第三回全国大会「天音杯」レポート

2019.04.16 Tuesday

0

     こんにちは、BakaFireです。過ぎし2019年3月30日。ついにこれまでで最大のイベント、第三回全国大会「天音杯」が開催されました。会場、出展内容、イベント内容などの全てが最も豪華であり、お越しいただいた全ての皆様に最大限お楽しみいただけるよう尽力いたしました。そしてお手伝いいただいたスタッフの皆様、マナーを守ってご参加いただいた全ての参加者の皆様のおかげで、無事に大成功で終えられました。本当にありがとうございます!

     参加者もまた過去最大を記録し、本戦に126名、サイドイベントや物販に137名の合計263名の方にご参加いただけました。サンシャインシティ文化会館の特別ホールという会場を選んだ際にはまた強い不安に苛まれておりましたが、皆様のおかげで満員御礼となりました。こちらにつきましても、お越しいただいた全ての方にお礼申し上げます。ありがとうございます!

     

     本日はお越しいただいた皆様にこの祭のことを振り返って頂くために、そして残念ながらお越しいただくのが難しかった皆様にこの祭を見て頂くために、レポートをお送りいたします。それでは、お楽しみくださいませ!

     

     

    ユリナの案内ポスターに、ウツロとホノカがお出迎えします!

     

     

    会場入り口はポスターも!

     

     

    本戦参加の皆様には名前を入れた名札を用意いたしました!


    新製品『祭札二〇一九』が先行発売!

     

     開場してまず始まったのは物販エリアです。そこでは本作の基本セットや拡張、様々なグッズが販売されました。その中でも看板商品は新製品となるカジュアルセット『祭札二〇一九』でした。4種類の気楽に遊べるルールに加え、多数の未公開ラフイラストを収録した設定資料集が付属。さっそく開封し、お楽しみいただいている方もいらっしゃいました。

     『祭札二〇一九』は4月12日に一般店舗でも発売しました。即ち現在は全国のゲームショップ様や、ネット通販でご購入いただきます。ぜひとも手に取ってみて頂けると嬉しい限りです。

     

    恒例のガチャも今回は番外編。あまからするめ先生による『ゆるい午後シーズン2』仕様となっております。

     

     

    開会式で『第参拡張』などの新展開も公開!

     

    開会式会場直前。開場には多くの参加者が集います。

     

     そして開場から1時間程度が経ち、開会式を迎えます。会場の諸注意やスケジュールなどなどもお話ししましたが、ここでお伝えすべきはそうではないでしょう。そうです。本作の今後に向けた様々な新展開をお伝えしたのです。

     中でも最大の目玉は『第参拡張:零限突破(ゼロゲントッパ)』、そして実に1年ぶり、ライラ以来となる新たなるメガミの発表でしょう。ええ、こちらの記事でもお見せいたしますとも。ご覧ください!

     

     

    新拡張、公開!

     

     


     小説『桜降る代の神語り』をじっくりお読みいただいている方は目にしたことがあるかもしれませんが、大半の方にとっては初見となる名前でしょう。『第参拡張』では新たなメガミとして北限を守護する氷のメガミ・コルヌが登場します。

     彼女は脚に身に着けた橇(そり)を象徴武器としており、氷上を舞うような蹴り技は実にパワフルです。しかし何よりも彼女を特徴づけているのはその特性「凍結」です。説明いたしましょう。

     カードの効果で相手のオーラに凍結カウンターを置くことができます。例えば「【攻撃後】相手は1回凍結する」といった具合ですね。凍結カウンターはオーラではありませんが、オーラの空きを埋めてしまいます。そしてそれを解かして取り除くためには、宿しを行わなくてはなりません(もちろんその「宿し」でフレアは増えません)。

     

     そう、彼女の攻めは極寒の大地のごとく厳しく過酷なのです。凍てついた体は守りを失い、そして膝をついた時には恐るべき攻撃が襲うのです。当日に発表された2枚のカードもご覧ください!

     

     

     新メガミの発表以外にも、先日のゲームマーケット2019大阪にて発表された『桜降る代の神語り』書籍化や、今後のストーリーの計画について五十嵐月夜先生に登壇して頂きました。こちらもご期待くださいませ!

     

     


    サイドイベントも盛りだくさんだ!

     

     開会式が終わり、いよいよイベントが開始します。今回は会場が2部屋に別れており、一方の部屋では本戦が、そしてもう一方では多彩なサイドイベントが開催されました。まずはサイドイベントについて、写真と共にご覧いただきましょう!

     

     

    会場には多数の参加者があふれかえり、想定以上の数の対戦卓が配置されることになりました。

     

     

    協力型ゲーム「叶世座公演」や「ふるよにTRPG」をさっそく遊んでいる方も見られました。

     

     

    TOKIAME先生の複製原画展も開催! 魅力的なキャラクターたちがハイクオリティな印刷で舞い踊ります。

     

     

    本戦会場内には新幕版の光る桜花結晶の展示も! 今回は自作のホノカちゃんフィギュアも横にいます。


    それでは果たして本戦は?

     

     サイドイベントの部屋では実に盛り上がった空気の中でイベントが楽しまれていましたが、もう一方の部屋はそれだけとは限りません。楽しげな空気の中にも緊張と集中が見え、真剣勝負の気配が満ち満ちています。

     

     

    試合直前。誰もが真剣な空気を纏います。

     


    会場奥では優勝賞品となるトロフィー、そして世界に1枚だけの優勝特典カードが展示されています。


     そして幕が開けます。全国から予選を勝ち上がった強豪しかいない以上、第一回戦から波乱の連続となるのは当然です。シーズン1、2、さらに過去の全国大会の覇者たちの誰もが全勝を果たすことはできず、実力者同士の戦いの過酷さがひしひしと感じられます。

     

     

    試合開始! 誰もが真剣の一言!


     そして第三回戦が終わり、全勝の15名が出揃いました。ぺんたさん、aRashIさん、そら@亡霊さん、ぽんこつさん、メル冥華さん、舞茸さん、771のおにいさん、アオギリさん、キリカさん、totさん、のわさん、くまねこさん、赤@古忍を返して下さいさん、ふぇりるさん、キシロさんとなります。その中にはシーズン3から本作を始めた方も何名かいらっしゃり、本作への新たな風を強く感じさせます。

     

     そして4回戦。ベスト8を巡り、戦いはさらに苛烈となります。多彩なメガミが存在するなか、特にユキヒの活躍が目覚ましい試合となりました。

     まずは舞茸さんがダストを見事に枯らして相手の「生きる道」ルートを封殺し、ベスト8へと最初の名乗りを上げます。

     次はそらさんが見事な立ち回りで「ゆらりび」を決め、勝利を掴みました。

     3人目は771のおにいさんです。「傘回し」によりダストを12に保持して終焉の影の復活を許しません。そして生まれた隙を見事に貫きました。

     キシロさんは実にパワフルに勝利をもぎ取ります。ヒミカ/Aトコヨの鮮烈な速攻戦略で相手を撃ちぬきました。

     ふぇりるさんはクリンチコントロール(※)での勝利です。「癇癪玉」でリソースを奪い、「たぐりよせ」で圧殺します。

    ※ 間合を0近くに寄せることで相手の攻撃を無力化するコントロールデッキの総称。

     キリカさんが苛烈な撃ち合いを制します。「Omega-Burst」を早めに開けさせ、Aトコヨ/ライラの最大打点を命中させました。

     ぺんたさんは実に素早く、リーサル以外で「ゆらりび」を撃ちこみます。それにはAオボロ/シンラに2回目の「森羅判証」を使わせない狙いがありました。見事な戦略眼で勝利!

     最後に勝ち上がったのはのわさんです。こちらのウツロはオリジン版。相手は「風魔纏廻」からの2度の「虚偽」を破れませんでした。

     

     結果として階段も崩れずベスト8が出揃うこととなりました。しかしまだまだ戦いは続きます。次はベスト4を巡った5回戦。キシロさんとのわさん、771のおにいさんとふぇりるさん、舞茸さんとそらさん、キリカさんとぺんたさんが激突します。

     

     まずはキシロさんとのわさんの対戦。三拾一捨の結果、キシロさんはヒミカ/Aトコヨ、のわさんはトコヨ/ライラを宿します。しかしこの試合は実にパワフルに、そして素早い決着を迎えました。キシロさんがヒミカ/Aトコヨによる怒涛の速攻戦略を決め、いち早く決勝トーナメントへと進出します。速攻への耐性もあり、のわさんが得意とするウツロを三拾一捨できちんと除いた点に的確な判断が光ります。

     

     続いては771のおにいさんとふぇりるさんの対戦です。三拾一捨の結果、771のおにいさんはオボロ/ライラ、ふぇりるさんはユリナA/オボロを宿します。ふぇりるさんが「柄打ち」「一閃」「鋼糸」などを駆使した中盤の攻めを上手く形にしてライフで大きくリードを取りました。771のおにいさんも終盤のリーサル形を作り攻め返しますがふぇりるさんは冷静です。マストカウンターとなる一撃を「不完全浦波嵐」で正しく捌き、逆転を許しませんでした。ふぇりるさんが決勝トーナメント進出となります。

     3戦目は舞茸さんとそらさん。三拾一捨の結果、舞茸さんはユリナ/オボロAを、そらさんはユキヒ/ライラを宿します。ビートダウン向きの2柱である舞茸さんに対してそらさんは高水準のクリンチコントロールを仕掛けます。ですが舞茸さんは相手の構築も重々承知。コントロールが決まるまでに十分な打点で先行し、コントロールの成立後も取れる打点を取って競り勝ちます。そらさんも十二分に見事なプレイングでしたが、舞茸さんはその上を行きました。決勝トーナメント進出です。

     

     時間切れ近くまでもつれ込んで最後の試合はキリカさんとぺんたさん。三拾一捨の結果、キリカさんはトコヨA/ウツロAを、ぺんたさんはAユリナ/ユキヒを宿します。この一戦を見事なコントロール戦略で支配したのはキリカさんでした。「残響装置:枢式」とトコヨの-/1攻撃でライフのリードを取り、トコヨとウツロによる3枚の対応カードで蓋をします。切札がなければこの守りは越えられませんが、切札を切ってダストを作れば終焉の影が別の形で試合に蓋をするのです。巧みな戦略で決勝トーナメントに進出!

     

     以上の結果、キシロさん、ふぇりるさん、舞茸さん、キリカさんの4名で決勝トーナメントが争われる形となりました。

     

     

    今回はニコニコ生放送もお届けしたぞ!

     

     本戦5回戦が終わったころ、サイドイベントの部屋でもほとんどのイベントが閉幕していました。大乱闘、縁ドラフト、随時選択などの大会や、叶世座公演、ふるよにTRPGなどの協力ゲームも全て一段落し、それらが遊ばれていたテーブルも片づけられます。

     場は再び開会式の状況に戻り、多くの参加者の皆様が着席してスクリーンを見られる形になりました。そうです。事前に当ブログでも告知させて頂いた通り、本大会の準決勝と決勝には実況と解説が付き、ニコニコ生放送で上映されたのです(※)。


    ※ 3回戦から5回戦もテスト放送として、フィーチャーテーブルが無音の形で放送されました。

     

     

    準決勝の放送風景。実況はBakaFire、解説はかよーだでお送りしております。

     

     会場にお越しいただき、部屋を満席に埋めて頂いた皆様だけではございません。ニコニコ生放送で試合をご覧いただき、コメントで盛り上げて下さった皆様にもこちらにてお礼申し上げます。もちろん、生放送を実現するためにお力添えを頂いた皆様や、解説としてご参加いただいたかよーださんとえりんさんにもお礼の言葉をお伝えします。皆様、本当にありがとうございました! そして、楽しんで頂けていればうれしい限りです。

     

     生放送、そして試合に対して実況と解説を行うという新たな試みをするためにも、今回の会場は部屋を2部屋に分けていました(これまでは実況の声がゲームの展開に影響を与えてはいけなかったため、実況は事実をただ盛り上げて話すことしかできなかったのです)。このやり方はより魅力的に感じられたため(毎回このようにするには会場規模が難しいですが)少なくとも次回の全国大会もこのようにしていきたいと考えております。

     また、今回は様々な点が初の試みであったため、生放送についてもこの時点でのベストを尽くしたに過ぎませんでした。生放送を取り入れたイベントには大きな魅力を感じておりますので、次は大規模イベントとは別に、生放送に最大限の力を入れたイベントにも挑戦してみたいと考えております。すでにアイデアもありますので、ご期待くださいませ!

     


    さあ、ついに準決勝だ!

     

     

    決戦の時。ここまでくると、全ての決断に意志が籠ります。

     

     さて、あらためていよいよ準決勝です。抽選の結果、準決勝第一試合では舞茸さんとキリカさんが、第二試合ではふぇりるさんとキシロさんが激突することになりました。

     まずは第一試合の舞茸さんとキリカさんの対戦です。三拾一捨の結果、舞茸さんはユリナ/トコヨを、キリカさんはライラ/Aウツロを宿すことになります。


    準決勝第一試合の動画はこちら!

     

     戦いの序盤は静かに立ち上がります。舞茸さんが巧みに盤面を整えながら間合を詰め、対するキリカさんも風雷ゲージを上げて準備を整えます。そしてキリカさんが「風走り」を駆使して素早くユリナの間合を飛び越え、近距離戦の流れとなります。

     ですが舞茸さんは的確なコントロールでペースを握らせません。「詩舞」「雅打ち」でライラの攻撃カードを捌き、「居合」でオーラを削って圧力をかけ、「無窮ノ風」で「影の壁」を落としてからの「斬」でライフもリードします。その後も「浮舟宿」を駆使して盤面を維持し、有利を重ねてライフ差を6対2まで広げます。

     しかしキリカさんにはフレアが貯まり、風雷ゲージも高まりつつあります。対する舞茸さんのフレアはほとんどありません。舞茸さんの「居合」を「虚偽」で躱し、舞茸さんの対応手段が限られる次のターン。「雷螺風神爪」「風魔招来孔」「風魔纏廻」「雷螺風神爪」と猛攻。ですが舞茸さんは「詩舞」をオーラを増やす方向に用いてオーラで受け、「風魔旋風」まで切らせます。ライフこそ3対2と詰めますが、キリカさんは攻め筋がかなり細くなりました。

     そして返しのターンに離脱から「跳ね兎」で間合4へ飛び、再起した「浮舟宿」で守りをさらに固めます。キリカさんは再構成から打開策を探しに行きますがライフはこれで1。次のターンに回った舞茸さんが4回の宿しから「久遠ノ花」を構えます。キリカさんは攻め手を失い投了。舞茸さんの勝利となりました。


     次は第二試合のふぇりるさんとキシロさんの対戦です。三拾一捨の結果、ふぇりるさんはAユリナ/オボロを、キシロさんはヒミカ/ライラを宿すことになります。


    準決勝第二試合の動画はこちら!

     

     まず先制したのはキシロさん。初手「呼び声」から「バックステップ」「レッドバレット」「風雷の知恵」で「バックステップ」を使いまわします。対するふぇりるさんは「足捌き」でヒミカの間合を素早く躱し、ライフの被害を1に抑えます。

     ですがキシロさんの構築はややライラに寄せたものでした。「獣爪」「流転爪」で攻め、巧みな使い回しで山札を管理します。対するふぇりるさんも負けていません。「鋼糸」からの「斬撃乱舞」で反撃。ライフは7対6で拮抗しています。

     そんな中でふぇりるさんが「一閃」「鋼糸」「乱打」「影菱」で攻撃を重ねますが、ここでキシロさんが驚くべき決断をします。オーラが5あるにもかかわらず、この全てを共にライフで受けることを選択。ライフは一気に1対6に転じます。そして山札1枚なので返しのターンも1焦燥1ドロー。

     一見して無謀にも見える手ですが、キシロさんは桜花結晶の個数を見事に計算していました。「風雷撃」「クリムゾンゼロ」でゲージを溜め切り、「風魔招来孔」。「風魔纏廻」から再び「クリムゾンゼロ」! 一気に6ライフを削りきり、壮絶な逆転勝利です。リーサル圏を見事に見切ったキシロさんのプレイングが光りました。

     


    そして決勝。天音杯の頂点はいかに。

     

     こうして準決勝も決着し、いよいよ決勝戦。歩みを進めたのは舞茸さんとキシロさん。最後の戦いが始まります。三拾一捨の結果、舞茸さんはトコヨ/Aオボロを、キシロさんはヒミカ/ライラを宿すことになります。

     

    決勝の動画はこちら!

     

     今回も先に仕掛けたのはヒミカを宿すキシロさん。「バックドラフト」「バックステップ」「ラピッドファイア」などを巧みに使ってゲージを高め、「風雷の知恵」で「バックステップ」を使いまわします。ですが舞茸さんは「詩舞」で受けて「手裏剣」で削り、ライフのリードを許しません。ライフは8対7

     攻防が進み間合5。ここでキシロさんが「空駆け」を撃ち間合を8へと戻します。どうやらキシロさんは遠い間合を維持して相手に攻撃を許さないレンジロックデッキのようです。キシロさんの狙い通り間合は遠いまま。さらに風神ゲージも10溜めて「風魔天狗道」を入手し、レンジロックはこの上なく強固なものになります。

     ですがここで舞茸さんの繊細な受けが光りました。「ラピッドファイア」などの決定的な打点を「詩舞」でケアし、ライフのリードを徹底的に許していないのです。キシロさんのレンジロックは確かに圧巻の強度ですが、そもそもライフにリードが取れていなければ相手が攻撃を封じたところで勝ちきることはできません。

     お互い攻め手を欠くまま試合が進み、ライフが3対3。ここでキシロさんは「風魔天狗道」で間合を10に戻した後、徹底した焦燥戦略を取ります。異質にして斬新、そして大胆不敵なプレイングです。ですがそれでも舞茸さんは崩れません。状況を適切に読み、静かに前進を続けてリソースをゆっくりと自陣側に引き寄せていきます。

     試合もいよいよ正念場。キシロさんが「風魔纏廻」から「レッドバレット」を再利用してライフに当て、ついに1対2とライフでリードを取り、さらに再構成で「最後の結晶」も砕けます。後がなくなった舞茸さんですが、それでも冷静なプレイングには陰りが見えません。丁寧な前進が身を結び、最後は「千歳ノ鳥」からの「鋼糸」で決着! 優勝は舞茸さんです!

     

     

    決着、そして次に向けて

     

     こうして本作最大の祭りも終わりを迎え、舞茸さんの優勝となりました。舞茸さんは第一幕の頃から本作をお楽しみいただいている最も古株のひとりであり、第一回全国大会の準優勝者でもあります。今回はあの時のリベンジでもあると語っており、実に一年半もの時を越えてその努力が結実し、覇者の座へと至ったことを心から祝福します。

     対して決勝で惜しくも敗れてしまったキシロさんは、驚くべきことに本作を初めて僅かに3か月とのことです。すばらしい才覚と技をもって、ひとりの新規プレイヤーは今や全国に名だたる強豪に名を連ねることとなりました。

     

     

    見事に4勝1敗を成し遂げ、上位入賞を飾った皆様です!

     

     

    そして見事全勝し、決勝トーナメントを戦った4名の皆様です!



     この結果からも今回は古豪の力強さと、新たな風の鮮烈さが心に残った大会となりました。古くから本作を遊び続けて下さっている皆様も、新たに本作を始めた皆様も、できる限り全ての皆様を楽しませ続けられるよう私どもは引き続いて尽力いたします。もしよろしければ、今後もお付き合いいただければ嬉しい限りです。

     最後に、決勝トーナメントに残った4名がどのような理由でメガミを選択したかどうかのインタビューを掲載し、このレポートを終わりといたしましょう。


    ふぇりるさん Aユリナ/オボロ/ユキヒ
     ユリナ、オボロ、サリヤの3柱で当初は考えていたが、オボロ/サリヤに若干の弱みを感じ悩んでいたとのことです。そんな中でゲームショップぶんぶん様より配信されていた東京予選の動画を見て、ユキヒを用いた構築を見出し、それを持ち込むに至ったとのことです。中国地方から東京の予選を研究するというその精神は、まさにこの結果に相応しいと言えるでしょう。

     

    キリカさん Aトコヨ/ライラ/Aウツロ
     シーズン2はオボロ/サリヤ/ウツロを使い込んでおり、その頃からウツロへの研究を重ねていたとのことです。そんな中、第弐拡張の情報公開の中でアナザー版ウツロが登場したことで彼女へと強い愛を感じ、そして彼女を最も活かす形を探し求めてこの3柱へとたどり着いたとのことです。

     

    キシロさん ヒミカ/Aトコヨ/ライラ
     トコヨへの強い愛で選んだ3柱であり、使いこなせば強烈で、勢いで不利をはねのける可能性があるヒミカ/Aトコヨという組み合わせを信じたとのことです。シンプルかつパワフルなその決断力が、僅か3ヶ月でこの結果を生み出したのかもしれません。

     

    舞茸さん ユリナ/トコヨ/Aオボロ
     戦略面と愛着面の両方から厳選した3柱とのことです。戦略面ではあらゆる対戦において致命的な不利を負わない安定性を取ったとのことです。しかしそれは勢いで有利を勝ち取り辛いということもあり、確かなプレイングへの自身が必要です。まさに古豪だからこそ取れた決断と言えるでしょう。

     愛着面では、第一回全国大会で持ち込んだユリナ/トコヨ/ユキヒの中で、最も信頼していたユリナ/トコヨをこの大舞台で再び輝かせたいという望みによるものでした。
    戦略、愛着共に年季と自負を感じるすばらしい選択だと感じます。

     


    第三回全国大会「天音杯」

     

    優勝
    舞茸
    ユリナ/トコヨ/Aオボロ

     

    準優勝
    キシロ
    ヒミカ/Aトコヨ/ライラ

     

    ベスト4
    ふぇりる
    Aユリナ/オボロ/ユキヒ

     

    キリカ
    Aトコヨ/ライラ/Aウツロ

     

    上位賞(4-1)

    ※オポーネント順の紹介となります。

    のわ
    トコヨ/ライラ/ウツロ

     

    そら@亡霊
    オボロ/ユキヒ/ライラ

     

    ぺんた
    Aユリナ/オボロ/ユキヒ

     

    771のおにい
    オボロ/ユキヒ/ライラ

     

    弛緩毒のさんた
    Aユリナ/Aチカゲ/ライラ

     

    あうる
    ユリナ/サイネ/トコヨ

     

    ガソタム
    ユリナ/トコヨ/サリヤ

     

    えりん
    ユリナ/オボロ/サリヤ

     

    さんろ@亡霊
    Aユリナ/オボロ/ユキヒ

     

    もず
    Aユリナ/オボロ/ユキヒ

     

    東風夜
    ユリナ/サリヤ/Aウツロ

     

    メル冥華
    ヒミカ/チカゲ/サリヤ

     

    つきのみち
    Aユリナ/オボロ/ライラ

     

    エンデアナザー
    Aトコヨ/ライラ/Aウツロ

     

    aRashI
    Aユリナ/Aオボロ/シンラ

     

    きくしょー@シーズン1の亡霊
    ユリナ/ユキヒ/ライラ

     

    ごし
    Aユリナ/サイネ/Aオボロ

     

    えとせとら
    Aユリナ/クルル/ライラ

     

    アオギリ
    クルル/ライラ/Aウツロ

     


    メタレポートもお送りデース

     

     今回のメタレポートでは大会を新しいやり方で管理して頂いたグリバーさんのご協力もあり、より多くのデータを用意できました。まずはこの場を借りて、グリバーさんにお礼を伝えさせて頂きます。そしてあれこれ語るより前に、まずはご覧いただきましょう!

     

    使用メガミ一覧

     

    ユリナ/サイネ/トコヨ    1 
    ユリナ/サイネ/オボロ    4 
    ユリナ/サイネ/オボロA    1 
    ユリナ/サイネ/ハガネ    1 
    ユリナ/サイネ/ウツロA    1 
    ユリナ/トコヨ/オボロ    2 
    ユリナ/トコヨ/オボロA    2 
    ユリナ/トコヨ/サリヤ    2 
    ユリナ/オボロ/ユキヒ    3 
    ユリナ/オボロ/サリヤ    3 
    ユリナ/オボロ/ライラ    1 
    ユリナ/オボロA/サリヤ    1 
    ユリナ/ユキヒ/ライラ    1 
    ユリナ/チカゲ/ウツロA    1 
    ユリナ/チカゲA/ウツロA    1 
    ユリナ/サリヤ/ウツロA    3 
    ユリナA/サイネ/ヒミカ    1 
    ユリナA/サイネ/オボロ    1 
    ユリナA/サイネ/オボロA    1 
    ユリナA/サイネA/クルル    1 
    ユリナA/ヒミカA/オボロA    1 
    ユリナA/トコヨ/オボロ    3 
    ユリナA/トコヨ/サリヤ    1 
    ユリナA/トコヨ/ライラ    2 
    ユリナA/トコヨ/ウツロ    1 
    ユリナA/オボロ/ユキヒ    8 
    ユリナA/オボロ/チカゲA    1 
    ユリナA/オボロ/サリヤ    1 
    ユリナA/オボロ/ライラ    4 
    ユリナA/オボロA/シンラ    6 
    ユリナA/オボロA/サリヤ    2 
    ユリナA/オボロA/ライラ    2 
    ユリナA/オボロA/ホノカ    1 
    ユリナA/ユキヒ/チカゲ    1 
    ユリナA/ユキヒ/ライラ    1 
    ユリナA/シンラ/ライラ    1 
    ユリナA/チカゲA/ライラ    2 
    ユリナA/クルル/ライラ    1 
    ユリナA/サリヤ/ライラ    1 
    ユリナA/サリヤ/ウツロA    1 
    サイネ/ヒミカ/トコヨ    1 
    サイネ/トコヨ/シンラ    1 
    サイネ/オボロ/ユキヒ    1 
    サイネ/オボロA/シンラ    1 
    サイネ/オボロA/ハガネ    1 
    サイネA/ヒミカ/トコヨA    1 
    ヒミカ/トコヨA/ハガネ    1 
    ヒミカ/トコヨA/ライラ    4 
    ヒミカ/トコヨA/ウツロA    2 
    ヒミカ/オボロ/ハガネ    1 
    ヒミカ/チカゲ/サリヤ    1 
    ヒミカ/サリヤ/ウツロ    1 
    ヒミカ/サリヤ/ウツロA    1 
    ヒミカ/ライラ/ウツロA    1 
    ヒミカA/オボロA/ライラ    1 
    トコヨ/オボロA/ハガネ    1 
    トコヨ/ライラ/ウツロ    1 
    トコヨ/ライラ/ホノカ    1 
    トコヨA/クルル/ライラ    2 
    トコヨA/クルル/ウツロA    1 
    トコヨA/ライラ/ウツロA    2 
    オボロ/ユキヒ/ライラ    3 
    オボロ/ユキヒ/ホノカ    1 
    オボロA/シンラ/ライラ    1 
    オボロA/ハガネ/サリヤ    1 
    オボロA/チカゲ/ライラ    1 
    オボロA/クルル/ライラ    1 
    オボロA/ライラ/ウツロ    2 
    オボロA/ライラ/ウツロA    1 
    ユキヒ/ハガネ/チカゲ    1 
    ユキヒ/チカゲ/ウツロA    1 
    ユキヒ/チカゲA/ライラ    1 
    ユキヒ/クルル/ライラ    1 
    ユキヒ/クルル/ウツロA    1 
    ユキヒ/ライラ/ウツロA    1 
    シンラ/ハガネ/ホノカ    1 
    シンラ/クルル/ウツロA    1 
    ハガネ/サリヤ/ウツロA    1 
    チカゲ/ライラ/ウツロA    2 
    チカゲA/ライラ/ウツロA    1 
    クルル/ライラ/ウツロA    2 
    サリヤ/ライラ/ウツロA    1 

     

    メガミ個別データ

     

    メガミ名 使用数 使用率 BAN率 試合数 勝利数 勝率
    ユリナ 28 22.2% 26.2% 90 51 56.7%
    ユリナA 45 35.7% 43.8% 117 59 50.4%
    サイネ 16 12.7% 25.0% 51 24 47.1%
    サイネA 2 1.6% 10.0% 9 2 22.2%
    ヒミカ 15 11.9% 31.4% 48 23 47.9%
    ヒミカA 2 1.6% 11.1% 8 4 50.0%
    トコヨ 19 15.1% 33.3% 56 28 50.0%
    トコヨA 13 10.3% 42.2% 37 21 56.8%
    オボロ 37 29.4% 36.4% 103 62 60.2%
    オボロA 28 22.2 23.1% 100 50 50.0%
    ユキヒ 25 19.8% 21.9% 89 45 50.6%
    シンラ 12 9.5% 40.4% 31 11 35.5%
    ハガネ 9 7.1% 30.0% 28 12 42.9%
    チカゲ 8 6.3% 32.4% 25 10 40.0%
    チカゲA 6 4.8% 31.0% 20 12 60.0%
    クルル 11 8.7% 43.8% 27 11 40.7%
    サリヤ 21 16.7% 44.0% 51 25 49.0%
    ライラ 46 36.5% 30.3% 152 76 50.0%
    ウツロ 5 4.0% 33.3% 16 10 62.5%
    ウツロA 26 20.6% 41.5% 69 30 43.5%
    ホノカ 4 3.2% 5.6% 17 6 35.3%

     

    ※BAN率は三拾一捨で取り除かれた割合を表します。即ち33.3%が最も平均的です。

     

     今回の大規模大会の環境は実に良好であり、シーズン1のサリヤ、シーズン2のオボロのような、用いることが前提となるような支配的なメガミは存在しませんでした。それゆえに多様性に溢れ、本作の中で最善の環境を更新したと自信を持って感じております。

     しかしながら問題視しているところがないわけではありません。先日の禁止改訂の際にも触れたとおり、アナザー版ウツロは極端な相性差を生んでおり、彼女へと有利であるユリナやライラの採用率を強く引き上げると共に、彼女に対して厳しいサイネ、ハガネ、チカゲなどを苦しい立場に追いやっています。また、アナザー版ウツロに不利とは限らないものの、ユリナやライラの相手が難しいシンラもまた今シーズンでは苦しい状況でした。

     

     アナザー版ウツロは絶対的ではないものの、今の環境が彼女に振り回されてしまっているのは間違いありません。今回の結果はその点も踏まえてみる必要があると言えるでしょう。

     とはいえ、改めて今が良い環境であることも間違いありません。アナザー版ウツロに更新がなされたうえで新たなメガミが追加されたシーズン4がどのようになるのか、今から待ち遠しいと感じております。

    新涼の大交流祭レポート

    2018.12.07 Friday

    0

       こんにちは、BakaFireです。いよいよ『新幕 第弐拡張』し、シーズン3も始まりました。ここ数週間はゲームマーケットの準備から事後処理まで慌ただしく、なかなか時間の取れない日々が続いておりました。お待たせして申し訳ない限りではありますが、ここでシーズン2でやり残した最後の仕事を行わせていただきます。

       

       そう、『新幕』シーズン2を締めくくるべく11月3日には大規模イベント「新涼の大交流祭」が福岡にて開催されたのです。そちらのレポートをお送りいたしましょう!

       

       関東、関西と比べてしまうと十分な参加者が見込めるか不安でございましたが、ふたを開けてみれば総勢83名ものご参加を頂け、大変盛り上がるイベントとなりました。数多くの遠征してくださった皆様、そして地元、九州から集まってくださった皆様に心からのお礼を申し上げます。ありがとうございました!

       

      今回も多くのご参加、本当にありがとうございます!

       

      本気でもカジュアルでも楽しめる和気藹々とした会場でした!

       

      入口ではウツロ様がお出迎え

       

      当日サプライズで、スタンプのサービスもございました。

       

       それでは早速はじめましょう!
       

       

      新カード公開は今回も

       

       開会式ではもちろん大会のレギュレーションなどの説明が行われましたが、それだけではございません。前回の大規模イベントと同様に、『第弐拡張』で登場する新たなアナザー版メガミ、「第三章」オボロのカードが全て公開されました。
       
       これらのカードはプロキシカードとして印刷され、大会を途中で離脱した方に配布されました。勝利を目指して戦い続けるだけがこのイベントではありません。残念ながら2敗してしまったとしても、フリープレイで新たなメガミを体験できるのです。

       

       もう『第弐拡張』が出ている以上はご存知かもしれませんが、こちらで当時の画像も掲載しておきましょう。

       

       

      いち早くアナザー版オボロを使った決闘も楽しまれていました。


      物語テーブルも勢揃い!

       

       さらに素晴らしいことに今回のフリープレイはそれだけではありません。ここ数か月間、シーズン2での交流祭ではさらなる盛り上がりをめざし、『第二幕』で開かれてきたような特殊テーブルの補強を図ってきました。
       
       例えばクレイジーな特殊ルールが適用された環境での決闘である「大乱闘」、はたまた1対1で特殊なドラフトを行ってから決闘する「Open 2Pick Draft」などがあります。
       
       そしてその中でも最も好評だったのは、公式小説『桜降る代の神語り』での出来事を特殊なやり方で再現する「神話再現」でした。第1回では第二章における天音揺波と氷雨細音の決闘を、第2回では第一章における闇昏千影による龍ノ宮一志の暗殺が描かれます。両者のプレイヤーは構築済みの特殊デッキを用いて、歴史に残る戦いを楽しめるのです。
       
       中でも第3回で行われた叶世座公演は最高の盛り上がりを見せました。これは本作初となる協力型ゲームであり、本作の新たな可能性を開いた一作と言えます。
       
       そして今回の大規模イベントではこれらの物語テーブル全てを遊ぶことができました。様々なやり方で、カジュアルなゲームを楽しむ方々の姿が見られ、負けたとしても楽しいイベントを実現できたと強く感じております。
       

      大好評の協力型ふるよに「叶世座公演」。3月発売の『祭札二〇一九』に収録予定です!


      激闘は当然ながら苛烈!

       

       当然、カジュアルで楽しいだけではありません。頂点を決める大会そのものは極めて激しく、相変わらず熱いものでした。全国の強豪が集う大規模イベントということもあり、早期から強豪同士が激突するという波乱も数多く起こります。
       
       中でも会場に大きい衝撃を与えたのは3回戦におけるまやんさんとあかさきさんの対戦です。まやんさんは名古屋での大交流祭と第2回全国大会を制した名古屋の強豪。そしてあかさきさんは前回、大阪での大交流祭でシーズン1の頂点に立ちました。
       
       二人の戦いは苛烈を極め、最終的にはあかさきさんの勝利で終わります。後日に特別に動画としてお送りいたしますので是非ともご覧くださいませ。上達を目指す全てのプレイヤーにお勧めできる内容になっております。

       


       そして3回戦が終わり全勝は10名。4回戦のマッチングはさんろさんとtotさん、あさぎさんとますたーHさん、エンデさんとあかさきさん、たたりさんとのんのんびよりさん、幽さんとひいらさんになりました。
       
       さんろさんはユリナA/サリヤ、totさんはユリナ/サリヤを宿すビートダウンのミラーですが、ユリナがアナザーかそうでないかに差がある魅力的なマッチ。この戦いはビートダウンには一日の長があるtotさんの勝利となりました。
       
       あさぎさんはユリナA/オボロ、ますたーHさんはハガネ/ユキヒ。まずはあさぎさんが見事な攻めでライフにリードを取りますが、ますたーHさんは「超反発」「円舞錬」を巧みに使いリーサルを遅らせ、逆転の機会を掴みます。
       
       エンデさんはシンラ/ライラ、あかさきさんはトコヨ/ライラを宿したコントロール寄りの対戦。「引用」が「雅打ち」を、「無窮ノ風」が「引用」を睨み合う戦いは、シンラの動きを見事に読み切ったあかさきさんの勝利。シンラ使いにして前回覇者の貫録を見せつけます。
       
       たたりさんはユリナ/オボロ、のんのんびよりさんはトコヨ/オボロを宿します。のんのんびよりさんが「斬撃乱舞」で先制するもたたりさんも負けじと反撃。しかし最後は「梳流し」でリードを広げ、「久遠ノ花」で残り1ライフに蓋をしたのんのんびよりさんの勝利です。
       
       幽さんはシンラ/サリヤ、ひいらさんはAユリナ/トコヨを宿します。この試合はコントロール同士による静かな立ち回り。山札の枚数が争点になるような重い試合は、最後に「森羅判証」でライフ差を広げた幽さんの勝利に終わります。
       

       

      残り5人の5回戦!

       

       残る全勝は5名。totさんとのんのんびよりさん、幽さんとますたーHさん、そしてあかさきさんは階段卓でTNKさんとの対戦となりました。
       
       totさんはユリナ/オボロ、のんのんびよりさんはトコヨ/ハガネを宿します。コントロール能力でのんのんびよりさんがtotさんをけん制する中、totさんが取った戦略は以外にも「虚魚」を軸にした構築。多数の設置カードを同時に使用し、ライフのリードを取ります。
       
       しかしライフ7対3の時点でのんのんびよりさんは「大山脈リスペクト」を活用して2回の「鐘鳴らし」からの「遠心撃」。5点をライフに当てます。最後はコントロールをこなし切り逆転勝利。のんのんびよりさんが決勝進出です。
       
       幽さんはトコヨ/サリヤ、ますたーHさんはユキヒ/ハガネを宿します。「無窮ノ風」と「砂風塵」が飛び交う中、まずは幽さんがサリヤのビート能力でリードします。対するますたーHさんは「引力場」を活用しクリンチ寄りのコントロールを仕掛けます。
       
       そして好機を巧みに見出しました。「たぐりよせ」に「詩舞」を撃たせ、「砂風塵」で残りの手札を落としてから「大重力アトラクト」して「ゆらりび」! 見事にライフを逆転した後はコントロールを完遂し、ますたーHさんが決勝進出となりました。
       
       階段卓ではあかさきさんはシンラ/ライラを、TNKさんはユリナ/サリヤを宿します。「引用」「反論」「立論」でコントロールするあかさきさんに対して、TNKさんは「斬」「柄打ち」「Waving Edge」などでビートダウンを仕掛け、ビートVSコントロールの流れです。
       
       撃ち合いの末、TNKさんが「浦波嵐」から「月影落」で4ライフを削り取ります。しかしあかさきさんは1ライフ1オーラを辛うじて残し、残る山札1枚を引いて焦燥から「風魔旋風」「風魔纏廻」「風魔旋風」「雷螺風神爪」「風雷撃」と叩き付けて逆転です。あかさきさんの勝利により全勝は3めいとなったため、決勝トーナメントの実施が確定します。
       
       4勝1敗のプレイヤーの中からオポーネント・パーセンテージが計算され、1位であったtotさんが決勝トーナメントに進出となりました。
       

      見事4勝1敗以上を成し遂げた上位の皆様と、BakaFireで記念撮影。


      新たな戦略か、再発明か。波乱の決勝トーナメント

       

       こうして、決勝トーナメントに進出する4名が決まりました。マッチングの結果、準決勝ではあかさきさんとのんのんびよりさん、ますたーHさんとtotさんが対戦することとなりました。
       
       決勝トーナメントでの対戦内容は前回と同様に後日に動画にてお届けいたします。
       
       第1試合、三拾一捨の結果、あかさきさんはトコヨ/シンラ、のんのんびよりさんはトコヨ/ハガネを宿します。
       
       両者ともにトコヨを宿すため戦いは必然的にコントロールの気質を帯びることになります。山札1順目は「詭弁」「詩舞」「要返し」などのコントロールカードで細かく競り合います。そんな中、「無窮ノ風」「砂風塵」により手札を落としてから「梳流し」「雅打ち」を当てたのんのんびよりさんが先制します。
       
       対するあかさきさんは、「風舞台」を貼ったのんのんびよりさんが手札に「遠心撃」を残していると予測し、離脱、後退から「引用」を試みますが残念ながら手札にあったのは「詩舞」。さらに無情にも再構成から「遠心撃」を引かれ、さらに痛打を被ります。この時点でライフは9対4。

       

       その後ものんのんびよりさんは「要返し」で山札差によるライフアドバンテージを稼ぎ、適切なコントロールであかさきさんの追撃を許しません。

       

       対するあかさきさんは「森羅判証」でライフを回復し、「晴舞台」などの付与カードで反撃を試みます。ですがここでのんのんびよりさんによる無情な「大破鐘メガロベル」。あかさきさんは実に巧みな付与札捌きでダメージを重ねますが、回復したライフを削りきることはできません。のんのびよりさんが決勝進出となりました。
       
       
       第2試合、三拾一捨の結果、ますたーHさんはユキヒ/ハガネ、totさんはオボロ/サリヤを宿します。
       
       totさんは基本動作を上手い手順でこなし、間合を3まで一気に飛ばすように駆け抜けました。後のインタビューなどで分かったところによると、本大会以前の段階ではユキヒ/ハガネは中距離での攻撃を軸に戦うのが基本だと考えられており、totさんはその立ち回りを巧みに対策していました。
       
       しかし、返しのターンでますたーHさんは逆に前進、そして「ふりはらい」で前進を選び間合を1まで近づけました。
       
       ますたーHさんは今大会のため、まったく異なる戦略を編み出して練習してきていたのです。それはユキヒ、ハガネともに間合を0に近づけることが得意であることを活かしたクリンチコントロールデッキです。
       
       その後も間合0へ巧みに潜ってオボロの設置を躱し、「砂風塵」などの妨害でサリヤの攻撃を阻害します。特に活躍したのは「引力場」。ますたーHさんはシーズン1以降さほど活躍していなかったこの1枚の強さを見出し、コントロールを継続します。
       
       試合は進み両者のライフは4。ここでますたーHさんは「大重力アトラクト」から「ゆらりび」を放ちます。これが奇妙なのはtotさんはオーラを4残しており、オーラで受けられる点です。
       
       ですがそこまで含めてますたーHさんは計算していました。ここでオーラを失えばtotさんはクリンチコントロールから逃れるリソースを失うのです。最後までコントロールを継続し、最後は「遠心撃」でフィニッシュ! ますたーHさんの優勝です。
       
       
       こうして決勝はのんのんびよりさんとますたーHさんの試合に決まりました。最後の三拾一捨、結果としてのんのんびよりさんはトコヨ/オボロ、ますたーHさんはユキヒ/ハガネを宿します。

       

      緊張の決勝戦。達人同士が向き合います


       ゆっくりと間合を詰めあう中、最初にますたーHさんが間合5から「ふりまわし」を打ち込みます。返しにのんのんびよりさんは「無窮ノ風」から「梳流し」や、設置からの連続攻撃で反撃します。しかしますたーHさんは上手く捌き、痛打には至らない。
       
       返しに「もぐりこみ」を「詩舞」で躱されるも、続けて「引力場」で間合を1へ。ここからますたーHさんはクリンチコントロールの構えを仕掛けます。「つきさし」でライフを取りながら、「大重力アトラクト」「もぐりこみ」「たぐりよせ」でコントロールを継続。のんのんびよりさんのオボロに仕事をさせません。
       
       ライフが少しずつ推移し6対5。ここでますたーHさん勝負に出ます。「たぐりよせ」で間合を寄せて「砂風塵」。これで「詩舞」が捨てられたのを見て、「久遠ノ花」上等の「ゆらりび」! しかしのんのんびよりさんは「久遠ノ花」を入れていませんでした。5点がライフに直撃し、ますたーHさんの優勝です!

       

       準決勝、決勝共にますたーHさんのクリンチコントロールが決まった試合になりました。しかし当然ですが、この類のコントロールは万能の戦法ではありません。
       
       クリンチコントロールという古典的なデッキの中で、ユキヒ/ハガネのそれが一線級に強力であったことを見出し、相手の予想を外したという先見性。さらにトップメタのオボロが間合0に幾ばくかの脆弱性を持つというメタ読み。これらを総合的に見てこの構築を持ち込むという判断は、まさしく一大再発明であり、ますたーHさんの大会規模での戦略が光ったと言えます。
       
        
       今回の大交流祭も大きな盛り上がりの中、幕を閉じることとなりました。優勝したますたーHさん、準優勝ののんのんびよりさん、ベスト4のあかさきさんとtotさん、おめでとうございます!
       

      最後は全勝の3名で、賞品と共に記念撮影!

       
      新涼の大交流祭

       

      優勝
      ますたーH
      オボロ/ユキヒ/ハガネ

       

      準優勝
      のんのんびより
      トコヨ/オボロ/ハガネ

       

      ベスト4
      あかさき
      トコヨ/シンラ/ライラ

       

      tot
      ユリナ/オボロ/サリヤ

       

      上位賞(4-1)
      (オポーネント順の掲載となります)

       


      トコヨ/シンラ/サリヤ

       

      ぽっぷん
      トコヨ/オボロ/ライラ

       

      あさぎ
      Aユリナ/オボロ/ユキヒ

       

      ひいら
      Aユリナ/トコヨ/オボロ

       

      さんろ
      Aユリナ/シンラ/サリヤ

       

      エモとぱP店長
      ユリナ/オボロ/ユキヒ

       

      センチ(舞茸)
      Aトコヨ/オボロ/ハガネ

       

      ◎あなたのサークル「月乃路」は、日曜日西地区”や”-20bに配置されました(つきのみち)
      ヒミカ/オボロ/ハガネ

       

      ふぇりる
      Aユリナ/オボロ/サリヤ

       

      ソウ
      Aユリナ/Aヒミカ/オボロ

       

      キリカ
      オボロ/サリヤ/ウツロ

       


      メタレポートを報告しマース

       

       大規模大会の結果は今の環境を大きく反映しており、魅力と同時に課題も浮き彫りにしております。シーズン1はサリヤを中心としたビートダウンがあまりに強く暴力的であったため、戦い方がかなり固定化されてしまう問題がありました。シーズン2ではその部分は大きく解消され、ビートダウン、コントロール、コンボの入り混じった魅力的な環境になったと考えます。
       
       他方で、後述する使用率から見ても、オボロには大きな問題があるのは間違いなく、この点については重く反省すべきと考えています。幸いにして私どもはシーズンの早期からその問題についての検討を始めており、禁止カードこそ不要なものの、カード更新では必ず修正すべきだと考えていました。
       
       この問題が独特なのは、三拾一捨で特に問題が顕在化する点です。以前の禁止改訂で、これまでにない形での問題が確認されつつあると触れましたが、その予測は残念ながら正しいものでした。オボロが他のメガミと比べてやや強力なうえ、多くのメガミとの相性も良いため、三拾一捨という環境においてオボロを採用するメリットがあまりに大きすぎるのです(※)。
       
       合わせて、全勝を達成した3名から、今回の3柱を選んだ理由をインタビューしました。参考にご覧ください。

      あかさきさん トコヨ/シンラ/ライラ
      シンラを持って行くにはどうすべきか考え、トコヨ/シンラの強力さに注目した。残る1柱はライラ、サリヤ、オボロ、クルル、Aユリナなどから検討した結果、ライラに決めた。

       

      のんのんびよりさん トコヨ/オボロ/ハガネ
      トップメタだと考えたユリナ/オボロを三拾一捨で返せるように構築した。トコヨ/オボロ、オボロ/ハガネ、トコヨ/ハガネのいずれもユリナ/オボロに対しては有利である。やはり遠心撃は最強……!

       

      ますたーHさん オボロ/ユキヒ/ハガネ
      上方修正されたハガネちゃんを使いたかったので、オボロ/ハガネとオボロ/ユキヒの強さに注目してユキヒ/ハガネを練習した。苦しくて諦めそうになったが、最後に強力なクリンチコントロールのルートを発見し、持ち込むことを決めた。

       

      ※ 他方でオボロには(シーズン1のサリヤと違い)いくつかの弱点もあるため、二柱を普通に選ぶ大会でオボロを持ち込むのが常に正解とは限りません。
       

      使用メガミ一覧

       

      ユリナ/トコヨ/シンラ    1
      ユリナ/オボロ/ユキヒ    5
      ユリナ/オボロ/サリヤ    6
      ユリナ/オボロ/ライラ    4
      ユリナ/シンラ/サリヤ    1
      ユリナA1/ヒミカA1/オボロ    2
      ユリナA1/トコヨ/オボロ    2
      ユリナA1/オボロ/ユキヒ    2
      ユリナA1/オボロ/サリヤ    2
      ユリナA1/ユキヒ/シンラ    1
      ユリナA1/シンラ/サリヤ    1
      ユリナA1/チカゲ/サリヤ    1
      サイネ/トコヨ/サリヤ    1
      サイネ/オボロ/ハガネ    1
      サイネ/オボロ/サリヤ    1
      サイネA1/ヒミカ/トコヨA1    1
      サイネA1/オボロ/ウツロ    1
      ヒミカ/トコヨA1/ハガネ    1
      ヒミカ/オボロ/ユキヒ    2
      ヒミカ/オボロ/ハガネ    4
      ヒミカ/オボロ/チカゲ    1
      ヒミカ/オボロ/サリヤ    2
      ヒミカ/オボロ/ウツロ    1
      ヒミカ/ユキヒ/チカゲ    1
      ヒミカ/ユキヒ/ウツロ    1
      ヒミカ/サリヤ/ライラ    1
      トコヨ/オボロ/シンラ    1
      トコヨ/オボロ/ハガネ    3
      トコヨ/オボロ/ライラ    1
      トコヨ/チカゲ/ライラ    2
      トコヨ/シンラ/ライラ    1
      トコヨ/シンラ/サリヤ    1
      トコヨ/クルル/ライラ    1
      トコヨ/サリヤ/ウツロ    1
      トコヨA1/オボロ/ハガネ    1
      トコヨA1/オボロ/ライラ    1
      トコヨA1/シンラ/ライラ    1
      トコヨA1/クルル/ライラ    2
      オボロ/ユキヒ/ハガネ    3
      オボロ/ユキヒ/クルル    1
      オボロ/ユキヒ/サリヤ    1
      オボロ/ユキヒ/ライラ    1
      オボロ/ユキヒ/ウツロ    1
      オボロ/ハガネ/クルル    1
      オボロ/ハガネ/ウツロ    3
      オボロ/クルル/サリヤ    1
      オボロ/クルル/ライラ    1
      オボロ/サリヤ/ライラ    2
      オボロ/サリヤ/ウツロ    1
      シンラ/ハガネ/クルル    1
      シンラ/サリヤ/ライラ    1
      チカゲ/サリヤ/ライラ    1


      メガミ使用率・上位率

       

      使用人数 使用率 上位人数 上位率
      ユリナ 17 21% 2 12%
      ユリナA1 12 15% 5 42%
      サイネ 3 4% 0 0%
      サイネA1 2 2% 0 0%
      ヒミカ 15 18% 1 7%
      ヒミカA1 2 2% 1 50%
      トコヨ 15 18% 5 33%
      トコヨA1 7 7% 1 14%
      オボロ 59 71% 12 20%
      ユキヒ 20 24% 3 15%
      シンラ 10 12% 3 30%
      ハガネ 18 22% 4 22%
      チカゲ 7 8% 0 0%
      クルル 8 10% 0 0%
      サリヤ 25 30% 5 20%
      ライラ 20 24% 2 10%
      ウツロ 9 11% 1 11%

       

       これにて今回の大規模イベントは終わりとなり、シーズン2もこれにて完全に終わりました。現在ではシーズン3も始まっており、そちらでは全国大会をはじめとした魅力的な試みを行ってまいります。
       
       今週はここまでとなります。来週の記事では今後の展望、2018冬を通し、それらの試みを紹介いたします。ご期待くださいませ!

      炎熱の大交流祭レポート

      2018.08.08 Wednesday

      0

         

         

         こんにちは、BakaFireです。『新幕 第壱拡張』の発売も迫り、本作はイベントラッシュのさなかにあります。翌週10日から12日はコミックマーケット94にて第壱拡張の先行販売、そして18日からはコラボカフェが開催されます。

         これらのイベントの先陣を切ったのは、7月28日に開催された大規模大会「炎熱の大交流祭」でした。『新幕』最初のシーズン1を締めくくる一大決戦、果たしてどんな結果になったのでしょうか。本日はそちらのレポートを書かせて頂きます。

         本作初となる定員128名の大会でしたが、皆様の応援のおかげで無事に満員御礼となりました。残念ながら当日は台風が接近していた影響もあり116名の参加に留まりましたが、ご参加いただいた全ての方にも、参加が難しかった方にもこの場でお礼を伝えさせてください。本当にありがとうございました。

         それでは早速、レポートを始めましょう!

         

         

        多数のご来場に深く感謝!

        (これまでの顔に六角形を付けるやり方だと人がたくさんいるように見えないと気づいたため、今回よりモザイク処理にします)

         

        受け付けです。TOKIAME先生の当日ペーパーも配布!


        まずはサプライズでカード公開!

         

         さて、まずは開会式と言うところですが、今回はここでサプライズを用意していました。『第壱拡張』で登場するユリナのアナザー版である『第一章』ユリナのカードを全て公開したのです。

         さらにこれらのカードはプロキシカードとして印刷され、大会を途中で離脱してフリープレイへと移動した方に配布されました。そう、今回のイベントでは大会で戦い続け、勝利を目指す形で楽しめるだけはありません。もし2敗して大会でのやる気がなくなったとしても、フリープレイで新メガミを体験するという形で楽しめたのです。

         実はこのアイデアは私のものではありません。地元、大阪での大会を実に2年近く盛り上げ続けている準公式イベントの主催、珊瑚さんからご提案頂いたものです。素晴らしいアイデアをありがとうございます。実によいやり方でしたので、今後の大規模大会でも取り入れていきたいと考えています。

         

         おおっと忘れてはいけません。まだカードを見たことのない方のために、こちらにてカード画像もお見せしましょう。

         

        神語り、氷雨細音との最初の決闘で用いられ、二人の間に因縁を作りました。

         

        神語り、龍ノ宮一志との決闘の中で天音揺波は新たな力を見出し、今の技の原型とします。


        初参加の皆様に心からの感謝を!

         

         大会が始まり、激戦が繰り広げられます。これまでにない人数であるため、会場全体の熱気もすさまじいものでした。特に3連勝を成し遂げたプレイヤー同士が戦う、4回戦以降の全勝卓は全てが渾身の戦いだったと言えるでしょう。

         環境そのものについては『第壱拡張』先行発売直後のカード更新の詳細に関する記事で詳しく述べますが、三拾一捨であるがゆえに環境が程よく変容し、実に魅力的な戦いになったと言えます。

         ここまではこれまでのレポートでもよくお伝えしてきたことです。今回はそれに加え、心から喜ばしかったこともお伝えさせて頂きます。

         これまでの大会で見たことのないお名前の『新幕』から参加されたプレイヤーが多数いらっしゃったことです。新しいプレイヤーが入らないゲームに未来はありません。本作に関心を持ち、手に取り、そしてこの場へとお越しいただき本当にありがとうございます。これからも末永くお楽しみいただけると嬉しい限りです。

         

        試合開始! 新たにご参加いただいた新鋭も、古参の強豪も真剣勝負です!

         

        素敵な自作コンポーネントを作っていた方も!

         

        本作のコスプレをして頂いた方……も……!!!???

        (公式小説のキャラクターです)


        4回戦が終わり、ベスト8が決定!

         

         戦いは進み4回戦。全勝はあかさきさん、あるめたさん、きくしょーさん、金曜東ヒ42b(つきのみち)さん、さんろさん、そねさん、そらさん、テイワズさん、totさん、ぷよまん通さん、のわさん、のんのんびよりさん、ユー子さん、ライしか言えないなぞのライラ仮面さん、ライムさんの15名と絞られます。

         そしてその中からあかさきさん、あるめたさん、さんろさん、totさん、きくしょーさん、ユー子さん、のわさん、ぷよまん通さんが勝ち上がり、ベスト8が出揃いました。

         そしていよいよ5回戦。ベスト8同士が競う4試合での勝者が決勝トーナメントへの進出します。

         最初に決着したのはのわさんとぷよまん通さんの戦いでした。宿しているメガミはのわさんがユリナ/ヒミカ、ぷよまん通さんがユリナ/ライラです。

         まずは遠距離から「バックステップ」「レッドバレット」「ラピッドファイア」「マグナムカノン」と放ちのわさんが先制します。しかしぷよまん通さんも負けてはいません。ひとたび接近した後の火力はユリナ/ライラの方が圧倒的に上。怒涛の連撃でライフをイーブンに戻します。

         近距離での連撃は続きます。しかしのわさんは放たれた「斬」「一閃」をともにライフ受け。ライフを3に入れて決死を発動させます。そして返しのターンに「柄打ち」「クリムゾンゼロ」「斬」「一閃」と放ち怒涛の勝利です! 

         次はさんろさんとtotさんの戦いです。さんろさんはチカゲ/ライラ、totさんはオボロ/ライラを宿します。

         こちらも共に攻撃的な組み合わせです。遠距離での攻撃手段に乏しいため主戦場は間合2。どちらもライラのカードで殴り合う攻撃的な展開ですが、攻撃力はtotさんの方が上、「鋼糸」「流転爪」「風雷撃」で攻め立てます。

         対するさんろさんは毒の妨害を絡めていく形です。攻撃力こそ劣りますが毒で相手の攻めを弱め、「毒霧」などの使いやすいカードでゲージを稼ぎ、風雷ゲージの値ではリードを取ります。

         お互い、強烈なリーサルコンボを準備してにらみ合います。この競り合いを制したのはtotさんでした。「風雷撃」「風神爪」「鋼糸」から「風魔招来孔」。そして2連続の「風魔旋風」でリーサルです! オーラ1のさんろさんに対し、「鋼糸」の間合3から間合2に移動して「風魔旋風」を放ち、「遁術」をケアしているなど細部も抜かりがありません。

         

         攻撃的な2試合が終わり、残る2試合は共にコントロールによる長期戦になりました。先に終わったのはあかさきさんとあるめたさんの試合です。あかさきさんはユリナ/シンラを、あるめたさんはユキヒ/チカゲを宿します。

         

         あるめたさんは毒で相手の動きを妨害しつつ「ふりはらい/たぐりよせ」と「抜き足」によるクリンチ戦法から「ゆらりび」によるリーサルを狙う戦い方。しかしあかさきさんは序盤の攻防でそれを見抜き、「完全論破」で「ふりはらい/たぐりよせ」を封印します。

         こうなるとあるめたさんはクリンチ手段が半減し、苦しい展開になります。あかさきさんは「反論」「引用」でコントロールし、「斬」で少しずつリードを広げます。

         戦いも末期に至り、あるめたさんは廻ってきたチャンスに「抜き足」で間合0へ。そして「叛旗の纏毒」で「浦波嵐」を封じ、「ゆらりび」でリーサルを狙います。しかし届きません。あかさきさんは「煽動」でそれを回避。そのまま返す刀で決着です。

         相手のクリンチ手段を半減させたからこそ余裕をもって「煽動」を構えられました。あかさきさんの長期的な戦略眼による勝利と言えるでしょう。

         最後に残ったのはきくしょーさんとユー子さんの試合です。きくしょーさんはユリナ/ユキヒ、ユー子さんはオボロ/ハガネを宿します。

         ユキヒとハガネ。どちらも間合0や1といった至近距離で戦えるメガミであるがゆえに、この試合ではクリンチが合意されます。きくしょーさんは「ふりはらい/たぐりよせ」、ユー子さんは「大重力アトラクト」で自分に都合のいいタイミングで至近距離へと潜り込もうとします。

         きくしょーさんは「しこみばり」「つきさし」でライフを取っていきます。他方でユー子さんは「遠心撃」でそれを返し、さらにその過程で「超反発」「円舞錬」によりフレアを剥奪。ユリナやユキヒの持つ強力な切札によるリーサルを妨害します。

         両者にらみ合う長期戦。きくしょーさんが「ふくみばり」「一閃」を絡めた連撃でライフリードを取り、そこから数ターン後に時間切れ。ターンを抱えていたきくしょーさんは間合を6にしてオボロの設置、ハガネの「遠心撃」の双方を封じます。

         ユー子さんはライフを取る手段がありません。ライフ差による判定で、きくしょーさんが準決勝へと歩を進めました。

         

        5回戦が終わり、4勝1敗以上全員(とBakaFire)で記念撮影! 勝者たちに乾杯!

         

        準決勝も熱い戦いが続く!

         

         こうして5回戦が全て終わり、ベスト4が決定しました。ここからは上位4名による決勝トーナメントになります。抽選の結果、きくしょーさんとのわさん、あかさきさんとtotさんの対戦に決まります。

         

        準決勝第一試合 きくしょー VS のわ

         

         まずはきくしょーさんとのわさんの対戦です。三拾一捨の結果、きくしょーさんはユリナ/ユキヒ/ライラからユリナ/ライラが、のわさんはユリナ/ヒミカ/オボロからユリナ/オボロが選出されます。

         こちらの結果はまさに、怒涛の決着と呼ぶべきでしょう。ユリナ/ライラとユリナ/オボロはどちらも攻撃的な組み合わせ。両者ともに宿しを絡めながら前進し、攻撃の機会を伺います。

         先手を取ったのはきくしょーさん。足捌きで一気に間合を詰め、ユリナの攻撃カードでのわさんを攻め立てます。返しにのわさんは設置による「影菱」を打ち込み、同じく「斬」で反撃。

         その後、きくしょーさんは再構成。次の攻撃のチャンスを狙い、リソースを溜めることを選びます。しかしその機会は訪れません。のわさんは何と2ターン連続での再構成を強行。そのまま再び「影菱」を放ち、「斬」「一閃」「壬蔓」「月影落」と叩き込みます。まさに怒涛の連撃。わずか4ターンの攻防でのわさんが勝利を掴みました!

         一見すると一方的な試合にも見えますが、きくしょーさんは的確にユリナのカードを使用し、風神ゲージを十分に溜めています。手札の整い方から見ても、このターンをしのげば逆にリーサルも十分に可能。実のところ、1ターンの差が明暗を分けました。

         

        準決勝第二試合 あかさき VS tot


         

         次はあかさきさんとtotさんの対戦です。三拾一捨の結果、あかさきさんはユリナ/オボロ/シンラからオボロ/シンラが、totさんはオボロ/サリヤ/ライラからサリヤ/ライラが選出されます。

         どちらも中長期戦を十全にこなせる組み合わせですが、短期での決着は少しばかり難しい組み合わせ。必然的に前半はじわじわとした攻防になります。

         先に小競り合いを仕掛けたのはあかさきさん。「引用」でtotさんのカードを削ったうえで、次のターンに「反論」「壬蔓」でオーラを削り、「鋼糸」でライフを2点取って先制します。

         返すtotさんは「Thallya's Masterpiece」を使用済に。そこから「Burning Steam」などのサリヤの攻撃カードを駆使して間合をコントロールし、連続攻撃で反撃を図ります。対するあかさきさんは「完全論破」でtotさんの攻撃手段を削り、さらに次のターンで設置からの「影菱」と「斬撃乱舞」。結果としてライフはあかさきさんがリードしたまま、ゲームは後半戦の様相を呈します。

         ライフに差を付けられて苦しい展開ながら、totさんは「Julia's BlackBox」を使用して「Form:YAKSYA」へとTransForm! ここからBeta-Edgeによる騎動前進と「Thallya's Masterpiece」の前進を駆使して間合を0へと移し、設置を捌きつつダメージを与え、ライフ差を詰めていきます。

         あかさきさんはリーサル手段の「影菱」をなかなか引けず苦しい展開。totさんはこれを機にBeta-Edgeを中心に攻め続けます。しかしあかさきさんも負けじと連撃の要点に「煽動」を差し込み阻害。そしてその次のターン、totさんがリーサルを狙って再び攻めますがあかさきさんは再構成から引き直した「煽動」! 先程までの不幸を解消します。

         そして返しのターンで「鋼糸」から「鳶影」経由の「影菱」でリーサル! あかさきさんの勝利となります! もうひと試合とは対照的に、こちらは11ターンにもわたる熱戦でした。

         


        決勝! シーズン1の頂点に立つのは果たして……!

         

         

         準決勝が終わり、いよいよ最終決戦の舞台に立つ二名が決定しました。のわさんとあかさきさんです。決勝戦は三拾一捨の結果、のわさんはユリナ/ヒミカ/オボロからユリナ/ヒミカが、あかさきさんはユリナ/オボロ/シンラからユリナ/オボロが選出されます。

         

         このマッチアップはどちらも攻撃的で、広いリーサル圏を持っているのが特徴です。決闘そのものの間合だけでなく、致死の間合をも見極めながら戦いを進めなくてはなりません。肌が焼けるような緊張感の中、戦いが始まります。

         あかさきさんはヒミカの攻撃によるダメージを最小限に抑えるために第1ターンから足捌きを使用して間合5へ。結果としてのわさんは若干の無駄が生じてしまいます。しかし的確に「バックステップ」から銃による連続攻撃を打ち込み、3ライフを削ります。さらに両者前進してからの「斬」でライフはのわさんが大きくリードします。

         対するあかさきさんは返す設置からの「影菱」でライフ差を縮めます。このまま手札の攻撃カードで連撃を重ねるか。そう思われたところであかさきさんは長考に入り、そして呟きました。「これ、攻撃振ったら僕負けるんですよ」

         

        決勝、のわ vs あかさき 手に汗握る攻防が続きます


         あかさきさんはユリナ/ヒミカの爆発力、そして広いリーサル圏を十分に把握していました。ここでこれ以上の攻撃を行い、相手にフレアを与えると敗北のリスクが高いと判断したのです。そのターンは残るリソースで宿し、纏いと行いターンを返します。

         のわさんはゲームプランが崩され、リーサルを仕掛けられません。フレアを溜めるために同じく宿し、纏い。あかさきさんの次のターンも宿し、纏い。過激な序盤戦から一転、静かな競り合いになりました。しかし両者、必殺の間合を探り続けているのです。

         沈黙を先に破ったのはのわさん。「柄打ち」「斬」であかさきさんのライフを削ります。しかし返しに再構成であかさきさんのライフは3! 決死に入ってからの設置「鋼糸」、「柄打ち」から3/-の「浦波嵐」! のわさんも「浦波嵐」で返しますがのわさんのオーラは4! 離脱、宿し、「誘導」からの「月影落」が残るライフを吹き飛ばします!

         必殺の間合を正しく見切り、勝利を手繰り寄せたのはあかさきさんでした! 優勝です!

         

        決着! 間合を見切り、勝利を手にしたのはあかさきさんです!

         

        優勝賞品の色紙と共に記念撮影!

        (お面は自前です)

         

         こうして、今回の大交流祭は幕を閉じました。優勝したあかさきさん、準優勝ののわさん、ベスト4のきくしょーさん、totさん、おめでとうございます!

         

         


        炎熱の大交流祭

         

        優勝
        あかさき
        ユリナ/オボロ/シンラ

         

        準優勝
        のわ
        ユリナ/ヒミカ/オボロ

         

        ベスト4

        きくしょー
        ユリナ/ユキヒ/ライラ

         

        tot
        オボロ/サリヤ/ライラ

         

        上位賞(4-1)

        あるめた
        シンラ/チカゲ/ライラ

         

        ガソタム
        サイネ/クルル/サリヤ

         

        km
        ヒミカ/オボロ/サリヤ

         

        かよーだ
        ユリナ/シンラ/ライラ

         

        金曜東ヒ42b(つきのみち)
        ヒミカ/サリヤ/ライラ

         

        グリコ
        オボロ/チカゲ/ライラ

         

        さんろ
        チカゲ/サリヤ/ライラ

         

        赤面の男〜一体何条綴なんだ〜
        オボロ/クルル/ライラ

         

        そら
        ユリナ/ユキヒ/ライラ

         

        テイワズ
        ユキヒ/クルル/ライラ

         

        とりすたん
        ユリナ/トコヨ/オボロ

         

        抜け忍
        チカゲ/サリヤ/ライラ

         

        のんのんびより
        ヒミカ/ハガネ/サリヤ

         

        ふぇりる
        オボロ/チカゲ/サリヤ

         

        ぷよまん通
        ユリナ/サリヤ/ライラ

         

        ライしか言えないなぞのライラ仮面
        ユリナ/サリヤ/ライラ

         

        ルミニエラ
        ユリナ/ユキヒ/サリヤ

         

        ユー子
        オボロ/ユキヒ/ハガネ

         

         

        メタレポートをお届けザマス

         

         今大会の環境は現状の環境を大きく反映しており、良好で魅力的である一方で、改善できる余地は多分にある環境だと捉えています。このあたりは最近のゲームバランスに関する記事でもお伝えしているため、これ以上繰り返す必要はないでしょう。

        他方で、三拾一捨というルールの巧妙さをより実感できます。改善すべき点である幾ばくかの理不尽さは大きく緩和され、より正しく実力が評価される魅力的な大会だと感じました。特に、三拾一捨ゆえにユリナの大きく躍進した点は驚くべきところです。

         

         大会後のインタビューでは4名に選択した3柱の理由をそれぞれ伺いました。解答はそれぞれ

         

        あかさき「シンラを活躍させたかった」

        のわ「ユリナ/ヒミカはウツロの欠片みたいなものなので実質ウツロ(???)」

        きくしょー「ユリナ/ユキヒを使いたいので三拾一捨でそれが帰ってくるような構築にした」

        tot「近接ビートが好きなので必ず近接ビートになるようにした」

         

        といったものでした。『新幕』として始まったばかりのため、申し訳ないながら環境バランスに乱れは存在したシーズンだったとは考え、いくつかの面で反省しています。しかしそれでも自分の好きな戦い方や好きなメガミを貫き、実力と研究で勝利を目指せるバランスだったことは本当にうれしく思います。さらに、全てのメガミが4-1以上を達成できている点も喜ばしいところです。

         

         次のシーズンではカード更新を通してより良好なゲームバランスを実現し、魅力的な体験をお届けできるよう尽力してまいります。次もまた、お付き合いいただけると嬉しい限りです。


        それでは、ご覧くださいませ!

         


        使用メガミ一覧

         

        ユリナ/サイネ/ヒミカ    1
        ユリナ/サイネ/オボロ    2
        ユリナ/サイネ/ユキヒ    2
        ユリナ/サイネ/サリヤ    1
        ユリナ/ヒミカ/オボロ    1
        ユリナ/トコヨ/オボロ    1
        ユリナ/トコヨ/ユキヒ    1
        ユリナ/トコヨ/サリヤ    1
        ユリナ/オボロ/シンラ    1
        ユリナ/オボロ/サリヤ    4
        ユリナ/オボロ/ライラ    1
        ユリナ/ユキヒ/シンラ    3
        ユリナ/ユキヒ/サリヤ    3
        ユリナ/ユキヒ/ライラ    6
        ユリナ/シンラ/ライラ    1
        ユリナ/チカゲ/ライラ    1
        ユリナ/サリヤ/ライラ    4
        サイネ/ヒミカ/オボロ    2
        サイネ/ヒミカ/サリヤ    3
        サイネ/トコヨ/オボロ    1
        サイネ/トコヨ/チカゲ    1
        サイネ/トコヨ/ライラ    1
        サイネ/オボロ/クルル    1
        サイネ/オボロ/サリヤ    2
        サイネ/オボロ/ライラ    2
        サイネ/ユキヒ/チカゲ    1
        サイネ/ユキヒ/サリヤ    1
        サイネ/ユキヒ/ライラ    2
        サイネ/シンラ/クルル    1
        サイネ/シンラ/ライラ    1
        サイネ/チカゲ/サリヤ    1
        サイネ/クルル/サリヤ    2
        ヒミカ/トコヨ/ライラ    1
        ヒミカ/オボロ/チカゲ    1
        ヒミカ/オボロ/クルル    1
        ヒミカ/オボロ/サリヤ    2
        ヒミカ/ユキヒ/ライラ    1
        ヒミカ/ハガネ/サリヤ    1
        ヒミカ/クルル/ライラ    1
        ヒミカ/サリヤ/ライラ    3
        トコヨ/オボロ/ユキヒ    1
        トコヨ/ユキヒ/シンラ    1
        オボロ/ユキヒ/シンラ    1
        オボロ/ユキヒ/ハガネ    1
        オボロ/ユキヒ/チカゲ    4
        オボロ/ユキヒ/クルル    1
        オボロ/ハガネ/チカゲ    1
        オボロ/チカゲ/サリヤ    4
        オボロ/チカゲ/ライラ    2
        オボロ/クルル/サリヤ    2
        オボロ/クルル/ライラ    3
        オボロ/サリヤ/ライラ    5
        ユキヒ/ハガネ/サリヤ    2
        ユキヒ/チカゲ/サリヤ    2
        ユキヒ/チカゲ/ライラ    1
        ユキヒ/クルル/サリヤ    2
        ユキヒ/クルル/ライラ    1
        ユキヒ/サリヤ/ライラ    2
        シンラ/チカゲ/ライラ    1
        シンラ/クルル/ライラ    1
        ハガネ/チカゲ/サリヤ    1
        チカゲ/サリヤ/ライラ    7
        クルル/サリヤ/ライラ    2

         

        メガミ使用率・上位率

         

        使用人数 使用率 上位人数 上位率
        ユリナ 34 30% 9 27%

        サイネ

        28 24% 1 4%
        ヒミカ 18 16% 4 22%
        トコヨ 9 8% 1 11%
        オボロ 47 41% 9 19%
        ユキヒ 39 34% 5 13%
        シンラ 11 10% 3 27%
        ハガネ 6 5% 2 33%
        チカゲ 28 24% 5 18%
        クルル 18 16% 3 17%
        サリヤ 57 50% 11 19%
        ライラ 50 44% 13 26%


         これにて今回の大規模大会は終わりとなります。そしてシーズン1もいよいよ終了。8月17日からは新たなメガミ、アナザー版メガミ、カード更新を迎えてシーズン2が開始します。もちろん、シーズン2でも大規模大会を予定しておりますのでご期待くださいませ。その辺りの予定は9月の今後の展望にて書かせて頂きます。

         それでは、次の大規模大会でお会いしましょう!

         

         

        (2018/08/09 修正)

        私の誤りにより、はすおとさんとあるめたさんのお名前を誤って記載してしまいました。この場にてお二方に深くお詫び申し上げます。大変な失礼、誠に申し訳ございませんでした。

        (2018/08/17 更新)

        準決勝の動画を追加しました。

        (2018/08/24 更新)

        決勝の動画を追加しました。

        第二回全国大会『第二幕大決戦』レポート

        2018.04.23 Monday

        0

           こんにちは、BakaFireです。時が流れるのは本当に早いもので、気付けば4月も下旬へと差し掛かり、ゲームマーケットまで残すところ2週間となりました。今週は毎日、何かしらの更新を予定しておりますので、ご期待くださいませ。
           
           初日となる本日は、第2回全国大会「第二幕大決戦」のレポートをお届けいたしましょう。
           
           本来は1週間ほど前に書きたかったのですが、思った以上のルールブックの作業量が多かったことと、突然台湾への出張を行うことになったため、本日の更新となってしまいました。お待たせして申し訳ありませんが、ご容赦ください。
           
           さて、レポートに入る前に、簡単に経緯を説明しておきましょう。半年ほど昔、本作が一周年を迎えたころの話です。その頃に私どもは記念企画の一環として、2017年7月に本作初となる大規模イベント「全国大会」を開催しました。これは同時に『第壱拡張』環境の総決算でもありました。さらに時は流れて『第弐拡張』『第二幕決定版』環境では10月末に名古屋で大規模イベントが開かれ、そちらで決算がなされました。
           
           そして今回です。12月に『第参拡張』が発売し、もはや目の前となった2018年5月には『新幕』が発売します。ならば当然『第参拡張』、そして『第二幕』シリーズ全体についてのひとつの決算を行う必要があります。ならば今こそ再び、全国大会をやるべきではないでしょうか。
           
           こうして2018年4月7日、第二回となる全国大会は開催されたのです!

          会場遠景。多数のご参加ありがとうございます!
           


          多くの地方での広がりに深く感謝!

           

           さて、本戦のレポートに入りたいところですが、その前に予選の簡単なレポートを通し、お礼を伝えさせてください。全国各地での本作の広がりについてです。
           
           大規模イベントを関東圏だけの閉じたものとするのではなく、より多くの地方が楽しく参加できるものとするために、今回も多数の地方で予選を行わせて頂きました。北海道、東北、関東、中部、関西、中国、九州、そして沖縄。ほぼすべての地域で予選が開かれ、その全ての予選が盛況だったのです。

           

           予選を取り仕切ってくださった各地方の主催の皆様には改めてお礼を申し上げると共に、地方にこれだけのコミュニティを広げて頂いたことを深く感謝しております。

           

           そして私もこれらの地方に伺い、予選の様子を拝見させて頂きました。もともと私としましては関東だけでなく、多くの地方で盛り上げていきたいという想いより、定期的に地方へとお邪魔させて頂いていました。すでに北海道、名古屋、大阪には回ったため、今回の予選では新潟と福岡へと伺いました(どちらも古くから大会を定期的に開いていただいていたため、一度お伺いしたかったのです)。

           

           結果として、どちらの大会も大いに盛り上がりました。特に、前回の全国大会を踏まえ、自らの地方の躍進を掲げる地方としての熱さは本当に素晴らしく、私も本戦に向けてテンションが上がり、わくわくが止まりませんでした。
           
           改めて、来訪を温かくお迎え頂き、イベントを主催して頂いた新潟のbikuさん、福岡のJUNさんにはこちらにてお礼申し上げます。両地方で今のコミュニティがあるのは、お二人を中心とした各地方の皆様のおかげです。重ね重ね、ありがとうございます!
           
           今回の特徴を他にも挙げるならば、他の地方からの遠征も盛んに行われました。私としては地方間での交流が盛んになるという点から見て、この流れを好ましく思っております。全国大会というお祭りを通し、本作によるコミュニティがより広がり、魅力的なものとなったのであれば、これ以上の喜びはありません。

           


          さあ、いよいよ本戦の時間です!

           

           それでは本番です。本戦のレポートに移りましょう。本戦への参加者は前回を大きく超え、実に70名となりました。これは驚くべき出席率であり、遠方からご参加いただいた皆様には感謝の言葉以外ありません。
           
           あまりに出席率が良いために、イエローサブマリン様でのテーブルを本当に限界まで使うことになりました。一応、全員出席でもなんとかなるよう手はずを整えていましたが、まさかこれほどとは思わなかったのです。本当に、嬉しい限りです。

           

          会場受付。地域別のレコードシートが用意されたほか、TOKIAME先生描き下ろしのヒミカペーパーも登場です!

           

          さらに、全ての参加者への名札が、大阪大会主催の珊瑚さん主導の下作成されました。ありがとうございます!

           


          今回も1回戦から激闘! そして下克上!

           

           名古屋の大規模大会で、今の環境はこれまでで最良と述べました。それでは、今回はどうだったのでしょうか。結論としては、依然として最良であるとお伝えしてよいでしょう。多様な組み合わせが変わらず見られ、三拾一捨ゆえに相性差も緩和され、結果として熱い戦いへと繋がったのです。

           

           ウツロとホノカも新たな角度をもたらし、11柱の環境を13柱の環境へと広げたという点について成功と言えるでしょう。勿論、2回の修正を必要としてしまった点は反省すべきですが、今回のイベントに間に合った点は安心しております。
           
           そして激闘は1回戦からすさまじいものでした。今回の1回戦を一言で言うならば、下克上の1回戦と言えるでしょう。
           
           ある1卓ではカリンさんとさんろさんの戦いが繰り広げられていました。カリンさんは第1回全国大会優勝者にして、関東最強の銃使いです。対するさんろさんは『第弐拡張』リリース後、関西のコミュニティをヒミカ/サリヤで騒がせていたのが記憶に残っています。そんなさんろさんが持ち込んだのは、ヒミカへのメタ性能の高い3柱サイネ/チカゲ/サリヤでした。ヒミカへの理解が高いプレイヤーが対策を行う。その前には、前回優勝者と言えど膝をつかずにはいられませんでした。
           
           次の1卓では舞茸さんとのわさんが地獄のコントロール対決を繰り広げています。舞茸さんはコントロールの名手にして第1回全国大会準優勝者です。対するのわさんは『第参拡張』リリース後にウツロへの極めて高い愛着を示し、実力を伸ばしたプレイヤーです。この戦いを制したのはのわさんでした。
           
           次はそねさんとtotさんの対決です。そねさんは名古屋大規模大会の準優勝者にして関西の強豪。totさんは第一幕ランキング1位、そして今は東北の強豪です。そしてこの2人は名古屋大規模でも対決しており、その時に勝利したのはそねさんでした。そして今回も激戦を繰り広げ、今度はtotさんがリベンジを果たすことになりました。
           
           こうして、これまでの大規模大会の優勝者、準優勝者が軒並み破れるという波乱の幕開けとなりました。唯一、名古屋大規模の優勝者であるまやんさんだけは勝利し、2回戦に駒を進めます。

           

          1回戦から激闘の連続!


          戦いの末に、ベスト9決定!

           

           2回戦、3回戦もまた激闘の連続でした。どの卓を見ても同じ組み合わせはほとんどなく、13柱全てのメガミがせめぎ合い、しのぎを削っています。ところどころで叫びが上がり、ガッツポーズが空気を震わせる。あまりにも熱い世界がここにありました。
           
           先程名前を挙げたtotさんも、関東の強豪かよーださんに敗れ、同じくのわさんも関西の強豪きくしょーさんに敗れることになります。この場にいるプレイヤーは全員強豪。楽な戦いはないのです。
           
           そして3回戦が終わり、この時点で全勝のプレイヤーは9名に絞られました。
           
           4回戦。ひでなりさんとまやんさん、とりすたんさんときくしょーさん、さんろさんとユー子さん、グリバーさんとうそだといってよ、バーニィングスチームさん(読みづらいかもしれませんが、どこを区切ったものか困ったので最後までこれで行きます。誠に申し訳ございません)が激突し、かよーださんが階段マッチを戦うことになりました。

           

          TOKIAME先生謹製の、突発手書き看板も登場!

           

          公式グッズのメガミタロットスタンドを使用して頂いた方もいらっしゃいました!

           

          こ、これは一体……? ジグソーパズルボードの登場です! これで持ち運びも完璧! ホントかな?

           


          4回戦! 怪人トコシンクル男の恐怖!

           

           4回戦の全勝卓はどれも熱い戦いでした。しかし私の目はあるひとつの戦いに奪われてしまいました。ええ、余りにもその戦いは異様だったのです。そこには帽子の三方向にトコヨ、シンラ、クルルのちびメガミを貼りつけた怪人トコシンクル男こと、グリバーさんが座っていました。
           
           シンラ/クルルを宿す彼の動きは端的に言うなら意味不明でした。例えば、一切攻撃しないのに「天地反駁」を貼ったりという具合です。しかし、相対するうそだといってよ、バーニィングスチームさんもさすがの実力者です。彼もまた山札が残っているのに、再構成を行い始めたのです。それも毎ターン!
           
           結果として、そこから得たフレアで切札を叩き付け、うそだといってよ、バーニィングスチームさんの圧勝となりました。しかし油断しなかったのは正解でした。もし下手にターンを渡していたら、でゅーぷりぎあ(あくせらー)、とるねーど、神渉装置:枢式、でゅーぷりぎあ、りげいなー、神渉装置:枢式から、2発の「天音揺波の底力」を叩き込まれ、彼は肉塊になっていたのですから。
           
           グリバーさんの組んでいたデッキは後から聞いても恐ろしいものでした。相手が攻撃しなかったら「くるるーん」を撃てないので何もできず、相手が「月影落」も「天音揺波の底力」も入れていなければ、そもそも勝利手段を失うのです。このようなデッキを全国全勝卓で組む。これこそが狂人の所業です。
           
           我々は頭のおかしい科学者が前から歩いてきたら撲殺しなくてはならない。そのような教訓を得たのは間違いないでしょう。
           
           
          5回戦! 決勝進出者がついに決定!

           

           こうして4回戦が終わり、全勝は残り5名。うそだといってよ、バーニィングスチームさんとまやんさん、さんろさんとかよーださん、そして階段ではとりすたんさんとbikuさんが戦います。今大会では4勝1敗から豪華賞品が出るため、階段での戦いも当然熱いものになります。
           
           まずはうそだといってよ、バーニィングスチームさんとまやんさんの対決です。三拾一捨の結果、うそだといってよ、バーニィングスチームさんはユリナ/ヒミカ、まやんさんはユキヒ/サリヤを宿します。

           

           うそだといってよ、バーニィングスチームさんがフルバーストで先制すれば、まやんさんは中距離から苛烈なビートで攻め立てます。早期からライフを削り合う激しいゲーム。一瞬の油断は死を招きます。
           
           そして残りライフが2対3。うそだといってよ、バーニィングスチームさんは「スカーレットイマジン」を起点にしたコンボでリーサルを狙います。しかしまやんさんは冷静です。「Turbo Switch」で要点を潰し、ライフを1残しました。そして返しにワンクッション置き、溜めたリソースから「ゆらりび」を打ち込み決着! まやんさんが決勝へと進むことになりました。
           
           もう一方では三拾一捨の結果、さんろさんがサイネ/チカゲを、かよーださんがユリナ/トコヨを宿すことになりました。こちらは対照的に静かな立ち上がり。さんろさんが多数の毒カードを送りかよーださんを苦しめるも、かよーださんも丁寧に「千歳ノ鳥」でフレアを無駄にせずアドバンテージを取り、毒を毒袋へと返します。
           
           お互い決定打のないまま、3/1の攻撃を当て、じりじりとライフが削れていく展開です。しかしこの展開で強いのは「無窮ノ風」や「要返し」を有するトコヨです。かよーださんがリードを広げていきます。
           
           そこで機を見定め、さんろさんは攻撃を仕掛け、かよーださん「要返し」の機会を潰します。これはかよーださんは苦しくなったように見えました。しかしその返しで、かよーださんはこれまで見せていなかった「居合」を振り、これが決定打となります。かよーださんが見事、決勝進出を果たしました。さんろさんは「居合」と「要返し」の両立ではないと読んだとのことですが、今回は裏目となりました。

           

           最後に階段卓であるとりすたんさんとbikuさんの対決はbikuさんが制し、階段は崩れました。しかし申し訳ないながら、他2戦を集中して同時に見るのが限界であったため、メモを残せておらず、こちらの試合内容はあまり記録できておりませんでした。
           
           お詫びも込め、とりすたんさんを紹介するとともに、こちらでお礼の言葉を伝えさせて頂きます。とりすたんさんは関西のプレイヤーで、親子で本作を遊ばれているとのことです。私自身が、父親と『マジック・ザ・ギャザリング』を遊んで育ったこともあり、本作がこのような親子共通の遊びとなっていることを心から嬉しく思います。遊んで頂き、本当にありがとうございます。

           

          (bikuさんのご協力もあり、リーサルあたりの記録が見つけられましたので、レポートを追加いたします)

           

           とりすたんさんはトコヨ/オボロ、bikuさんはオボロ/ユキヒを宿す試合で両者ライフを削り合い最終ターンで両者ライフ1。bikuさんが「はらりゆき」でリーサルを取ろうとするも、対するとりすたんさんは「鳶影」から「梳流し」で逆リーサルを狙います。しかしbikuさんはここに「ひきあし」で対応。間合5にすれば「梳流し」は無効ですが「はらりゆき」は有効です。これによってとりすたんさんのオーラを全て削り取り、追撃の「鋼糸」で止めを刺し、bikuさんの勝利となりました!

           

           この最終ターンについては私も見ていたため、間違いないものです。しかし熱い展開に見入ったばかりに、うっかりメモを残し忘れてしまいました。深く反省いたします。

           


          今回は大発生大会もマジでヤバイ!

           

           さて、それでは決勝……と行きたいところですが、その前に少しばかり閑話休題といきましょう。

           

           ここまでの全国大会本戦は8階のイエローサブマリン秋葉原RPGショップ様にて行われていました。しかし、それだけではありません。7階のマジッカーズ☆ハイパーアリーナ様ではサイドイベントである超・大発生大会が開かれていたのです。
           
           ええ、もちろんただの大発生大会ではありませんとも! 『祭札』収録の大発生カードに6種類の大発生カードが追加され、よりクレイジーで混沌とした戦いをお楽しみいただけるのです。
           
           こちらについては私が担当しておりませんでしたので、伝え聞いた範囲でのレポートとなりますが、『「陰陽大反転」固定、「気脈ぱにっく」、「虚魚さんが見てる」ですべてが反転した試合』『決勝はお互いが合意してメガミを完全ランダム決定』など、前回に負けない狂気の戦いとなったようです。
           
           その激闘を征し、見事4試合全勝を果たしたのはねぎさんとメル冥華さんの2名でした。おめでとうございます!

           

          狂気の戦いを見守るのは前回チャンプ『わちゃわちゃの神』ちずなさんご持参の前回看板です。


          決勝! 頂点を決める戦い!

           

           いよいよ決勝です。5回戦全てで勝利し、決勝の舞台へと上がったのはまやんさんとかよーださんの2名となりました。
           
           まやんさんは第一回全国大会の予選を通し、名古屋でのコミュニティが形成されてから頭角を現した中部の強豪です。そして何よりも名古屋大規模大会の優勝者でもあります。果たして今回も勝利し、まさかの二連覇を成し遂げるのでしょうか。
           
           かよーださんは第二幕の初期から本作を始めて頂き、大会常連にして関東の一部大会の主催でもあります。今回は神奈川予選での大敗からリベンジを誓い、仙台で代表の座を勝ち取り、この場まで勝ち上がってきました。
           
           そして二人は特設された決勝ステージへと上ります。
           

          月見里一さん作成の「完成版」光る桜花結晶&造花結晶と、光るぽわぽわちゃんが結晶を見守ります。

           

          まやんさんとかよーださん。決勝を戦う二人が着席しました。 

           

          戦いは特設スクリーンで上映されました。


           まやんさんの3柱はユリナ/ユキヒ/サリヤ、かよーださんの3柱はユリナ/トコヨ/シンラです。そして三拾一捨の結果、まやんさんはユリナ/サリヤを、かよーださんはユリナ/シンラを宿すことになりました。
           
           ユリナハーフミラーらしく、序盤は静かな立ち上がりです。基本動作を繰り返し、お互い少しずつリソースを溜め、近づいていきます。
           
           先制攻撃を仕掛けたのはかよーださんでした。「立論」の広い間合を活用して山札を2枚削り、約0.3ライフ分のアドバンテージで先制します。しかしまやんさんも負けていません。返しの「斬」で1ライフを返し、かよーださんの「斬」は「Turbo Switch」で躱します。さらに「圧気」を成功させ、「Shield Charge」でアドバンテージを取りました。ライフはまやんさん7、かよーださん5です。
           
           その後の競り合いも有利に進め、再び「圧気」を狙います。しかし今回は上手くいきません。かよーださんは「居合」で痛烈に反撃し、「圧気」を失敗させます。ライフはまやんさん4、かよーださん5となります。
           
           その後の攻め合いを経てライフがお互い3点となったところでかよーださんが仕掛けます。「圧気」を貼り、「引用」からまやんさんの「Shield Charge」を奪います。「圧気」を守りつつも攻める。見事な一手と言えるでしょう。
           
           しかしその後のまやんさんのドロー、そして冷静な攻めはそれを上回りました。「一閃」から入り、それをオーラで受けたのを見てからの素打ち「浦波嵐」から「月影落」! かよーださんの3ライフを一撃で奪い、反撃のタイミングを与えません! 決着です!
           
           そうじて、まやんさんの「圧気」を中心とした攻めにより、相手に余裕を与えない立ち回りが上手く嵌った試合となりました。かよーださんの宿すユリナ/シンラは「天地反駁」を用いた強烈なコンボを持ちますが、苛烈な攻めで付与札を貼るチャンスを与えませんでした。まやんさんの見事な立ち回りが光った試合と言えるでしょう。

           


          事変明けて、そして次は?

           

           こうして長い戦いは終わり、見事にまやんさんが優勝となりました。まやんさんは前回の名古屋大規模に続き、2連覇となります。おめでとうございます! 果たして次の大規模大会では、まやんさんを止めるプレイヤーは現れるのでしょうか?
           
           まやんさんには優勝掛軸、TOKIAME先生描き下ろしの色紙をはじめとした様々な賞品が贈られました。
           
           さらに、全国大会では優勝者、準優勝者はそれぞれ賞品の色紙について自分のリクエストしたメガミに、リクエストしたシチュエーションのイラストを描いていただけます。今回は準優勝のかよーださんは「可愛いものを愛でるトコヨ」、優勝のまやんさんは「日常的なウツロ」でした。それぞれ、どのような色紙になったかは以下の写真をご覧ください!

           

          翌日のかよーださん主催で開かれたお疲れ様会で撮影された色紙。何か1枚多くない?

           

          入賞者集合写真。優勝賞品の掛け軸と共に。新幹線の時間などの都合で早く帰らなければならなかった方は、申し訳ないながら映っていません。

          ※ マスクされた方に囲まれると異様な空気になるとわかったので、BakaFireにもマスクしておくことにしました。

           

           こうして優勝を果たしたまやんさんですが、その活躍はこれからも続いていくことでしょう。その第一歩として、第1回全国大会で優勝したカリンさんとのエキシビジョンマッチを『新幕』にて行わせて頂くことになりました。
           
           舞台はゲームマーケット2018春、エリア8「BakaFire Party」のステージイベントのうち、5月6日(日)にて行わせて頂きます。時間は13時か14時ごろの見込みです。覇者たちの新たな第一歩に、ぜひともご括目ください!

           

           

          第二幕大決戦

           

          優勝
          まやん

          ユリナ/ユキヒ/サリヤ

           

          準優勝
          かよーだ

          ユリナ/トコヨ/シンラ

           

          上位賞(4-1)

          うそだといってよ、バーニィングスチーム
          ユリナ/ヒミカ/ユキヒ

           

          グリバー
          トコヨ/シンラ/クルル

           

          さんろ
          サイネ/チカゲ/サリヤ

           

          のわ
          オボロ/ユキヒ/ウツロ

           

          きくしょー
          ユリナ/シンラ/サイネ

           

          とりすたん
          ユリナ/トコヨ/オボロ

           

          biku
          ヒミカ/オボロ/ユキヒ

           

          ルミニエラ
          トコヨ/サイネ/クルル

           

          トクP
          ユリナ/トコヨ/シンラ

           

          ぷよまん通
          ユリナ/トコヨ/シンラ

           

          たひてふ
          オボロ/サイネ/サリヤ

           

          そね
          ヒミカ/ユキヒ/ウツロ

           

          ※ 3位以降の順番はソルコフに応じた順位に従っています。

           


          メタレポートのお時間ざーます

           

           今大会もまた多様な構築が見られ、こと三拾一捨の環境として依然として良好です。データとしてメガミの使用状況と、上位率(4-1以上)をご覧いただきましょう。

           

          使用メガミ一覧

           

          ユリナ/トコヨ/オボロ    4
          ユリナ/トコヨ/ユキヒ    3
          ユリナ/トコヨ/シンラ    3
          ユリナ/トコヨ/ホノカ    1
          ユリナ/オボロ/ユキヒ    4
          ユリナ/オボロ/シンラ    1
          ユリナ/オボロ/サイネ    1
          ユリナ/オボロ/ハガネ    1
          ユリナ/オボロ/ウツロ    1
          ユリナ/オボロ/ホノカ    1
          ユリナ/ユキヒ/サリヤ    3
          ユリナ/シンラ/サイネ    3
          ユリナ/サイネ/サリヤ    1
          ヒミカ/オボロ/ユキヒ    1
          ヒミカ/オボロ/サイネ    2
          ヒミカ/ユキヒ/サイネ    1
          ヒミカ/ユキヒ/チカゲ    1
          ヒミカ/ユキヒ/ウツロ    1
          ヒミカ/シンラ/サイネ    1
          ヒミカ/サイネ/クルル    1
          ヒミカ/サイネ/チカゲ    1
          ヒミカ/チカゲ/クルル    1
          ヒミカ/クルル/ウツロ    1
          ヒミカ/サリヤ/ホノカ    1
          トコヨ/ユキヒ/ウツロ    1
          トコヨ/オボロ/ハガネ    1
          トコヨ/シンラ/サイネ    1
          トコヨ/シンラ/クルル    3
          トコヨ/サイネ/クルル    2
          トコヨ/サイネ/サリヤ    1
          トコヨ/サイネ/ホノカ    1
          オボロ/ユキヒ/サイネ    1
          オボロ/ユキヒ/サリヤ    1
          オボロ/ユキヒ/ウツロ    1
          オボロ/サイネ/チカゲ    2
          オボロ/サイネ/サリヤ    1
          オボロ/クルル/サリヤ    1
          オボロ/クルル/ウツロ    1
          ユキヒ/サイネ/ウツロ    1
          ユキヒ/ハガネ/クルル    1
          ユキヒ/チカゲ/サリヤ    1
          ユキヒ/チカゲ/ホノカ    1
          シンラ/サイネ/クルル    1
          シンラ/サイネ/サリヤ    1
          サイネ/チカゲ/サリヤ    3
          サイネ/クルル/サリヤ    1
          サイネ/クルル/ウツロ    1
          チカゲ/サリヤ/ホノカ    1

           

          メガミ使用率・上位率

           

          使用人数

          使用率

          上位人数 上位率
          ユリナ

          28

          40% 7 25%
          ヒミカ 13 19% 3 23%
          トコヨ 21 30% 6 28%
          オボロ 25 36% 4 16%
          ユキヒ 23 33% 5 22%
          シンラ 14 20% 5 36%
          サイネ 28 40% 4 14%
          ハガネ 3 4% 0 0%
          チカゲ 11 16% 1 9%
          クルル 14 20% 2 14%
          サリヤ 16 23% 3 19%
          ウツロ 8 11% 2 25%
          ホノカ 6 9% 0 0%

          上位率=上位人数÷使用人数×100(小数点以下四捨五入)

           

           最大勢力でも使用者は4名であり、また使用者が3名の組み合わせも多数あるため、具体的な組み合わせについて述べるのは避けておくことにします。
           
           メガミ単独の使用率を見るならば、ユリナ、サイネはどちらも軸としての活躍が見込めるために高い使用率を誇っているといえます。そのほか、高い攻撃性能のオボロ、優秀なサポート性能を持つトコヨ、さらに前回大規模で見直されたユキヒ、サリヤが高い使用率を誇っています。また、研究の進歩に従いシンラやクルルもその使用率を不気味に伸ばしています。

           


          今後の大規模イベントはどうなる?

           

           こうして『第二幕』の大規模イベントはひと段落となりました。しかし当然ですが、『新幕』となってからも、大規模イベントは開かれます。では、どのような形で開かれるべきでしょうか。

           

           私どもは考えた結果、今のやり方が上手くいっていると判断することにしました。つまり、「地方での大規模イベント」と、「全国で予選を行い、関東で本戦を行う全国大会」を交互に繰り返すのです。
           
           全国大会は魅力的ですが、予選の管理から運営まで含めると主催者、参加者共に少しばかり疲れてしまいます。また、本戦が東京で行われる以上、なんだかんだ言って関東中心のイベントであるのは間違いありません。ゆえに大規模イベントとしては2回に1回として、その合間には地方を舞台とした大規模大会を開くのです。
           
           では『新幕』最初の大規模大会はどうでしょうか? 『新幕』の拡張計画など、まだお話しできないところもございますが、今のところは7月下旬に大阪で開催できればと考えております。次回の大規模大会でも、奮ってご参加いただければ嬉しい限りです!

          コラボカフェ開幕式&閉幕式

          2017.12.23 Saturday

          0

             こんにちは、BakaFireです! 11月下旬から12月上旬にかけて、本作では全く新しい形でのイベントを行いました。そう、コラボカフェです。11月26日(日)から12月10日(日)の約2週間にわたって上野のボードゲームカフェ、ムスビヨリ様にて開催され、多くの内部イベントも開かれました。
             
             こちらではその中で行われた大会に絞り、レポートを行わせて頂きます。まずは店内の様子をお伝えし、その後にイベントや大会についてをお伝えすることにしましょう。
             
            ※:写真の雰囲気が違うものがありますが、それはTOKIAME先生の撮った素晴らしい宝石のような写真と、私の撮った普通の写真の違いです。
             

            店内は見事なほどに桜降る代!


             私が言葉を尽くすよりも、写真をご覧いただいた方が良いでしょう! すばらしく彩られた店内をお楽しみください!

             

            カフェ入口、ユリナとサイネ。そして描きおろしのウツロがお出迎えです。

             

            店のところどころにはちびメガミたちが。皆様は全員見つけられたのでしょうか?

             

            限定のコラボメニューも登場!

             

            さらにコラボメニューには、ランダムにコースターが付属します。

             

            いつものプレイ風景? いいえ、そこにはコラボドリンクとコースターの姿が!

             

            そして看板となる巨大掛軸がカフェを見事に彩ります!

             

            プレリリースも兼ねた開幕式!

             

             開幕式は20名限定の予約にて行われました。また、『第参拡張』の新たなメガミ、ウツロのプレリリース2日目でもありました。限定予約というだけに本作のイベントへの常連の方も多く、ウツロを用いて使い方を学ぶか、あるいは使わずに相対して対策を学ぶかという研究の場としても使われていた印象です。

             

             イベント時間の都合より3回戦しか行えず、お祭りでもあるので大サービス。賞品であるトコヨタロットは3名の方にお渡しすることにしました。関東ではトコヨタロットを獲得する最後のチャンスだったこともあり、激しい戦いが繰り返されました。
             
             特に決勝のひとつではエンデさんによるトコヨ/ウツロと舞茸さんによるユキヒ/ウツロというウツロのハーフミラーとなり、静かなコントロール対決となりました。舞茸さんは「灰滅」を狙い動くも僅かに1リソース足りず、返しのエンデさんが「灰滅」を決めて勝利! 実に印象的で熱い戦いでした。
             
             さらにこちらのイベントではTOKIAME先生もお越しいただき、店内を描きおろしのアートで彩って頂きました。特に看板としてユリナとサイネの色紙を描いていただき、それらは開幕式と閉幕式でのじゃんけん大会にて勝者に贈られました。

             


             見事優勝したエンデさん、カミッチさん、ルミニエラさん。そしてじゃんけん大会を制してユリナ色紙を手にした月見里一さんです。おめでとうございます!
             
            平日大会も2回開催!

             

             ゲームマーケット後の月曜と金曜にも平日大会が行われ、多くの方にご参加いただけました。
             
             ホノカが使用できる初の大会であり、さらにユキヒのプロモーションタロットが獲得できる初の大会でもあるため、ホノカを使って使用感の確認や練習をするプレイヤーと、慣れた組み合わせで勝利を目指すプレイヤーに分かれた印象があります。
             
             中でも印象的だったのが、両方の大会で優勝したキャッツさんです。キャッツさんは両方の大会でゲン担ぎとして全ての試合前にユキヒのコラボドリンク「ふたえいろ」を注文して試合に臨み、見事全勝を成し遂げました! その数、少なくとも6杯!
             
             それ以降、ふたえいろがどこか特別なドリンクとして扱われた流れが大変面白いものでした。
             

            イベント後半からは特典ポストカードも登場! こちらは今後もムスビヨリ様でのイベントに参加すれば手に入りますよ!


            閉幕式はクレイジーな大発生大会!

             

             このようなお祭りを締めくくるには、もはや普通の大会では生ぬるいでしょう。しかしお祭りなので、ガチ度の高い大会というのも間違いです。
             
             そこで閉幕式では祭札に収録されたクレイジーなルール「めがみ大発生!」を使用した大発生大会を開催しました。大発生大会は7月の全国大会での併催イベント以来ですので、実に5か月ぶりとなります。その間に『第弐拡張』と『第参拡張』が出ているため、ルールは同じでもまったく異なる戦いとなりました。
             
             (ただし、『第弐拡張』に収録されたクルルは大発生との相性が良すぎるため、禁止とさせていただきました。彼女は大発生装置の作り主でもありますので、装置の制御が忙しいのでしょう!)
             
             ところどころで悲鳴が上がり、様々な理不尽が襲い掛かるまさにお祭りめいた大会であり、大いに盛り上がりました。さらにその後には(私どもの流通部門を担当して頂く方が急遽作った)カンバッチや色紙を巡ったじゃんけん大会も行われ、コラボカフェは大盛況のうちに幕を下ろすことになりました。
             
             ご参加、ご来店いただいた全ての皆様、本当にありがとうございました!

             


             大発生の波を泳ぎ切り全勝したnobitaさん、たらみさん、エンデさんの3名。そして開幕式でじゃんけん大会を制した月見里一さんと、閉幕式で制してサイネ色紙を獲得した771さんです。おめでとうございます!
             
            コラボカフェはこれで終わりなのか?

             

             このお祭りをご覧いただき、参加したいと思った方もいらっしゃるかもしれません。ご安心ください。今回の大盛況を受け、第二期コラボカフェはかなりの現実味を帯びております。
             
             行うことが確定いたしましたら、またこちらのブログにてお伝えさせて頂きます。是非ともご期待くださいませ!