始まる前の決闘録 第四回:満天の花道で

2019.10.23 Wednesday

0

    《前へ》      《目録へ》     《次へ》

     

     

    1 拡張の歴史


     皆さんこんにちは、ローヴェレです。最近は来るゲームマーケットで発売が予定されている新拡張の調整に精を出しています。特筆すべきデッキが幾度も誕生しており、ありがたいこと(?)にまだまだ本連載を続けることができそうです。


     今までの連載3回では全てシーズン0の話を扱ってきました。シーズン0では基本・達人セットの12柱に加え、第壱拡張のウツロと4柱のアナザー(古刀、琵琶、炎、笛)が扱われていました。そして、第弐拡張ではホノカと3柱のアナザー(戦略、絆、塵)がリリースされています。


     当然、第壱拡張の発売後、私たちディベロップ・チームは第弐拡張の調整に取り掛かることになりました。第壱拡張発売がディベロップ・チームにとってのシーズン0の終わりだったのです。


     “世紀末ふるよに”と称されたシーズン0が終わり、第弐拡張の調整が始まったらディベロップ・チームは平和になったか? いいえ、そんなことはありませんでした。シーズン0とはいっても第壱拡張リリース前は当然凄まじいカードは残っておらず、むしろ第弐拡張の調整が始まってからまた混沌が始まったのです。

     

     

    2 現れた挑戦者


     ディベロップ・チームが相対したメガミの中で最強だったのはシーズン0のウツロでしょう。しかし、唯一彼女と決闘ができるメガミがいます。それこそがホノカです。


     ホノカは少なくとも「魔食」のような単体でゲームを決めうるカードこそなかったものの、現在の基準からすると非常に強力なカードを複数枚備えていました。

     


     わぁすごい。「森羅判証」、「大破鐘メガロベル」が多大なデメリットの上で許されているライフ回復効果です。それを1枚で、最大5回復をやってのけてしまいます。更に「この旗の名の下に」で延長することも可能です。

     


     わぁすごい。通常札でのライフ回復効果です。隙とはいえ、通ったときのアドバンテージは莫大でしょう。


     余談ですが、ホノカの6枚目の通常札はなかなかカードの骨格が決まらず、様々な種類のカードが試されています。そこには複数枚のぶっ壊れカードも含まれており、今後の連載でお目にかける機会もあるかもしれません。


     なお結果として刷られたのは「微光結界」(第参拡張でのカード更新で「指揮」へと更新)、この選択は失敗でした。「Thallya's Masterpiece」の教訓から感覚のマヒを恐れ、逆に弱く作りすぎてしまったことは痛恨でした。

     


     わぁ。


     ウツロの「影の壁」は主に3/1攻撃を無効にしますが、こちらはより強力な2/2攻撃を止めることができます。更に4/4の月影落のような非常に強力な攻撃も減衰させてオーラで受けやすく、現在のカードプールの中でも最強クラスの通常札対応でしょう。

     

     

    3 あふれ出る生命


     非常に強力なライフゲインと対応を備えたホノカは、超近距離で高い防御力を誇るユキヒと手を組み、テストプレイで離れ業を成し遂げました。

     


    攻撃    ふりはらい/たぐりよせ
    攻撃/全力   ふりまわし/つきさし
    行動     かさまわし
    行動/対応   ひきあし/もぐりこみ
    攻撃    精霊式
    行動/対応   桜花のお守り
    付与    命の風

    攻撃    ゆらりび
    行動/対応   くるりみ
    付与    満天の花道で


     

     このデッキはテストプレイでライフ10以上での勝利を成し遂げた2例のうちの一つです(もう一つもホノカ)。このデッキはユリナ・オボロ相手にライフ12で勝利しました。


    ユキヒの得意とする間合0に入り込むことで相手の連撃を防ぎ、さらにそれを強力な対応札でバックアップします。更にライフゲインを合わせることで絶望的なライフ差をつけることが可能でした。

     

     間合0で戦うデッキの一つの目標である、ダストを無くし、対戦相手の離脱を防ぐことにも「満天の花道で」は活用でき、特殊なデッキでなければ勝利することは困難だったでしょう。

     

     ホノカはライフゲインを持つにふさわしいフレイバーを持ち、また新幕ならば制限の少ないライフゲインを実装できるのではないかとディベロップ、デザイン両チームは検討を重ねましたが、やはりバランスとの両立が難しく、実装は見送られるに至っています。

     

     

    4 おわりに


     今回ご紹介したライフ10が増えるデッキの話はいかがでしたでしょうか。テストプレイではしばしば超常現象のような最終盤面が現れますが、これはその最たるものかもしれません。

     

     始まる前の決闘録・第四回はここまで、また次回「単純にすごく強いビート」の話をする時までお別れとさせていただきます。
     

     

    《前へ》      《目録へ》     《次へ》