2018年8月禁止改定

2018.08.06 Monday

0

     私どもはバランス調整の宣言と、それに基づく理念(PC版)(スマートフォン版)に従い毎月第一月曜日にカードの禁止改訂を行います。この記事はその2018年8月のものです。禁止カードを出すことそのものについて疑問や不安を感じる方は、こちらよりリンクしている宣言か、それを要約した理念をご一読いただければ幸いです。

     

    2018年8月禁止カード

     

    全体で禁止

    Thallya's Masterpiece


     こんにちは、BakaFireです。7月28日には大規模大会、8月4日にはプレリリース大会が無事に終わり、これにてシーズン1のイベントはほぼ全てが終わったと言えます。そしてシーズン2に向け、今週には合計3本のゲームバランスに関する記事を予定しております。
     
     どの記事から読まれるかは分かりませんので、冒頭文は全ての記事で共通のものとしておきます。既にほかの記事でお読みの方は読み飛ばして頂ければと思います。

     

    冒頭文:シーズン1バランスへの全体評価

     

     これまではシーズン1の環境を楽しみ、研究を続けて下さったプレイヤーの皆様ができる限り楽しめるよう、私どもは可能な限りバランスに対して言及しないよう心掛けてまいりました。
     
     しかしながらシーズン1も終わり、シーズン2でのカード更新も目前に迫った今週には、今のゲームバランスに関する私どもの想いと考えを包み隠さず、可能な限り誠実にお話しさせて頂きます。
     
     6月の禁止改訂で軽く触れたとおり、現在のゲームバランスは(今後の拡張空間と引き換えに)もっとも整っていた『第二幕』の最終段階よりは崩れたものとなってしまっています。現状への評価を正直に申し上げますと『第二幕+第壱拡張』の時期(2017年3月〜7月)よりは良いバランスにあり、『第二幕決定版』(2017年10月〜12月)の時期よりは悪いバランスにあると考えています。『第二幕+第壱、第弐拡張』の時期(2017年8月〜10月)と比べるとどうなのかは微妙なところです。こういったバランス面の後退については私どもの力不足であり、深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。
     
     このように書くとバランスについて酷くネガティブで、崩壊しているように感じられるかもしれません。しかし誤解なさらないでください。『新幕』はゲーム全体を派手で鮮烈なものにすることに成功した上で、十分に魅力的だった『第二幕+第壱、第弐拡張』の時期と同程度には多くのメガミが輝ける状況を作れています。あくまで最も理想的だった状態から後退したという話なのです。
     
     実際、全体としては『第二幕』よりインフレーションした方向で魅力的なゲームに仕上がっています。しかしながら、バランスが後退したという点もまた事実であり、インフレーションについていけていないメガミがいる一方で、インフレーションするにしてもやりすぎている箇所があり、そして今後に問題となりうる潜在的なリスクも存在しています。
     
     私どもが理想のバランスを目指し続けると理念を掲げており、これらの課題全てに真摯に取り組んでいく意志がございます。それゆえに宣言した理念に従いカード更新を行います。
     
     幸いにしてバランス上の問題やリスクのうち、今見えているものの大半に対しては今回のカード更新でメスを入れられています(3つの記事のうち1つはこのカード更新に関するもので、今の環境についてより詳しく言及し、全てのカード更新への説明を行います)。

     


    残されてしまった2つの課題

     

     このようなバランスの事情から、私はこの3か月間、相当に悩み続けました。しかしそれ以上に、ここ2週間はより深く苦悩しつづけておりました。告白するとともに、皆様に深くお詫び申し上げなくてはなりません。
     
     カードの更新を経てもいまだ2つの課題が残ってしまうと分かったのです。こちらの記事ではそのうちの1つ、より重いものについて説明し、禁止改訂と言う形で解決を図らせて頂きます。

     

     カード更新は間違いなく合格点の仕上がりで、ゲームをより魅力的にしています。しかし残念ながら満点ではありませんでした。カード更新パックは7月の上旬には入稿しなければならなかったため、直近の事情、特に7月28日の大規模大会の結果を反映することはできませんでした。

     

     それゆえに、最もバランス上の問題が大きい事実を把握できず、カード更新に含めることができませんでした。結果として、大きな失敗1つと、小さな心配事2つを抱えてしまったと感じています。心配事については失敗とは限らないためここでは語りません。大きな失敗について歴史的な側面も含めて説明し、お詫び申し上げます。


     

    何が起こってしまったのか
     
     特に強力なメガミとして、ライラ、オボロ、クルルの順に戦略が発見され、話題が推移していったと私どもは把握しています(より細かくはカード更新の記事にて)。そしてそのいずれよりも後、7月頭ごろになってからサリヤが強力であると話題になっていきました。
     
     関東でも7月8日の交流祭でサリヤが大活躍し、そしてその場で幾らかの問題提起がなされました。私はその日のうちにカード更新の内容を話し合って手を入れ、どうにか「Form:YAKSYA」を更新内容に含めることはできました。
     
     しかし「Thallya's Masterpiece」までは手が回りませんでした。また「Form:YAKSYA」の更新内容もこのカードがきちんと輝き続けられる程度の調整にとどまります(長期的に見れば正しい判断ではあります)。そしてさらに厄介なことにサリヤはそこから研究がさらに進み、最終的にはこれまで強力とされてきたいずれのメガミよりも問題が大きいと分かってしまったのです。
     
     そして先に述べたライラ、オボロなどを含む数柱は強力であるゆえに、それぞれ小さな(禁止カードを出すほどではない)問題を抱えています。そしてこれらの問題を私どもは把握していたため、カード更新で解決できるようにしています。しかしこうなるとサリヤの問題はより致命的になります。多くの課題が解決された上で、サリヤだけが中程度の問題を抱えたまま放置されてしまうのです。
     
     シーズン1では小さな問題たちが積み重なることで互いにぶつかり合い、結果として問題とはあまり感じられないという状況も目立ちました。しかしそれらの問題が取り除かれることになると、シーズン1よりも悪い状況になることは想像に難しくありません。
     
     私どもはここまでの結論に至った時点で、シーズン2を待たずにカードを禁止させて頂くことにいたしました。大会などの結果を踏まえた方が安全なのは確かです。しかし私どもは全てのプレイヤーの皆様に誠実であるよう心掛けており、楽しむためにお越しいただいた方に理不尽な体験をさせてしまう可能性はできる限り取り除くべきと考えております。私どもが大きく問題であると判断している環境を放置するのはまさしく不実であり、さらに言うならば私個人はそのような自分を決して許せません。
     
     以上を踏まえ、サリヤのカードの中で最も問題があり、さらにカードの更新も行われない「Thallya's Masterpiece」を禁止させて頂きます。これらの事情により、この禁止はシーズン2の間継続します。
     
     この失敗について、私どもバランス調整チームの力不足と非難されたとしても、何一つ返す言葉はございません。私どもに十分な実力があれば環境をより先んじて把握し、カード更新を通してサリヤの問題を解決することはできたはずです。これらについて深くお詫びし申し上げます。重ね重ね、誠に申し訳ございませんでした。
     
     今後の改善策につきましては、こちらの記事の最後に書かせて頂きます。

     


    サリヤの何が問題なのか?

     

     ここまでで歴史的な側面と、実際に行う禁止措置は説明させて頂きました。次は、サリヤがどのように問題であるのかを説明させて頂きます。
     
     サリヤの問題点は多岐にわたります。まとめると、以下の4点になります。
     
    1:攻撃力が高い
    2:防御力が高い
    3:弱点がない
    4:理不尽かつ強力な動きがある

     

     これらを見ると私どもがひどく愚かであるように感じられ、自省の念に駆られてしまいます。しかし、環境全体として見ても早くて6月末、洗練されたという意味では7月下旬になるまでサリヤが強く話題にならず、むしろオボロやライラの方が問題視されていたのは事実です。これはどういうことでしょうか。
     
     それはサリヤの問題が複合的なものであり、使い方が洗練されるまでは問題として認知されづらいものだったためです。実のところ、1、2、3についてはそれぞれ単独で見る範囲では問題と呼べる水準ではありません。これらが全て揃ってやっと小さな問題と呼べる程度であり、そして全て揃っていると言っても勝ち目がないほどではないのです。
     
     4の強力な動きは「Form:YAKSYA」と「Thallya's Masterpiece」の組み合わせによるものです。「Beta-Edge」の騎動前進と「Thallya's Masterpiece」による後退、あるいはその逆を組み合わせることでリソースが許す限り「Beta-Edge」を撃ち続けられます。別のルートとして、間合2から「Beta-Edge」を使用し、間合0へと潜り続ける動きも強力です。
     
     しかしこれも単独では驚きのあるコンボに過ぎず、問題と呼ぶほどではありません。ですが、1から3と両立するとなると話は違います。これらと組み合わさるがゆえにコンボは安定し、他方でコンボの存在が1から3の強みを底上げしてしまいました。
     
     それに加え、このコンボには理不尽さがあります。それも単独なら問題ではないですが、2や3と組み合わせるがゆえに理不尽さに加え、どうしようもないという感覚を与えてしまいやすく、大会などにお越しいただいたプレイヤーの方に不愉快でひどく疲れた感覚を与えてしまう恐れがあります。
     
     これについては、特に『新幕』から本作を始めて下さった皆様に対して強い申し訳なさを感じております。そして、このような体験を繰り返さないためにも今回の禁止へと踏み切らせていただきました。

     


    今後の改善策はあるか?

     

     最後に、今回の私どもの失敗を踏まえ、改善策をお話しいたします。
     
     今後は「次の拡張に向けたカードのバランス調整」と「カードの更新」の切り分けをより大きくして、現在のバランス調整チームは前者を重く見るようにいたします。今回の反省点として、2つの調整案件を1つのチームで見ていたため拡張の調整に集中せざるを得ず、環境を見ることへの意識が少しおろそかになってしまったと考えています。
     
     他方で、後者についてはより幅広く生に近い意見を拾えるよう、現在のバランス調整チームに所属していないプレイヤーをゲストテスターとしてお呼びし、「カードの更新」を専門にしたプレイテストを開催します(今のバランス調整チームも、全員とは限りませんが参加します)。
     
     前者は新たなメガミやアナザー版メガミなどの秘密にするべき情報を扱うため、安易に人を増やせませんが、カードの更新であればより広いプレイヤーをお呼びしても問題ないと判断したのです。
     
     このやり方について関東の意見を拾うべきなのは当然ですが、それ以上に私個人としては関西の意見を上手く拾えていない点を憂慮しています。関西は関東に次いで大きいコミュニティであり、そこに所属する実力者たちは決して無視すべきではありません。
     
    (もちろん中部、九州、北海道なども重要ですが、すべてをカバーしようとするのは無理がありすぎるのも事実です。ご容赦ください)
     
     関東と比べて地理的な距離ゆえに、いくらかの難しさがあるため悩ましいところではあります。どのようにすべきかは決めてはいませんが、場合によっては私が直接関西までお邪魔させて頂き、そこでご意見を頂くための日を設けるかもしれません。
     
     
     本日は以上となります。次回の禁止改訂は9月3日(月)となります。シーズン2が出て最初の禁止改訂であるため、私どもは8月の大会環境には特に注意深く目を凝らすつもりです。

    関連する記事