『想い一枚ここにあり』第16回:斬

2019.10.18 Friday

0

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》

     

     こんにちは、BakaFireです。この攻略記事シリーズでは様々な大会で実績を残した名プレイヤーたちが思い入れのあるカード1枚を語ります。対象は初級者から中級者であり、カードのもう一歩先の使い方を身につけるにはうってつけと言えるでしょう。分量も少なめなので気楽に読めます。
     
     著者の決め方を新しいルールで進めています。そして第14回にてシーズン3までの5勝0敗達成者全員への依頼が終わりましたので、第15回からは大規模イベントで4勝1敗を達成した方々に無作為な順で依頼を進めております。
     
     それでは、今回の著者を紹介いたしましょう!

     


    著者紹介:aRashI​
    第三回全国大会「天音杯」4勝1敗。名古屋ならびに関西の強豪。天音杯から頭角を現した新星のひとりである。


     

    想い一枚ここにあり
    第16回:斬

    著:aRashI​

     

    ・はじめに

     

    皆さんこんにちは。名古屋だったり関西だったりでふるよにをしていますaRashIです。

    いつもTwitterで騒いでいるのでよかったら遊んであげてください(@aRashI_zz)。

     

    さて、今回僕が紹介するのはそんなTwitter上でちょっとした話題になり、思い入れの深い一枚である「斬」についてです。

     

     

    ・斬ってどんなカード?

     

    3-4,3/1効果は特になし。実にわかりやすいですね。流石、メガミNo1、カードNo1のカードです。ある程度ふるよにを遊んだことのあるプレイヤーならば「3/1はライフで受ける」のセオリーの下、「ライフが1点取れる通常札」として知られていると思います。

     

    しかし、他にも3/1の通常札はいくつか存在します。それらと比較したときの斬の強みとは何でしょうか。それはずばり「間合」です。

     

    序盤の折衝でお互いが素直な前進を続けた場合、基本的には先手でも山札1巡目の間に間合4までたどり着くことが出来ます。ここで斬の「間合4」が活きてきます。

     

    1巡目から使用できる3/1の通常札といえば他に薙斬りが該当しますが、薙斬りとは「間合3」で使用出来るかどうかで差別化出来ます。

     

    現状、間合2に収束することの多いこのゲームにおいて離脱だけで使用出来ることは扱いやすさに大きく影響します。

     

    以上の特徴から斬というカードは「1巡目とそれ以降、無理なく相手のライフを1点取り続けられる通常札」であるといえます。

     

    ※1巡目から使用できると書きましたが、間合4とはあらゆるメガミの攻撃が飛んでくるとても危険な間合です。相手の反撃をしっかりと予測したうえで本当に近づくのか考えましょう!

     

     

    ・ユリナの持つ斬

     

    「3/1はライフで受ける」と当たり前のように書いてしまいましたが、オーラで受けることに裏目が無ければ上手いプレイヤーにはオーラで受けられてしまいライフにダメージを与えることが出来ません。

     

    しかし、ユリナのカードには一閃、居合、月影落、天音揺波の底力などライフダメージ2以上のカードが多数存在し、斬をオーラ受けさせない圧が非常に高いです。

     

    シーズン4現在、通常札でデメリットや使用条件無しの3/1攻撃と2/2攻撃を両方持ち合わせているのはオリジン版ユリナただ1柱です。

     

     

    ・相性の良いメガミ

     

    ユリナには多数の強力なカードがあり、様々なメガミとのシナジーが考えられますが、ここではせっかくなので斬の強みを引き出す組み合わせをいくつかご紹介します。

     

    トコヨ

    梳流しや久遠の花といった-/1攻撃が斬と相まって相手のライフを瞬く間に溶かします。

    要返しによる再構成の遅延や、雅打ち、詩舞による防御力によって、相手からのクロックを許しません。

     

    オボロA

    なぜか手札に戻ってくる2/1攻撃札、手裏剣があります。2/1ならオーラで受けられてしまうのではと感じるかもしれませんが一閃、鋼糸を続けて使用されてしまうとライフに2点入ってしまうため、安易なオーラ受けを許しません。

    また、神代枝で自分のライフを1点増やすことでライフリードを加速させることも出来ます。

     

    サリヤ

    斬と並んでトップクラスの扱いやすさを誇る3/1攻撃札、Waving Edgeがあります。サリヤの特性「騎動」によって斬を使用するための離脱すら不要になる他、サリヤの燃料が無くなってしまうと攻撃できないという弱点をユリナの高い攻撃力がカバーしています。

     

     

    ・最後に

     

    ユリナとは、間合を合わせて攻撃するというまさしくふるよにの基本にして王道のメガミです。基本に忠実であるからこそユリナを理解したとき、ふるよにというゲームの奥深さにも気付けるのだと思います。僕と一緒に最強のユリナ使いを目指しましょう!!!

     

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》