2019年8月禁止改定

2019.08.05 Monday

0

     私どもはバランス調整の宣言と、それに基づく理念に従い毎月第一月曜日にカードの禁止改訂を行います。この記事はその2019年8月のものです。禁止カードを出すことそのものについて疑問や不安を感じる方は、宣言あるいはそれを要約した理念をご一読いただければ幸いです。

     

    2019年8月禁止カード

     

    なし

     

     こんにちは、BakaFireです。シーズン4が始まってから約2か月がたち、今の環境についての理解も深まってまいりました。そして9月22日に北海道での大交流祭が控えていることもあり、私どもは今月の禁止改定に向けては特に丁寧に取り組みました。
     
     禁止を行うべきかどうかバランス調整チームと幾度に渡って丁寧に議論し、最終的には禁止カードは出さないべきであると結論付けられました。現状における私どもの考えについて、説明させていただきましょう。
     
     今の環境に対して私どもは、過去最高に魅力的で楽しいものであり、特にカジュアルに遊ぶ範疇では今の環境で完成としても申し分ないほどに優れていると捉えています。
     
     この度の禁止改定に向け、バランス調整チームは強力と目されている組み合わせや構築を中心に実践し、意見交換を行いました。そして強力さ、理不尽さどちらの面においても禁止を要するほどに問題のあるデッキは現時点では発見されていないという結論で意見が一致しました。

     

     以上より、禁止が必須であるような要素は存在しません。

     


     そうなると次に考えたいのは理想的であるかどうかです。キャラクターゲームとしての在り方も踏まえ、大会などの競技的な場でもすべてのメガミを輝かせたいという理想に立つのであれば、今の環境には課題が残されているのは間違いありません。特に何柱かのメガミが(オリジン、アナザーのいずれにおいても)活躍しづらい状況にある点は強く憂慮しています(そして先月から述べている2つの小さな課題はこの課題の原因であると考えています)。

     

     それらの解決においてカードの更新を活用するのは当然です。
     
     では、禁止カードは有効でしょうか。実際のところ私どもはある一柱のカードに対して禁止カードを出すべきかどうか、相応の議論を行いました。そして結論として、禁止カードはさほど有効とはいいがたく、それに加えて熟練していないプレイヤーにとって本作を遊びづらくして、大会などのイベントへと参加するハードルを上げてしまう恐れもあると評価したのです。
     
     仮に禁止カードを出したとすれば、環境は間違いなく揺れるでしょう。しかし揺れ方を正しく予見するのは困難です。私どもが幸運に恵まれれば、今活躍できていない何柱かのメガミが活躍しやすい環境になる可能性はあります。しかし同じくらいには環境が悪化する可能性はあり、上記の恐れも踏まえると予想されるデメリットに対して禁止カードから得られる利益は(少なくとも今の時点では)見合っていないのです。

     


     私どもはこれらの課題に向け、禁止カードではなく、カード更新とスケジュールにおける向上のための計画を進めております。この計画はほぼ形になっておりますので、大規模イベントが終わったらすぐにでもお話しすることになるでしょう。
     
     
     本日はここまでとなります。次回の禁止改定は9月2日(月)となります。今シーズンの決算となるイベント9月22日(日)であるため、このタイミングで禁止カードは出さない見込みです。しかしながら、イベントに大きな問題を引き起こすデッキが発見されたならば行動に移す可能性は残されています。