『想い一枚ここにあり』第15回:Roaring

2019.10.11 Friday

0

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》

     

     こんにちは、BakaFireです。この攻略記事シリーズでは様々な大会で実績を残した名プレイヤーたちが思い入れのあるカード1枚を語ります。対象は初級者から中級者であり、カードのもう一歩先の使い方を身につけるにはうってつけと言えるでしょう。分量も少なめなので気楽に読めます。
     
     著者の決め方を新しいルールで進めています。そして前回にてシーズン3までの5勝0敗達成者全員への依頼が終わりましたので、今回からは大規模イベントで4勝1敗を達成した方々に無作為な順で依頼を進めております。
     
     それでは、今回の著者を紹介いたしましょう!

     


    著者紹介:ガソタム
    シーズン1大規模4勝1敗、第三回全国大会「天音杯」4勝1敗。独特かつ鋭い切り口でのデッキ構築に定評のある関東の強豪。


     

    想い一枚ここにあり
    第15回:Roaring

    著:ガソタム

     

     

    こんにちは。関東でふるよにをしているガソタムです。
     
    突然ですが皆さんはロアリングは強いと思いますか?昔の私は雑魚だと思っていました。燃料を使えば攻撃の為の燃料が足りなくなり、燃料を回復すればリソースカツカツで何もできなくなる、更には美少女カードゲームなのに変な光る箱しかイラストに書いていないという、サリヤの最も弱いカードだと思っていました。


    しかし、天音杯を前に苦しんでいた私を救ったのはロアリングでした。今までの自分はロアリングの使い方を知らなかっただけなのです。ロアリングは「用法用量を守って正しく使う」必要のある医薬品だったのです。病気でもないのに使うべきではなく、また病気でも大量に摂取してはいけないものでした。いきなりこんな事を言われても困惑してしまうと思うので、なぜ医薬品なのか真面目に解説します。

     

     
    ・用法について

     

    ロアリングは集中力と燃料に関する効果しか持たないという、本質的に勝利条件に関係の無いカードです。その為、このカードが何故勝利するために必要なのか?ロアリングのどの効果をどの目的で使うのか?を考えなければいけません。なので「病気=ロアリングで解決したい問題」をそもそも抱えていなければ採用する意味はありません。


     
    ・用量について


    ロアリングの2燃焼効果は使うととても気持ちがいいです。しかし、サリヤは燃料を消費せずに攻撃する方法がありません。その為、攻撃の為の燃料をむやみに消費してしまうと攻撃力不足に陥ります。


    また、ロアリングの回復効果ははっきり言ってとても弱いです。自分の手札1枚+集中力2を消費する事は相手の4/3居合をオーラで受けるのと同じ量のリソース損をします。なのでロアリングに燃料を依存するようなデッキは基本的に話になりません。
    ロアリングの燃焼と回復を同時に使うのは、弱くはありませんが基本的に余裕がある時の暇つぶしなのでこれを目的に採用するほどではありません。


    上記の様にロアリングはとても使い辛い為、病気に適切な量を処方しないとかえって自分の首を締めてしまいます。
     
    ここまでで「用法用量を守って正しく使う」必要性はわかっていただけたと思うので具体的な用法を挙げていきます。
     


    ・先攻ロアリング


    みんな大好きな奴ですが、序盤のリソースというのは余りがちなのでそこまで有効な手ではありません。後半攻撃するための燃料を無駄に失うだけになります。しかし、以下のような目的なら有効です。


    〜蠎蠅1巡目の動きを大きく阻害する事に意味がある時(クルル対面など)
    ∩蠎蠅茲螢侫譽△鯊燭持ちたい場合の第2のスタントとして
    トランスフォームしたい時の燃焼用


    特にの使い方は変形後、追加基本動作として伏せられる為、役目を終えたロアリングが邪魔にならないのが嬉しいです。
     


    ・トコヨの境地の妨害


    これも人気ですが、超有効な手というわけではありません。トコヨの雅打ちは攻撃札1枚を無効にするのですが、ロアリングで境地を阻害しても結局手札を1枚消費してしまう為、攻撃札を打ち消されたのと状況はあまり変わりません。ロアリングを使いすぎて肝心のサリヤの攻撃札が使えなくなっては本末転倒なので使いどころを見極めましょう。
     


    ・相手の間合を固定する。手札を伏せさせる。


    レンジロック、クリンチ中にロアリングを使用すると、集中力の無い相手は手札を伏せて間合いの変更を行わなければいけなくなります。その為、そのターンの相手の打点が大きく減ります。最後の1ターンを生き延びる為の1手としてとても強力です。
     


    ・ヤクシャに変形した時の燃料回復


    燃料回復は弱いのですが、集中力が余りがちで、集中力を攻撃に変換したいような時(主にシンラやトコヨ対面)にはロアリングを使います。ただし、常世ノ月、立論などロアリングで燃料を回復できない不測の事態に備え、オメガバーストは使えるようにしておいた方が安全です。
     


    ・オメガバースト抜きヤクシャ


    オメガバーストは対応札であり、攻撃札では無い為、攻撃切り札の下位互換です(蛮族の思考)また、蛮族にオーラは要らない為、集中力を燃料に変換しても問題ありません。最大火力を目指すためにロアリングで燃料回復して、ヤクシャと切り札を絡めたリーサルを狙うのは強いです。


     
    ロアリングは普通に使うと弱いですが、よく研究し、目的を持って使うと無限の可能性を見せてくれます。この変な光る箱を研究して私と一緒にサリヤマスターを目指してみませんか?

     

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》