2019年7月禁止改定

2019.07.01 Monday

0

     私どもはバランス調整の宣言と、それに基づく理念に従い毎月第一月曜日にカードの禁止改訂を行います。この記事はその2019年7月のものです。禁止カードを出すことそのものについて疑問や不安を感じる方は、宣言あるいはそれを要約した理念をご一読いただければ幸いです。

     

    2019年7月禁止カード

     

    なし

     

     こんにちは、BakaFireです。シーズン4も始まり約1ヶ月が経ちました。先週1週間に私は実に1年ぶりとなる休暇を取り、心身ともにリフレッシュしてまいりました。使い始めて5年が経って限界を感じつつあるPCも明日には新しくなり、どうやらこの記事が現行PCがこなす最後の仕事となりそうです。明後日からは様々な面で心機一転し、本作の次の展開に向けても、他の作品に向けても頑張ってまいります。
     
     そして次の展開といえば、本作のデジタル版である『桜降る代に決闘を 電子版』の公式サイトが本日7月1日にリニューアルいたしました。リリース時期も本年9月に決定し、本日打ち合わせてきたところによると今の進捗は順調であり、完成へのラストスパートに取り組んでいるとのことです。
     
     さらにリリースに向け、東京は秋葉原のトレーダー3号店ビルに本作の大看板が設置されました。本日7月1日より1か月程度掲載される見込みですので、近くにお住まいでしたらぜひともご覧になってくださいませ。お伺い頂くのが難しい方のためにtwitterに投稿された写真もこちらに掲載いたします。ご覧ください!

     


     
     さて、近況報告はこのくらいにして本題へと移りましょう。結論としては、今月に新たな禁止カードはありません。新たなシーズンとして最初の一月となるため私どもは環境への強い観察を続けてきましたが、今月の時点で禁止カードを出すべき理由は見出せませんでした。
     
     実際のところシーズン開始から1ヶ月では環境を語るには早すぎます。今の時点で禁止カードを出すとすればシーズン3におけるハガネ/Aウツロのように明確な問題があるデッキに限られますが、すばらしいことにそのようなデッキは発見されていません。
     
     先日の「今後の展望」でも書きましたが今の環境は実に魅力的です。特に『第参拡張』は禁止カードを出さないだけでなく、シーズン3のホノカのように勝ち辛いという面で問題のあるメガミも見当たりません。結論を出すには気が早いですが、現時点では私どもは『第参拡張』は大成功であると捉えています。
     
     もちろん今の環境が100%完璧だと言うつもりもありません。こちらも「今後の展望」で触れたとおり2種類の小さな課題を認識しており、それらは一部に重なりこそあるものの本質的には別の課題であると捉えています。今の時点でその課題を語り、禁止改訂が攻略記事の側面を帯びてしまうのは望むところではありませんので、これらの課題とシーズン5におけるそれらへの対策は10月以降にお話しいたします。
     
     次回の禁止改訂は8月5日(月)となります。今回シーズンの決算となるイベントは9月22日(日)であるため、禁止カードが必要ならば可能な限り来月に出すべきだと私どもは考えています。それゆえに良好な環境ではありますが、未発見の問題がないかどうかは依然として目を光らせ続けています。

    関連する記事