もっと悪いことをしましょう

2018.04.06 Friday

0

     こんにちは、BakaFireです。先週の記事で『新幕』の第一報をお届けし、今週にも例外的な記事にてゲームマーケット2018春での出展内容の第一報をお届けしました。どちらも大きなお知らせですので、もしまだお読みでないのならば、是非とも先に読んでみてください。
     
     今回は『新幕』の第二報として、新たなボードとシンラの話をさせて頂きましょう。
     
     先日のゲームマーケット大阪で体験版を手に取った方の中には、ボードの左側に謎の物体があったことに気付いた方もいたかもしれません。そうです。ボードもよりボードゲームらしく、豪華で遊びやすい仕上がりとなるよう改良を行ったのです。ご覧ください。これが新しいボードです。
     
     


     お分かりいただけるでしょうか。左側にもジグソーが追加されており、ボードを拡張できるようになっているのです。どう使うのか? 計略ボード、ボードクローザー、それら全てが結合した姿をご覧ください。
     
     


     このボードのアイデアは、最初はサリヤのマシンタロットをボードにしたいというところから始まりました。タロットカードだとどこに置くのかが迷いやすいうえに、その上のトークンを動かす際に一緒に滑ってしまいがちです。そこで、十分な厚みと重さを持ったボードにして、本体のボードと結合できるようにしました。
     
     さらに嬉しいことに、このやり方には拡張性があります。サリヤのような特殊な要素を持つメガミであれば、このようなボードを1枚付属させればよいのです。ボードが広がりすぎてしまう心配もありません。自分側が宿すのは高々2柱ですからね。
     
     ではこの計略ボードは誰が使うのでしょうか。あなたならばお判りでしょう。そう、新たなシンラが用いるのです。シンラは11柱の中で唯一、『新幕』で特性が変化しました。このボードは新たな特性「計略」で使用するのです。
     
     少しばかりゲームデザインの話もしましょう。私どもは昔の特性「論壇」を小さな失敗と捉えています。魅力がないわけではありません。しかし「立論」では弱さの原因だったため取り除かれ、「引用」では意味はありますが論壇を使う必然性はなく、本当に魅力的なカードは「森羅判証」だけだと考えています。そして何よりも、「論壇」は概ね「機巧(付与)」です。
     
     そこで『新幕』に至るにあたり「論壇」は取り除き、シンラの新たな個性となる特性を加えることにしたのです。誤解しないでほしいのは、シンラが付与に注目するという個性は否定していないという点です。しかしそれは「森羅判証」を中心としたカードの効果で十分なのです。
     
     それではご覧ください。シンラの新たなメガミタロット、計略トークン、そして新たな「詭弁」をお見せしましょう。
     
     

     

     

     計略は秘密裏に企てられた陰謀を意味します。計略ボードは上側の枠が「使用」、下側の枠が「不使用」となっており、そこに計略トークンを裏向きで置いて使います。そして、計略を実行するカードを使用したらトークンを表向きにし、使用される効果を解決します。
     
     最大の特徴は、計略を実行したら、直ちに次の計略を準備しなければならないことです。つまり、次にどちらの効果が有効なのかは事前に判断しておかなくてはならないのです。一方で対戦相手にしてみれば、相手がどちらの計略を準備しているのかを読む必要があるとも言えるでしょう。
     
     もう一点。『第二幕』を遊んで頂いているのであれば、この「詭弁」がどう見てもおかしな強さをしているのはお判りでしょう。ご安心ください。これが『新幕』におけるカードパワーです。ライフの増加と離脱の追加(詳しくは『新幕』開発に関する記事にて)により、パワフルなカードを作れるようになりました(全力のように隙をさらすカードであればなおさらです)。『新幕』では本作の今の魅力を可能な限り残したうえで、より鮮烈な体験ができるようになるのです!
     
     
     本日はここまでとなります。次の更新は来週で、全国大会のレポートを予定しております。そう、明日はいよいよ全国大会の本戦です。サイドイベントはまだ席が空いておりますので、今からでも参戦は可能です。予選を通過されている方も、そうでない方も、あなたのご参加を心からお待ちしております!
     
    (クルル特集は早く書きたいのですが、まだ原稿が残っているのです。うぎごごご……)