場特典として配布したものと同じ内容です。都心と地方の格差を可能な範囲でなくすために、入手機会が関東に限定されるものは配布から十分な時間ののちに全国の交流祭にて復刻します。今回もその一環です。

     
     以上となります。今回の展望を踏まえ、次の一歩をお楽しみいただければ幸いです。今回の内容は12月上旬までの内容を含んでおりますので、次回の展望は12月を予定しております。
     
     プレリリース期間を円滑に更新するため、私の記事は来週はお休みとなります。次はバランス調整理念2.0、あるいは新たなメガミ紹介のどちらかの記事でお会いすることになるでしょう。それぞれご期待くださいませ!