『想い一枚ここにあり』第4回:要返し

2019.04.26 Friday

0

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》

     

     こんにちは、BakaFireです。この攻略記事シリーズでは様々な大会で実績を残した名プレイヤーたちが思い入れのあるカード1枚を語ります。対象は初級者から中級者であり、カードのもう一歩先の使い方を身につけるにはうってつけと言えるでしょう。分量も少なめなので気楽に読めます。それでは、さっそくはじめましょう!

     

     

     


    著者紹介:舞茸
     第一回全国大会準優勝、第三回全国大会優勝。第一幕から本作を遊び続けて頂いている最古参の一人であり、特にトコヨを用いたコントロールを得意とする。



    想い一枚ここにあり
    第4回:要返し

    著:舞茸

     


    はじめまして、またはお久しぶり。舞茸です。
    きっとBakaさんは、私の事をトコヨを愛好する…とか古参…とか紹介として書いているので、勘の良い方はお気づきでしょう。今回は要返しについてです!

     

    要返しはそのシンプルな効果の中にトコヨが勝負を有利に立ち回る上で重要な要素が幾つもあります。その中から私が気づけた4つをお伝えする事で、私の考えるトコヨの魅力や立ち回りの考え方をお伝え出来ればと思います。

     


    .ーラを二個回復する

     

    書いてある事そのままなのですが、トコヨにとって大きな意味合いを持ちます。ここで重要なのは集中力を使わずにオーラを二個回復するという事です。

     

    トコヨにとって集中力は生命線です。しかしながら、相手の攻撃を出来ればオーラで受けたい物です。もし通常行動でこの両方の要求を満たそうとしたら当然手札を伏せなくてはなりません。そんな事をしてしまえばこちらから行える行動が弱くなってしまいますね?

     

    ですが、この要返しを使う事が出来ればその全ての要求に応える事が出来ます。しかも、晴舞台と違って集中力が2でなくても問題なく回復できるので、一度集中力を0にした次のターンでも使えるのです!

     


    強いカードを高い頻度で使う

     

    恐らくこれが現在最も多くのプレイヤーが意識している要返しの効果の要素でしょう。

    分かりやすく具体的に皆大好きユリナ/トコヨのデッキで考えてみます。

     

    【通常札】斬、一閃、柄打ち、居合、雅打ち、詩舞、要返し

     

    このデッキの場合、攻撃札は7枚中5枚だけですが、仮に要返しで二枚の攻撃札を回収したとしたら、9枚中7枚が攻撃カードとなります。しかも、境地状態の雅打ちは基本的に攻撃カード二枚分の仕事をするので、普通に殴りあえば殴り勝てるという筈です。

     

    そして、重要なのはトコヨの強力な対応カードを戻す事が出来るという事です。一度雅打ちを使ってしまったら、ユリナの居合やオボロの斬撃乱舞に無防備になってしまいます。しかしながら要返しを合わせる事で、雅打ちの回収とオーラの回復により隙を減らす事が出来るという訳です。

     


    Gぐ佞離ードをまとめて引く

     

    往々にしてまとめて振りたいカードという物があります。上のユリナ/トコヨの例で言えばユリナの通常攻撃札は振りたいカードです。しかしながら、トコヨは、雅打ちと詩舞という強力な対応カードを持つため、出来る事ならそれらを手札に持っておきたいです。

     

    この二つの要求は2枚同時に攻撃札を引く事によってのみかなえられる訳ですが、前もって要返しで積み込みを行う事で運に頼る事なく実現する事が出来るという訳です。

     


    ぅ薀ぅ佞1/3点回復する

     

    二幕以前からのプレイヤーにとってはこの要素こそが要返しの効果でしょう。(一時期、ユリナトコヨが自ら間合0に入って、攻撃カードではなく要返しによる再構成差で勝ちを狙う事もあったのです!)

     

    新幕は健全に攻撃カードを振り合うゲームになったので、要返しのライフ回復効果は目立たなくなりましたが、それでもトコヨにとっては大きな1/3点なのです。トコヨは久遠の花の存在から月影落などの大技切札を受ける事が基本的にありません。そのため、多くの場合1点を取り合うゲームをするのですが、この時1/3点だけでも確実に回復できるというのは大きい一歩になります。

     


    おわりに

     

    これだけ要返しの強さを説明しましたが、要返しを効果的に使うために手札に抱えるかというと、それは基本的に否です。トコヨにとって手札は出来るだけ対応カードを抱えておきたい場所ですからね。

     

    つまり、要返しは、山札から上手く引けた時に使うカードな訳です。じゃあ、ここまで整理してプレイングがどう変わるのかというと、それは要返しを引く前の行動です。

     

    ここで2/1をオーラ受けしても次のターン要返しを引ければ回復できるから次の攻撃に対応を吐こうだとか、確実に次の次のターンまでには要返しを引けるからここで集中力を切っても大丈夫だとか……

     

    ここから先はこの記事を読んだ皆さんなら、プレイしてれば分かっていくと思います。そしてきっとトコヨのリソース管理の楽しさに夢中になる筈です!

     

    《前へ》      《目録へ》      《次へ》