『想い一枚ここにあり』第12回:気炎万丈

2019.09.19 Thursday

0

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》

     

     こんにちは、BakaFireです。この攻略記事シリーズでは様々な大会で実績を残した名プレイヤーたちが思い入れのあるカード1枚を語ります。対象は初級者から中級者であり、カードのもう一歩先の使い方を身につけるにはうってつけと言えるでしょう。分量も少なめなので気楽に読めます。
     
     前回より著者の決め方を新しいルールで進め始めました。これまでの(『新幕』の)大規模イベントで5勝0敗を達成し、決勝トーナメントへと残ったプレイヤーの中から無作為に選択するのです。そして全員に依頼し終えたら4勝1敗のプレイヤーへと移ります。
     
     それでは、今回の著者を紹介いたしましょう!

     


    著者紹介:きくしょー
    シーズン1大規模大会ベスト4。ユリナ、そしてパワフルなビートダウンを得意とする関西地方の強豪。


     

    想い一枚ここにあり
    第12回:気炎万丈

    著:きくしょー

     

     

    はじめに

     

    皆さん初めまして、きくしょーと申します。思い入れのあるカードについてとのことですので、今回は幾度となく窮地を救ってくれたこのカード、気炎万丈について紹介していきます!

     

     

    気炎万丈というカードが持つ性質について

     

    まず一つ知っておいて欲しいことは、気炎万丈は非常に不安定なカードであるということです。その理由は3つあります。まず一つが《全力》《付与》というカードタイプです。このタイプを持つカードはダストが存在しないとオーラから納を乗せる必要があるため、使用できるタイミングが限られます。

     

    そして二つ目の理由が効果の発動条件が決死であることです。というのも、決死であるということは、相手の攻撃で倒しきられてしまう状態に近いからです。この状態で全力札の使用を行うことが危険な行為であることは言うまでもありません。

     

    最後に三つ目の理由が、効果が使える自分のターンが1ターンだけということです。その1ターンの引きが、気炎万丈の効果が発揮できるカードかどうかによって、勝ち負けが左右されてしまうため、効果を安定させるには工夫が必要です。

     

    このように気炎万丈は、不安定なカードではあります。しかしながら、綺麗に決まれば効果がとても大きいため、普通に決闘を進めても敗北してしまう相手に使うことで、細い筋の勝ちを拾いに行くことの出来る“底力”を持つユリナに相応しい一枚ではないかと思っています。

     

     

    相性のいいメガミ

     

    さて、前述のような不安定さを乗り越えて初めて恩恵を受けられる、気炎万丈の効果はどういったものだったでしょうか。カードには、【展開中】決死-あなたのライフが3以下ならば、あなたの他のメガミによる《攻撃》は+1/+1になるとともに超克を得る、とあります。 そう、他のメガミによる《攻撃》という部分があるために、

     

    他のメガミの《攻撃》カードを多めに採用しなければ機能せず、まともな攻撃札を持たないメガミでは、気炎万丈を使用することによるリターンが見込めないのです。では、気炎万丈と相性が良いとされるメガミはどのような性質を持つのでしょうか。気炎万丈の効果は他のメガミの《攻撃》であれば4/5であろうが1/1であろうが+1/+1してくれます。なので4/5を一回打てるだけのメガミより、1/1を4回打てるメガミの方が、総合打点が増えるため気炎万丈との相性が良いです。ここでは、そのような性質を持ち合わせている、気炎万丈と相性が良いメガミ2柱との構築を紹介します。

     

    ユリナ/サイネ

    斬、一閃、柄打ち、気炎万丈、薙切り、八方振り、石突//律動弧戟、音無砕氷、氷雨細雨の果ての果て

     

    ダストが無い状態であっても、気炎万丈をしやすい構築になっています。八相状態の石突、ライフ一点分軽減できる音無砕氷がある上に、氷雨細雨の果ての果てというカードが超克と+1/+1を得て6/6と化しているため、攻撃切札の使用を許しません。そうして守り切った後は、2/2 2/2 3/3という暴力装置と化した律動弧戟が圧殺してくれます。

     

    ユリナ/サリヤ

    斬、一閃、柄打ち、気炎万丈、Waving Edge、Burning Steam、Turbo Switch //Julia’s BlackBox、Omega-Burst、Alpha-Edge

     

    引きに左右されることがほぼ無い気炎万丈を実現できる構成です。序盤にAlpha-EdgeとWaving Edge&Burning Steam で燃焼とダスト供給を達成した後に、Julia’s BlackBoxでForm:YAKUSHAに変形します。そうすることで気炎万丈を使用した後のカードの引きに依存せず、2/2と化したAlpha-Edge と3/2と化したBeta-Edgeの嵐が対戦相手を襲います。気炎万丈使用後の守りも盤石で、Turbo-SwitchとOmega-Burstの二枚があれば相当堅い守りであることは皆さんご存知の通りです。(使わなかったTurbo-SwitchもBeta-Edgeの弾に出来るので安心して構えられます。)

     

     

    最後に

     

    何度も述べている通り、気炎万丈は不安定なカードで、使用するためにはいくつも条件をクリアしなければなりません。しかしながら、そのために試合の流れを読み切

     

    り、使用できるターンを作り、1ターン守り切り、圧倒的な攻撃力で相手を倒すという流れを実行出来た時には、とてもうまぶることが出来て楽しい1枚です。きつい対面に当たった時に思い出してみてください。

     

     

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》