達人セット再版と第伍拡張のロードマップをお知らせ

2020.07.31 Friday

0

     こんにちは、BakaFireです。本日は様々な情報をがっつりとお伝えするべく筆を執らせていただきました。本日から9月上旬までの計画が中々に込み入ったものとなり、今後の展望で6月にお伝えした形では整理しきれません。ゆえにここでひとつ『第伍拡張』に向けた私どもの計画を改めてお伝えしようというわけです。

     

     それでは、さっそくはじめましょう!

     

     

     

    7月19日-30日
    公式小説『八葉鏡の徒桜』短期集中連載

     

     私どもはまさしく昨日まで公式小説『八葉鏡の徒桜』の短期集中連載を行っていました。エピソード5−3から6−7の合計9話を掲載し、メガミたちの活躍と新たな(アナザー版)メガミたちの登場を描きました。中々に詰まった連載だったため、まだお読みでない方も多いでしょう。ここからの掲載はペースを落としますので、ぜひともご都合がよい時にお読みいただければ嬉しい限りです。

     

     ストーリーをお楽しみいただいている皆様もご安心ください。6−7は相当にわけのわからない内容で終わっており、ここからしばらく休載しては不親切もいいところです。以降しばらくの連載は概ね週刊から隔週のペースで進んでいきます。
     
     今後も引き続き『八葉鏡の徒桜』、そして旅の先に待つヤツハの後半戦にお付き合いいただければ幸いです。

     

     

    7月31日
    カードゲーマーvol.53に広告、記事が掲載!

     

     今日です! 株式会社ホビージャパン様から発売するカードゲーム専門誌、カードゲーマーのvol.53に本作『桜降る代に決闘を』の広告が再び掲載されます。さらにカードゲーマーの記者の皆様による紹介記事や、なぜか私が出ている漫画も掲載されています。
     
     この記事は単なるゲームの紹介記事ではありません。この記事の画像に描かれたメガミに見覚えはありますでしょうか。彼女はまさしく昨日に公開した『八葉鏡の徒桜』エピソード6−7で初登場し、カードがプレビューされた新たなメガミです。
     
     そしてカードゲーマー様の記事では彼女――メグミに関する詳細情報とさらなる2種のカードのプレビューが行われております。いち早く彼女の情報を入手したい方はぜひともカードゲーマーvol.53を手に取ってみてください。

     

     より詳しく知りたい場合はこちらの記事もご参照ください。

     

    (追記)

    記事内の「森羅判証」の画像が誤ってシーズン5開発中の没案となってしまっております。誠に申し訳ございません。シーズン6において「森羅判証」へのカード更新は予定されておりません。こちらにて訂正し、お詫び申し上げます。

     

    8月5日
    小説書籍版『桜降る代の神語り 第2巻』発売!

     

     ここからは未来の話となります。今週が現行小説の特集だとすれば、来週は過去の小説に注目すべきでしょう。前シリーズの書籍版『桜降る代の神語り 第2巻』がいよいよ発売します。
     
     新たな口絵、挿絵はもちろんのこと、本作にはプロモーションカード「闇昏千影の生きる道」が封入され、さらにイエローサブマリン様で1巻か2巻のどちらかをお求めいただければ特典としてプロモーションタロット「Aトコヨ」も手に入ります。
     
     新たな形で本作の物語に再び触れてみてはいかがでしょうか。この先の物語が形になるかどうかは皆様の応援次第です。なにとぞ応援いただければありがたい限りです。

     

     より詳しく知りたい場合はこちらの記事もご参照ください。

     

     

    8月8日-9日
    オンライン大決戦、開催!

     

     

     新型コロナウイルスの影響によりシーズン5を締めくくる大規模イベントの開催は難しいものとなってしまいました。そこで私どもはそれに代わるイベントとして、2020年3月当時の環境でのオンラインによる大規模イベントを開催いたします。

     

     現在、本イベントはひとまず満席となっておりますが、欠席連絡などの影響で少しだけ空席ができております。本日まで様々な原稿や告知計画が忙しく手が回っておらず、誠に申し訳ございません。明日1日に参加者を整理し、ご連絡を差し上げますのでお待ちくださいませ。
     
     また、参加を希望される方は今のうちに申請をしておくと良いかもしれません。申請はこちらより可能です。

     

     より詳しく知りたい場合はこちらの記事もご参照ください。

     

     

    8月10日-14日
    第一次カードプレビュー期間とプレリリース開始!

     

     

     新たな拡張の発売が近づいたら何が待っているのでしょうか。そう、プレリリースです。これまで拡張の発売前には全国各地の交流祭にてプレリリースイベントを開催し、そちらで新たなメガミをいち早く体験できました。
     
     しかし今の情勢は様変わりしています。7月と8月は交流祭はお気楽交流祭として大会を中心としないイベントとしておりますし、その上で大人数が集まるイベントには参加を控える方もいらっしゃるでしょう。なればこそ、プレリリースもまた然るべき変化をしなくてはなりません。

     

     そこで今回のプレリリースでは、新たなメガミ・メグミの全カードをpdf形式で公開することにいたしました。8月10日にメグミの特集となる記事が掲載され、そこからカードプレビュー期間として何枚かのカードをプレビューしていきます。そして8月14日の夜に全カードを印刷できる形で公開いたします。
     
     ご自宅、近くのプレイスペース、あるいはお気楽交流祭などのイベントにて、いち早く新たなメガミをお楽しみくださいませ。
     
    注意:メグミは大会ではまだ使用できません。ご注意ください。

     

     

    8月16日
    ゲームマーケット出張版2020浅草に出展!

     

     

     8月16日に株式会社アークライト様より、これまでよりも小規模なゲームマーケットが浅草にて開催され、私どもBakaFire Partyも出展いたします。
     
     まずは8月5日に発売している公式小説の書籍版『桜降る代の神語り 第2巻』のキャンペーンが行われます。こちらのブースで1巻か2巻をお求め頂いた全ての方にプロモーションタロット「Aユリナ」をお贈りいたします。
     
     さらに14日より配布しているプレリリースカードを『第伍拡張』のリーフレットとしていい感じに印刷したものも無料で配布いたします。
     
     もしご都合が付けばお越しいただき、それぞれ受け取っていただければ嬉しい限りです。

     

    ※ プロモーションキャンペーンは当イベント限りのものではなく、今後のゲームマーケットでも予定しております。プレリリースカードは印刷がいい感じでメグミの大きいイラストが付属していますが、追加の情報はございません。感染拡大防止に向けた各自の判断のもとで無理のない形でお越しいただければ幸いです。

     

     

    8月28日
    『達人セット』がここに再版!

     

     

     大変ありがたいことに『達人セット』が品切れとなっております。『基本セット』の時と同様にこちらも皆様の応援のおかげでございます。本当にありがとうございます。それを受けて私どもは『達人セット』の再版を優先して進めるよう計画を切り替えました。

     

     理由は新規プレイヤーにより親切でありたいからです。新規プレイヤーはまず『基本セット』を手に取りますが、そこで気に入って頂けたら次は『達人セット』に手を伸ばします。しかしここが入手できないと他の拡張に手を伸ばすこともなく(人間は順番に手に入れたいものなのです)、最悪の場合は本作から離れてしまいます。
     
     新しいプレイヤーの入らないゲームに未来はありません。それゆえに『第伍拡張』をお待たせしている方には申し訳ない限りですが、こちらを優先する判断を下しました。同時に発売できると理想でしたが、新型コロナウイルスの影響で生産ラインそのものの制約も生まれており、それは不可能でした。

     

     『達人セット』が入手しやすくなり、カードゲーマー様での広告も機能すれば本作に興味をもってくださる方も今よりも増えるはずです。そのような中で『第伍拡張』発売に向けた盛り上がりをお見せできれば、より魅力的な試みになるという計画もございます。私どもの考えをご理解いただき、応援いただければ嬉しい限りです。

     

     『達人セット』の発売日は8月28日(金)です。新しい『達人セット』では大きな変更が行われます。これまでの『達人セット』は新幕シリーズの幕開けを記念した豪華な外箱で、そちらに12柱のメガミを収納できました。
     
     これは当時こそ最善でしたが今もそうとは限りません。メガミは18柱まで増えて多くのアナザー版メガミも存在するため、収納の面で最善の選択肢ではなくなっているのです。そこで外箱を通常のものへと切り替え、代わりによりお求めやすい価格にいたしました。

     

     カードの内容はシーズン6に準拠しています。また、ルールや書式統一を理由としたテキストの微調整も行われています(※)。こちらの発売に伴うシーズンの扱いにつきましては後日に別の記事でお伝えいたしますので、そちらをご覧ください。

     

    ※ こちらの理由での調整ではカードの挙動は変化しません。従ってカードの更新ではなく、カードの配布も行いません。ご了承ください。

     


    9月4日-10日
    第二次カードプレビュー期間と特設サイト公開!

     

     『第伍拡張』の正式な発売日は9月11日(金)に決定いたしました。折角ですので、こちらでタイトルとロゴもご覧いただきましょう。正式なタイトルは『第伍拡張:異語邂逅(コトガタリカイコウ)』となります。

     


     そして9月となれば発売は目の前です。9月4日には拡張の特設サイトが公開され、第二次のカードプレビュー期間が開始します。発売までの最後の1週間をお楽しみください。

     

     


    9月11日
    『第伍拡張:異語邂逅』発売!

     

     そして、発売です!
     

     

    補足:以上の計画は、今の時点で情報として伝えたほうが親切かつ魅力的だと判断したものしか書かれていません。『第伍拡張』のプレビューを中心に書かれていない計画も進んでいます。いわゆる「さぷらいず」にもご期待ください。
     
     それでは本日はここまでです。次はおそらく8月のオンライン大会についての記事でお会いすることになるでしょう。ご期待くださいませ。

    カードゲーマー様のvol.53に寄稿します!

    2020.07.27 Monday

    0

       

       こんにちは、BakaFireです。先々週の末から先週にかけて小説『八葉鏡の徒桜』の短期集中連載が始まり、それに伴って第伍拡張のプレビューも開始しました。それでは今週はどうでしょうか。大きめの計画をひとつお伝えいたします。

       

       株式会社ホビージャパン様より2020年7月31日に発売するカードゲーム専門誌、カードゲーマーのvol.53に本作『桜降る代に決闘を』の広告が再び掲載されます。さらにカードゲーマーの記者の皆様にご執筆頂いた本作の紹介記事と、なぜか私が登場している漫画も掲載されております。

       

       そしてそれだけではございません。公式小説の6−7で初登場した新たなメガミ・メグミに関する最速での情報と、2枚の新たなカードプレビューがございます。メグミの情報をいち早く手に入れたい方は必見です。

       

       この試みはかつての挑戦をさらに掘り下げるものです。本年1月にはボードゲームを扱う媒介だけでなく、TCGを中心に扱う場へと初めて広告を出稿しました。基本セットの再版とその成功のためにもボードゲームとTCG両方の気質を併せ持つという特性を生かし、新しい宣伝戦略を打ち出すべきだと判断したためです。

       

       その折には今後もカードゲーマー様に広告を寄稿する見込みであるともお伝えしました。3月は1月当時から計画しておらず、5月は新型コロナウイルスの影響で立ち消えましたが、今月7月こそは寄稿を行うべきと判断しました。

       

       未だあらゆるアナログゲームにとって厳しい情勢の中ですが、どうにかありがたいことにカードゲーム雑誌という場に再び機会が得られました。これも苦しい中応援してくださった皆様のおかげです。今回の試みも楽しみ、可能であれば手に取っていただければ嬉しい限りです。

       

       そしてそちらでの情報公開に合わせ、7月31日にはこちらのブログでも様々な告知を行います。この記事への追記と、新しい記事1本が公開される見込みです。ぜひともご期待いただければ嬉しい限りです。

       

       

      (追記)

      記事内の「森羅判証」の画像が誤ってシーズン5開発中の没案となってしまっております。誠に申し訳ございません。シーズン6において「森羅判証」へのカード更新は予定されておりません。こちらにて訂正し、お詫び申し上げます。

      新幕の中国語版でクラウドファンディング!

      2020.07.18 Saturday

      0

         こんにちは、BakaFireです。本日は喜ばしいニュースをお伝えするために筆を執らせていただきました。以前の展望で末尾に書いた『まだお伝え出来ない素敵な出来事』のひとつがようやくお伝えできるようになったのです。

         

        中国語版が帰ってくるぞ!

         

         そうです。本作の国際的な展開が再び始まります。前バージョンである『第二幕』シリーズでは英語版と中国語版が発売されていましたが、この度『新幕』シリーズでも中国語版の発売が決定いたしました。発売元は『第二幕』バージョンと同じく神秘島ゲームズ様となります。

         

         

         そして本日は中国語版をより魅力的にするための試みについてお伝えいたします。より豪華なバージョンや様々な特典を実現するために、まさに本日よりクラウドファンディングを開始しているのです。以下のページとなります。

         

        https://zhongchou.modian.com/item/99679.html

         

         リンク先の文章は当然ながら中国語となっておりますので、こちらにて日本語でもざっくりお伝えしましょう。

         

         まずはありがたいことに『基本セット』『達人セット』『第壱拡張:神語起譚』『第弐拡張:神語転晴』『第参拡張:零限突破』『第四拡張:大洋航路』の全てが中国語版で同時発売されます。カードはシーズン6に準拠しており、『第伍拡張』の有無を除いて日本と同じ環境となります。

         

         次に支援者への特典として、各種プロモーション集中力カードの中国語版が付属します。多額のご支援をくださった方は、より多くのカードを受け取れます。

         

         そしてストレッチゴールはこれで全てではございません。より多くのご支援を頂けたらより素晴らしいプレゼントをお贈りできるよう、神秘島ゲームズ様と計画を進めております。ご期待くださいませ!

         

         クラウドファンディングのご支援は日本からでも可能です。ただ、貨幣は人民元のみで、支払いの方法もAlipay、WECHAT PAY、中国のネット銀行での振り込みに限られるため、ハードルはいくらか高いかもしれません。

         

         ご支援とまでは行かない場合でも、もしお知り合いに本作の中国語版を期待している方をご存じでしたらこちらのページをご紹介いただければ嬉しい限りです。

         

         

         本日はここまでとなります。『まだお伝え出来ない素敵な出来事』や、本作の国際的な展開はこれで終わりではございません。今月の末ごろにもう一つ記事をお届けできる見込みですので、ご期待いただければ幸いです。

         

         もちろん今月の記事としては『第伍拡張』関連のものも計画しております。そちらも併せてご期待くださいませ!

        真・『神語り』書籍版2巻とともに書籍キャンペーンが到来!

        2020.07.09 Thursday

        0

           こんにちは、BakaFireです。本日は喜ばしいニュースをお伝えするために筆を執らせていただきました。以前の展望で末尾に書いた『まだお伝え出来ない素敵な出来事』のひとつがようやくお伝えできるようになったのです。ちなみにそれらの出来事は合計で3つもございます。本日はその中の1つ目となります。
           
          小説書籍第2巻が今度こそ発売だ!

           

           まずは8月5日に、KADOKAWAのドラゴンノベルス様より本作の公式小説『桜降る代に決闘を 桜降る代の神語り』2巻がいよいよ発売いたします。
           
           以前の記事で5月発売と告知しましたが、新型コロナウイルスによるゲームマーケット2020春の中止に伴い、発売の延期とキャンペーンの再計画が決定し、その旨も春の展望でお伝えしていました。そして喜ばしいことに、発売計画とキャンペーン計画の両方において問題が解決したという訳です。
           
           まずは完成した表紙をご覧いただきましょう。こちらとなります!
           

           

           

          書籍限定のPRカードももちろん付属!

           

           1巻でプロモーションカード版の「月影落」「律動弧戟」が同梱されたのと同様に、2巻でもプロモーションカードが付属すると以前にお伝えしました。もちろんその計画も変わっていません。
           
           1巻の2枚は人間時代の天音揺波と氷雨細音の決闘という、小説内の1シーンを表現したものでした。ゆえに2巻のカードも小説内のシーンを表しています。「闇昏千影の生きる道」です!

           

           

           

          小説キャンペーンも新たな計画にて実施!

           

           以前の記事ではキャンペーンのお知らせもございました。1巻で収録された口絵イラストを用いたアナザー版プロモーションタロット「第一章」ユリナと「旅芸人」トコヨがそれぞれ入手できるというものです。
           


           こちらは計画の変更に伴い、少しだけ調整されました。

           

           

          「旅芸人」トコヨは変わらずイエローサブマリン様で!

           

           「旅芸人」トコヨは以前の計画通りイエローサブマリン様でのキャンペーンとなります。2020年8月5日の発売以降、全国のイエローサブマリン様にて『桜降る代の神語り』の第1巻または第2巻をお求め頂ければ、1冊あたり1枚をお付けいたします


          「第一章」ユリナの初出はゲームマーケット出張版2020浅草だ!

           

           「第一章」ユリナがゲームマーケットでのキャンペーンとなることは変わりませんが、8月にはゲームマーケットは存在しないという問題がありました。しかし話は変わりました。今の状況からゲームマーケットを無理のない形で開催していき、アナログゲーム業界を可能な範囲で盛り上げていくための試みを株式会社アークライト様が実施したのです。
           
           それこそがゲームマーケット出張版2020浅草です。開催日は2020年8月16日(日)。私どもBakaFire Partyはそちらのイベントに参加いたします。そしてそこで『桜降る代の神語り』の第1巻ならびに第2巻を販売し、お求め頂いた1冊あたり1枚をお付けいたします
           
           ご注意ください。「第一章」ユリナのキャンペーンはこちらのイベントに限られたものではありません。2020年11月14日、15日開催のゲームマーケット2020秋ならびに未来のゲームマーケットにおいてもタロットがある限りは同じキャンペーンを実施し、可能な範囲で長期間にわたって入手機会を提供できるようにいたします。地理的な問題でお越しになるのが難しい方は無理をなさらず、情勢を踏まえた判断をご検討いただければ幸いです。


           

           本日はここまでとなります。7月の『まだお伝え出来ない素敵な出来事』はこれで終わりではございません。遠くないうちにもう一つ記事をお届けできる見込みですので、ご期待いただければ幸いです。
           
           もちろん今月の記事としては『第伍拡張』関連のものも計画しております。そちらも併せてご期待くださいませ!

          緊急事態宣言が再び発令された場合の方針

          2020.07.06 Monday

          0

             こんにちは、BakaFireです。ここ数週間にわたって日本国内における新型コロナウイルスの感染者数は東京を中心として再び増加しており、事態が悪化しつつあると評価しております。それにともない、緊急事態宣言が再び発される可能性も示唆されています。
             
             従って現状を踏まえ、万が一緊急事態宣言が再び発令された場合の私どもの指針を先にお伝えしておきます。
             
            緊急事態宣言が発令された場合

             

             緊急事態宣言が日本国内全域に及ぶ場合、その期間における国内のイベントは全て自粛します。

             

             緊急事態宣言が特定の都道府県に限られる場合、それらにより指定された都道府県で開催されるイベントに限り全て自粛します。

             

             これらの自粛が行われた場合、大変申し訳ございませんが私どもによる会場費の負担などは難しい状況にあります。ご容赦いただければありがたい限りです。
             
             範囲によらず緊急事態宣言が発令された場合は、お気楽交流祭の開催期間を改めて用意し、同様の参加賞も用意いたします。従って感染拡大防止のためにも、発令中には都道府県をまたいで移動して他の都道府県で開催されるイベントには参加しないようご配慮いただければ幸いです。

             

             この自粛は日本国内に限ったものであり、オンラインならびに国外(韓国、香港、台湾)におけるイベントには影響はありません。